マンション購入を後悔しないための6つのポイントとチェックシートを一挙公開!

マンション外観パース

一生にそう何度もあるものではないマンション購入。誰しもが満足のいくものにしたい大きな買い物です。
夢のマンション購入に満足している人がいる一方で、残念ながら購入したことに後悔を感じてしまう人がいるのも事実です。
何故でしょうか?それは初めてマンションを購入する人が、マンション購入に向けて検討するとき、何に気をつければよいのか分らないまま、話を進めてしまうことに原因があります

マンション購入を後悔しないものにするためには、「モデルルーム見学時のポイント」や「資金計画の組み方」「手続きで失敗しない方法」など色々な情報について事前に知っておくことがとても大切です。
しかし、そのためには専門的な知識とそれを調べるための多くの時間が必要となります。毎日の生活を送りながら、そんな時間の余裕は無い…という人がほとんどだと思います。
マンション営業マンであり、そして自身もマンションの購入者である筆者の知識と経験を活かし、『マンション購入で後悔しない為の知っておきたいこと』を連載させていただきました。今回はその総まとめとして知っておきたい6つのポイントとチェックシートを一挙公開したいと思います。


マンション購入を後悔しないための6つのポイント

その1:モデルルームと実際の部屋の違いを知る

マンションを購入前に見学するモデルルームですが、実物と違うところがあることに注意しておかなければなりません。その違いを知らない、または曖昧なまま購入してしまうと「モデルルームと違う!こんなはずじゃなかった!」と後悔することになります。

モデルルームを見学し夢が膨らませたあとは、現実的な視野で「実物との違い」を知る必要があります。モデルルームと実際の部屋の違いをしっかりと判別し、実際に住む部屋をより具体的にイメージするためのモデルルームの見学のポイントをご紹介しています。

モデルルームと実際のお部屋の違いを知って後悔のないマンション購入をしよう-5つの注意点-

その2:周辺環境は先入観だけで判断しない

マンション購入の大切な決め手となる周辺環境。しかし実際に生活をしてみないと気づかないこともあり、時代と共に周辺環境も変化していきます。また、自分たちの生活スタイルも変化するので、のちに周辺環境が良いと思っていたけど悪くなってしまうことや、悪いと思っていたけど良かったというケースも存在します。

大切なのは、はじめの先入観だけで周辺環境の良し悪しを判断しない、ということです。
購入後に周辺環境選びを失敗をしてしまったと感じた方の事例をご紹介しています。さまざまな事例を知ることで、周辺環境に対する考え方を今一度見直してみてはいかがでしょうか。

実録!!マンション購入における立地・周辺環境選びで失敗した人の意外な原因

その3:資金計画や住宅ローンはプロと一緒に考える

マイホームの計画で多くの方が利用することになるのが住宅ローンです。毎月の支払い額の話であり生活に直結する内容でもあるので、誰しもが慎重に考えたいところですよね。事前に内容をしっかり把握していないと「こんなに支払額が変わるの?」と将来後悔することもあります。

後悔しないためには、住宅ローンについてよく理解しておく必要があります。しかし住宅ローンの組み方は千差万別。お客様それぞれの生活や考え方、数ある金融機関ごとの商品特徴などを考える必要がありますが、自ら知識を付けて住宅ローンの組み方を考えるのは、実はとても面倒で時間がかかってしまうことです。

多くの知識と情報を分りやすく短期間で学ぶためには、ここは住宅の営業マンなどプロの手を借りましょう。自分に合った住宅ローンや資金計画プランを手間や時間をかけずに選ぶことができます。私たちプロが本領発揮できるところでもありますので、きっと”任せてよかった”と思っていただけると思います。

マイホームの住宅ローン・資金計画は営業マンと一緒に考えることがベストな理由

その4:重要事項説明書の内容をしっかり理解する

いざ契約の段階に進むと、様々な書類に目を通したりたくさんの確認事項をチェックしたりする必要が出てきます。その中でも契約の事前に交付される「重要事項説明書」は、物件の大切なことが全て記載されている書類と言っても過言ではありません。 後悔しないためには、重要事項説明書をしっかり理解しておく必要がありますが、一般の方には分かりづらい内容になっていることもある書類です。また重要事項説明は書面の交付とともに口頭での説明が行われますが、平均して1時間前後と大変時間がかかるものです。重要事項説明書について、大切なことをしっかり確認し聞き逃さないための、説明の聞き方のポイントや注意点をご紹介します。 

