<独身者必見>独身でマンション購入をして後悔するよくあるケースと7つの対処法

独身でのマンション購入も当たり前の時代となりましたが、抱えている不安は人それぞれ。
「独身で買うならマンションが本当にいいのか」「独身でマンション購入して大丈夫なのか」「家賃を払うのは無駄だと思うけど、一人でローンを抱えるのは気が重い…」と、考えることは多岐に渡ります。
(参考:「実録!独身でマンション購入を決断した理由」

よくあるお悩みが「せっかくマンション購入をしたけれど、仕事の都合で転居しなければならなくなった時に後悔するかも…。」というもの。将来何が起こるか分からないからこそ、事前に後悔しそうなこととその対処法を知って備えておくことが大切です。

この記事では、独身でマンション購入をして後悔するよくあるケースについて、筆者が新築マンションの販売スタッフとして独身のお客様から直接聞いた不安や、独身のお客様のマンション購入事例を元に、独身でマンション購入をして後悔するケースと、後悔しないために知っておくべきポイントをご紹介します。


目次

1 独身でマンション購入をして後悔するよくあるケース

まずは一般的によくいわれる、独身者がマンション購入をして後悔するケースを6パターンご紹介します。
未来のことはもちろん分かりませんが、ご自身の状況において起こる可能性がありそうな問題を、事前に想定しておきましょう。

  1. 生活スタイルに大きな変化があった時
  2. 仕事の都合で転居しなければならなくなった時
  3. 毎月の支払いが家計を圧迫し、生活に余裕がなくなった時
  4. 収入がなくなった時
  5. 売却しようと思ったがスムーズに売却が出来なかった時
  6. 周辺環境を十分に確認が出来ていなかった時

[1]生活スタイルに大きな変化があった時

後悔されるケースで多いのが、「生活スタイルに変化があった時」です。
変化にもいろいろありますが、例えば次のような変化が起こった際に、マンション購入を後悔する可能性があります。

[2]仕事の都合で転居しなければならなくなった時

マンション購入時には予定をしていなかったものの、後に転職することになり、転職先までの通勤が困難で転居の必要ができることもあります。または、転職でなくとも勤務先の会社が新たなエリアに進出した場合など、マンション購入時には想定していなかったエリアへの異動があった場合も転居を余儀なくされる可能性があります。

転職や異動があっても通勤できる範囲内であれば問題ないですが、毎日の通勤が困難になる場合は継続して住むことができなくなるかもしれません。

[3]毎月の支払いが家計を圧迫し、生活に余裕がなくなった時

「これくらい大丈夫だろう」と資金計画をきちんと確認せずに購入してしまい、毎月の支払いが厳しくなったり貯金の切り崩しをしなければならなくなったり、支払いが家計を圧迫してくるという事態もあります。

マンションを購入すると、「管理費」や「修繕積立金」といったコストが毎月発生します。ローンの支払いに加えてこれらコストの支払いがあることを考えていなかった場合や、住宅ローン減税が利用できると思い込んでいたら物件が条件を満たしておらず適用とならなかった場合、価格重視でマンションを選んだことで修繕積立金の値上げが早い時期から支払いが増えた場合など、十分な資金計画ができていないことが家計を圧迫してしまいます。

[4]収入がなくなった時

病気やケガで長期の休業や失業を余儀なくされるなど、万が一のことで収入がなくなり住宅ローン等の支払いが厳しくなることもあります。
同居する家族や友人がいない場合、住宅ローンや管理費等の支払いはすべて自分で責任を持って支払わなければならないため、急に収入がなくなってしまった時にまとまった貯金がなければ、支払いを継続することが難しくなるかもしれません。

[5]売却しようと思ったがスムーズに売却が出来なかった時

何かの事情で購入したマンションを売却しようと思ったものの、売却査定が希望の価格と乖離していたり、売却に必要以上に時間がかかったりとスムーズに売却ができないということもあります。
売却に出す時期の問題や、単身向けのコンパクトマンションなど条件が限定されることで売却がしにくくなる可能性もあります。

[6]周辺環境を十分に確認が出来ていなかった時

他の入居者と生活スタイルが異なることが原因で生活音に悩まされたり、帰宅時に夜道が暗く不安な思いをしたりと、住み始めてから周辺環境に対して不満が出てくることがあります。
マンション購入前に調べた情報だけでは不十分だったと分かった時に後悔する可能性があります。


2 独身者がマンション購入をして後悔しないために気を付けておくこと

1章では、よくある独身者がマンション購入をして後悔するケースについてご紹介しましたが、こういった後悔をしないために対策をとっておくことは可能です。
ここではマンション購入をして後悔をしないために、購入前に気を付けておくことを7つご紹介します。

  1. 継続して住みやすい間取りを選ぼう
  2. 売却や賃貸に出す選択肢を持っておこう
  3. 今の収入や支出状況で問題のない借入にしよう
  4. 団体信用生命保険を有効活用して保障を充実させよう
  5. 周辺環境は現地で実際に確認しておこう
  6. 身内や友人などに相談、一緒に検討しよう
  7. 分譲価格だけでなく毎月の管理費等の支払いを把握しておこう

2-1 継続して住みやすい間取りを選ぼう

マンション購入をした後に起こる変化に対応するために、様々な可能性に対応できる間取りを選ぶようにしましょう。

~マンション購入後に起こるかもしれない変化(例)~

  • 生活するうちに新たな家具が増える可能性がある
    →ソファやデスクなど増える可能性がある家具を想定しておく
  • 同居人数が増える可能性がある
    →一人暮らしではなくなった時に部屋数や広さが足りるかチェック

購入時は一人だからコンパクトな間取りで良いと思うかもしれませんが、将来起こりうる様々な可能性を事前に考えられるだけ考えて、対応しやすい間取りを選ぶことが大切です。
例えば、1LDKよりも2LDKや3LDKなどを選んで部屋数や広さを確保したり、変更しやすい間取りを選んでおいて将来リフォームで変化に対応したりと、物や人が増えても問題ない広さや間取りを選びましょう。

家で過ごす時間を快適に!マンション検討の際におすすめする間取りを紹介します

2-2 売却や賃貸に出す選択肢を持っておこう

仕事や実家の都合などでマンションに住み続けることができなくなった時には、マンションを売却したり賃貸に出すことを選択肢として持っておきましょう。

マンションは一般的に価値が下がりにくいといわれています。せっかくマイホームとして快適に過ごすために購入したマンションなので、仕事や実家の都合で転居しなければならない時が来たときには売却・賃貸に出すことで、資産として活用しましょう
売却・賃貸に出す時に広く受け入れられるように、資産価値が高い物件を選んでおくことも大事です。資産価値はエリアによって評価基準が異なりますが、生活利便性のある立地かどうか、設備の整った建物かどうかなどを確認しておくようにしましょう。

資産価値が高い=誰もが住みたいマンション!プロが教える、資産価値が落ちにくい物件の条件

2-3 今の収入や支出状況から将来のことを考えて問題のない借入にしよう

住宅ローンを利用する場合は、「この支払いなら大丈夫そう」という感覚ではなく、今の収入や支出状況を整理したうえで、借入額を決定しましょう。「年収」に対して無理のない借入をすることはもちろんですが、将来のことも含めて自身の状況を整理し、検討することが大切です。
また、場合によってはマンションを購入することで会社からお祝い金などの一時金がもらえたり、毎月の支払いに補助金が出るケースもあるので、事前に調べるようにしましょう。

【一覧表付】年収から考えるマンション購入価格と現役営業が教える注意点

購入前に要チェック。マンションの維持費について解説します「購入後にもお金がかかる」

2-4 団体信用生命保険を有効活用して保障を充実させよう

マンション購入時に住宅ローンを利用する場合は「団体信用生命保険」の内容を充実させ、有効活用することをおすすめします。
「団体信用生命保険」とは、一般的には住宅ローンの返済期間中に債務者が死亡・高度障害になった場合に住宅ローンの残債が0円になるというものです。
ここで重要視すべきは、保険の内容です。商品によっては、死亡時以外に一定期間就業不能状態が続いた場合、特定の病気と診断された場合に住宅ローン残高が0円になるという保障があるので、住宅ローンを利用する際は、自身にとって必要な保険に加入することが重要です。まずは商品についてしっかりと知ることで必要な保障が受けられるようにしましょう。

徹底解説!住宅ローンの団体信用生命保険について

2-5 周辺環境は現地で実際に確認しておこう

マンションの周辺環境はパンフレットやWebサイトの情報だけで判断するのではなく、現地に足を運んで自分の目で確認するようにしましょう。
天候や曜日・時間帯などの差でエリアの見え方は大きく変化します。自身の生活で利用する周辺施設や交通機関までのアクセスはどうか、どのような人が多く住んでいるのか、騒音の心配はないか、夜道は暗くないか、など可能な限り時間帯を変えて何度か足を運んで確認するようにしましょう