重要事項説明書のポイントや注意点を押さえて後悔しないマンション購入にしよう

その5:手間なく損をしないための税金手続きのコツを知る

マンション購入において様々な場面で税金が発生しますが、一定の手続きすることによって控除や給付金がもらえる制度があります。しかし返してもらう税金の手続きは面倒なので先延ばしをしてしまい忘れがちです。返ってくると思っていたお金が返ってこないと後悔することに…。この記事では、マンション購入における手間なく損しないための税金の手続きをご紹介しています。

マンションを購入する時に後悔しないための知っておきたい税金手続き

その6:入居後トラブルに対する心構えを知る

一度は耳にした事のあるマンションのトラブル事例。中でも気になりやすいのが「音のトラブル」や「入居者間のマナー」と言われています。 しかし入居後のトラブルの多くは事前にお互いの生活スタイルを知っておくことや普段のコミュニケーションの取り方で重大な問題に発展させない・または自然と回避できる場合があります。同じマンションの人と上手くやっていけるのかと漠然な不安を抱えている方にぜひ読んでいただきたい記事です。

マンション購入で後悔しないために知っておきたい入居後のトラブルに対する心構え


『現役マンション営業マン作成!』失敗しない為のマンション購入チェックシート

最後に、シリーズ全記事のポイントを網羅した「現役マンション営業マン作成!失敗しない為のマンション購入チェックシート」をご紹介します。

マンション購入に失敗する人としない人には明確な差があります。

  • 「失敗しない人」…気になるポイントをきちんと確認し、納得して購入する人
  • 「失敗する人」…気になるポイントに気づかず、あるいは目をつぶってしまい、購入してしまう人

先にご紹介した6つのポイントに加え、大事なのは”自分にとって気になるポイント”を中心に確認しておくことですが、駐車場、部屋、支払い、眺望、音…など「そもそも何を気にすればよいか分からない!」という方のために、私がこれまでの経験を活かし、マンション検討時から入居後までを網羅した「チェックシート」を作成しました。気になるポイントが分からない方もこのチェックシートを活用すれば、失敗するリスクを減らすことが出来ると思います。

チェック項目の中には、専門的な内容があり、ひとりで調べようと思うと大変なものもありますので、周りの知識を持った営業マン、知人や友人、親族の方々とも協力しながら検討を進めていただければと思います。

『現役マンション営業マン作成!』失敗しない為のマンション購入チェックシート


まとめ

満足出来るマンションとは、5年後、10年後、20年後・・・と将来を見据えて考えた時に、安心して生活を送り続けられる住まいのことだと考えます。この記事が、マンション購入を考えている方にとって、満足できるマンション購入のお役に立つことが出来ればうれしく思います。

番外編

じつは私、5人家族なのですが、3LDKのマンションを購入し住んでいます。当時、4LDKも検討しましたが、いろいろ考えて3LDKを購入することに決めました。こちらはそんな私自身の購入秘話を盛り込んだ、4人家族向けの方の間取りの選び方をご紹介した記事です。(5人家族の方もご参考になるかと思います。)ぜひご覧ください。

4人家族の方が予算内で選べる最適なマンションの間取り(筆者体験談付き)

マンションのモデルルームを見に行こう!

モデルルーム

モデルルームは、お部屋を広さを体感したり、キッチンやバスルームなどの設備を触ることができる場所。インテリアコーディネートも凝っているから見るだけでも楽しく、新しい暮らしへの期待も膨らみます。

またモデルルームでは、経験豊富なスタッフがあなたにぴったりな住まいの場所や種類、購入するタイミングを見つけるお手伝いをします。ちょっと不安な資金についても気軽に相談してみてくださいね!

     
アルファジャーナルの
厳選記事がメールで届く