また、個人情報保護の観点で詳しく聞くことは難しいですが、自身の生活スタイルと他の居住者が合うかどうかを知るために、マンション全体の家族形態の割合についてなど可能な限り営業担当に質問してみましょう。

マンション購入後に後悔しないための現地見学チェックリスト~周辺環境編~

2-6 身内や友人などに相談、一緒に検討しよう

マンション購入は人生の中でとても大きな買い物です。独身だからといって検討・購入する時にすべてを一人で抱える必要はありません。家族や友人など、身近な人に相談をしたり、マンションギャラリーでの説明を一緒に聞きに行ってもらうようにしましょう。

大切なローンの支払いについての話や難しい税制の話など聞きなれない話がたくさん出てくるため、一人では確認しきれないことがあるかもしれません。また、第三者の視点を持つことで自身だけでは気が付かなかったことに気が付き、後悔する可能性を減らすことができます。

2-7 分譲価格だけでなく毎月の管理費等の支払いを把握しておこう

マンションでは「管理費」や「修繕積立金」のほか、物件によってはインターネット使用料や駐車場料金など毎月支払いが必要な費用があり、住宅ローンを利用の場合はローン支払いに加えて必要となることを覚えておきましょう。
何のために支払うお金なのか、いくらの支払いが必要なのか、値上げの予定はあるのか等、毎月支払うべき費用だからこそ、事前にしっかり確認しておきましょう。

購入前に要チェック。マンションの維持費について解説します「購入後にもお金がかかる」


3 独身者のマンション購入をおすすめする6つの理由

マンションを購入すると賃貸物件の時とは異なり新たな暮らしを送ることができます。筆者は6つの理由でマンション購入をおすすめします。独身者がマンション購入をすることで特にプラスに影響するポイントです。

  1. 資産運用ができる
  2. 賃貸物件よりも快適に住むことができる
  3. 賃貸では叶わなかった生活が実現できる
  4. 老後の住まいが確保できる
  5. 住居(賃貸)にかける費用を減らせる
  6. 加入中の生命保険の見直しができる

[1]資産運用ができる

独身のうちにマンションを購入して資産として持っていると、いずれ転居をしなければならなくなったとしても、マンションの「売却」や「賃貸」という選択肢を持つことができます。
賃貸居住の間は家賃の支払いは掛け捨てですが、マンション購入での支払いは自身の資産に対する支払いにもなります。

実家に帰ることになり、売却をしたAさん

転勤のない職場で仕事をしていたAさんは家賃の無駄を感じマンション購入をしましたが、住み始めてから数年後、家族の介護で実家に帰ることになりました。

せっかく購入したマンションではありましたが、マンションに戻ってこれるかどうか分からなかったので、売却を選択しました。一人暮らしで丁寧に居住しており状態も良かったので、購入時と変わらない価格で売却をすることができ、資産として負債なく運用することができました。

[2]賃貸物件よりも快適に住むことができる

独身者がマンション購入をすることで得られる一番大きな変化は、自分だけのマイホームを持つことで毎日の暮らしがより快適になることです。
ポイントとしては、分譲マンションは賃貸マンションに比べて長期で居住する人が多いため入居者の入れ替わりの頻度が少なくなり、近所付き合いまではなくとも慣れた人たちで安心して過ごすことができます。筆者自身も分譲マンションと賃貸物件の両方に住んでみて感じることですが、分譲マンションの方が挨拶をする人の割合が多く、エントランス等で他の入居者の方と会った時に気持ちよく過ごすことができます。

分譲マンションでは、毎月のコストとして管理費や修繕積立金は発生しますが、それだけの清掃や修繕などしっかりした維持管理がなされるのも快適さが得られるポイントです。

[3]賃貸では叶わなかった生活が実現できる

マイホームとして所有するマンションでは、ペットの飼育や部屋の内装工事・リフォームなど賃貸物件の時には不可能だったことが可能となり、自分だけの好みに合わせた生活を送ることができるからです。

部屋を自分好みにカスタマイズできたBさん

インテリアにこだわりのあるBさんは新築のマンション購入時、好みに合わせて標準の間取りから大きな変更工事を行いました。
間仕切り撤去による間取り変更、フローリング色の変更、収納形状の変更、造作テーブルの設置、リビング天井にシアター用ロールスクリーンの設置など、自身の生活に合わせたオリジナルの部屋に変更したのです。

引渡しから数年が経ちますが、現在でも快適に暮らせており、最近ではステイホーム用に新たな進化を続けているとのことです。

ただし、ペットの飼育も内装工事においてもマンションごとに可否含め一定の規約が設けられています。詳細は検討するマンションの規約を確認しましょう。

[4]老後の住まいが確保できる

独身時代にマンション購入をしておけば、老後に住む家が確保され将来の大きな安心を得られるからです。
賃貸居住を続けた場合、定年退職を迎え年金収入での生活になった時や、ある程度年齢を重ねた時、収入不足や孤独死リスクの観点から賃貸物件を借りられない、または定期更新を断られる可能性があり、住まいの確保が保証されません。

老後の住まいの心配がなくなったCさん

実家がずっと賃貸だったCさんは、数年前に両親から引越先の賃貸入居時の保証人を依頼されました。両親は共に年金収入となっており、現役で仕事をしている保証人が必要だと言われたそうです。
これまで賃貸居住を続けてきたCさんは、将来このままでは自身も同じように部屋の賃貸ができなくなるのではないか、保証人として頼れる人はいるのか、と不安になりマンション購入を決断しました。

家賃ではなくマンションという資産に対してお金を払っていること、老後の住まいの確保ができたことで安心して毎日が過ごせるようになったとのことです。

[5]住居(賃貸)にかける費用を減らせる

賃貸での家賃の支払いは一生終わりませんが、独身時にマンション購入をしておくことで、将来住宅ローンなど分譲価格への支払いが終わる時期を想定することができ、老後の住居にかかる費用の目処をつけられるからです。また、家賃のような掛け捨て資金ではなく自身の資産に対する支払いなので、住居にかけるお金として無駄なく支払うことができます。

[6]加入中の生命保険の見直しができる

マンション購入時に住宅ローンを利用すると付帯される「団体信用生命保険」によって、既に加入している生命保険の見直しで保険料を節約することができるかもしれません。

「団体信用生命保険」には、死亡・高度障害になった時に住宅ローンの残債が0円になる保障のほか、商品によっては「がんと診断されたら」「一定期間就業不能状態が続いたら」住宅ローンの残債が0円になったり、一時金が出るものもあります。
既に加入している生命保険と重複する内容の保障があった場合は、保険料を重ねて支払うことになってしまいます。加入中の保障内容や保険料などをしっかりと確認し、団体信用生命保険で保障される内容との重複がないか確認し、無駄なく保障が受けられるようにしましょう。

住宅ローンを組むなら生命保険を見直して支払いをラクに!


4 独身でマンション購入を考えるなら「あなぶきグループ」がおすすめ

独身でマンション購入をするなら、どの会社のマンションにするかも検討時のポイントとして大事です。
会社選びのポイントは3つです。

独身でマンション購入をするときの会社選びの3つのポイント

  1. 困ったときに相談できるスタッフがいるかどうか
    重要度:★★★★★
    マンション購入は人生でも大きな買い物なので、後悔しないよう購入前に心配なことや気になることを相談できるスタッフの存在は必要不可欠です。

  2. 賃貸の時に叶わなかった生活が実現できそうかどうか
    重要度:★★★★
    ペットと一緒に住めるかどうか、間取りや内装変更などの工事ができるかなど、賃貸の時には我慢したポイントが解消されるかどうかも重要なポイントです。

  3. 問い合わせできる窓口があるかどうか
    重要度:★★★★
    入居後に困ったことがあった場合、スムーズに問い合わせができる窓口の存在は重要です。
    トラブルや不明なことがあったときに対応してくれるコールセンターや受付窓口など、連絡先が明確にわかっていれば一人でも安心して住むことができます。

独身でマンション購入をするなら、これらのポイントも気にしながらマンション購入の検討を進めましょう。

そこで、独身でマンション購入を考えるなら、グループ会社でマンション購入から将来の売却等にまで対応できる「あなぶきグループ」がおすすめです。では、具体的に見ていきましょう。

4-1 独身でも安心して検討できる新築マンションは「あなぶき興産」のアルファマンション

新築マンションを検討する時、おすすめしたいのは当サイトを運営する「あなぶき興産」が供給しているアルファマンションです。

~独身だからこそおすすめできるポイントは2つ~

  1. 独身向けの間取りに変更することができること
  2. 若手からベテランまで多様なスタッフが対応できること

[1]独身向けの間取りに変更することができること

3LDK→2LDKに変更
間仕切りを撤去して3LDKから2LDKに変更した例

まず1つ目は「独身向けの間取りに変更することができること」です。
マンション建設工事の進捗により階数ごとに締切期限はありますが、期限内であれば独身向けのお部屋として「間取り変更」することが可能です。
例えば、間仕切り撤去により3LDK→2LDKに変更するといったことが可能なので、検討したマンションがファミリー向けの物件で3LDKが中心の間取りだった場合でも安心です。独身向けに間取りを変更することで普段は広々リビングでゆっくり過ごせるほか、来客時の部屋をも確保できるなど、柔軟な対応が可能です。

独身だからと最初からコンパクトな間取りを選んでしまうと、間取りを変更ができる内容が限られてしまうため、独身でマンション購入を考える時に筆者がおすすめするのは、「3LDK」の間取りです。
間仕切り撤去により3LDK→2LDKなど部屋数を少なくしても、将来的に同居者が増えた際は撤去した間仕切りを工事で元に戻すことで部屋数を3部屋確保することが可能だからです。また、一般的に3LDKは幅広い家族構成に対応できる間取りなので、将来もし売却や賃貸を考えた時に運用がしやすくなるでしょう。

[2]若手からベテランまで多様なスタッフが対応できること

2つ目は「若手からベテランまで多様なスタッフが対応できること」です。
アルファマンションを担当する営業スタッフは、若手を中心に女性もたくさん活躍しています。新卒で入社した若いスタッフから経験を積んだベテランスタッフまでがマンションギャラリーでの案内を担当しています。
マンション購入という人生の中で大きな買い物をするにあたって不安がある中、近い年代で話しやすいスタッフや知識・経験が豊富なスタッフがいてくれると安心です。

筆者も約7年間、「アルファマンション」の販売スタッフとして活動し、これまで多くの独身のお客様と出会い案内をしてきました。同じ独身のお客様でも様々な年代の方がおり、抱えている問題や不安はそれぞれでしたが、他のスタッフのサポートもあり、お客様と一緒に問題や不安の解消ができました。

~その他の安心ポイント~

  1. 入居前から利用可能な24時間対応のコールセンターがある
    入居後はもちろん、入居前でも利用可能な24時間365日対応のコールセンターを備えています。
    緊急の問い合わせがあった時、問い合わせ先が分からなかった時、いつでもコールセンターを利用いただけます。
     
  2. 自社販売体制で初回からお引渡しまで同じ1人の担当者が対応
    一般的な新築マンションの販売において、商談から鍵の引渡しまでのタイミングごとに専門のスタッフが対応するケースが多くあります。(例:「契約担当はA氏」「内覧会担当はB氏」「住宅ローンの案内担当はC氏」「お引渡し時の担当はD氏」など)
    あなぶき興産は基本的に自社販売体制で、マンションギャラリーへの初回来場時から契約、オプション工事等の打ち合わせ、住宅ローンの案内、お引渡しまで全て同じ担当スタッフがお客様をサポートします。
    同じスタッフが一括して担当することで、これまでの状況が把握できているほか、様々なタイミングで問い合わせ先が変わらない安心感を得ることができます。

 

4-2 将来的に売却したい・賃貸に出したい時もグループ会社で対応可能

マンション購入をしたけれど、何かの事情で売却や賃貸の選択をしなければならない時があるかもしれません。そのような時、あなぶきグループでは「売却したい」「賃貸に出したい」という相談を受付しております。マンション購入をした後、将来の資産運用のお手伝いもお任せください。
コールセンターで受付をし、グループ会社で物件情報等の共有が出来るため、売却か賃貸かを悩んだ際も連携してスムーズな対応が可能です。


5 まとめ

独身者がマンション購入をして後悔するよくあるケースは以下の6つです。

  1. 生活スタイルに大きな変化があった時
  2. 仕事の都合で転居しなければならなくなった時
  3. 毎月の支払いが家計を圧迫し、生活に余裕がなくなった時
  4. 収入がなくなった時
  5. 売却しようと思ったがスムーズに売却が出来なかった時
  6. 周辺環境を十分に確認が出来ていなかった時

マンション購入は人生の中でとても大きな買い物なので後悔はしたくないものですが、購入時には想定していなかったことが起こるかもしれません。
まずはよくある独身でマンション購入をして後悔するケースがどのようなものかを知り、それぞれどのような対処をしておくべきなのか、しっかりと考えておくことが必要です。せっかくのマンション購入を後悔しないためにも、購入時や入居後のサポートをしてもらえる会社でマンション購入の検討を進めましょう。

住まいのプロに
聞いてみよう!

マンションギャラリーは、住宅ローンや税制度の最新情報が集まる情報ステーション。希望に沿った情報を得ることができます。
住まいのプロへ気軽に相談してみてくださいね!

モデルルーム
これから住まい探しをはじめる方へ
モデルルームの活用方法を解説