徹底解説!住宅ローンの団体信用生命保険について

住宅を購入する多くの方が、住宅ローンを利用します。

住宅ローンの返済期間は、長期にわたるため、返済期間中に債務者※に万が一ということがないわけではありません。

一家の大黒柱が万が一のことが起こっても、残された家族が安心して生活を過ごしていくための大切なものが「団体信用生命保険」です。

本記事では団体信用生命保険の概要や加入条件等を説明して参ります。
この記事を読んでいただき、団信を理解のうえ、安心して住宅ローンを組んでいただきたいと思っております。

※債務者・・・住宅ローンを組まれている方

団体信用生命保険(通称 団信、以後:団信)とは

債務者が、住宅ローン返済期間中に、死亡、高度障害になった場合に、本人に代わって生命保険会社が住宅ローン残高を支払うというものです。民間金融機関の多くは、団信の加入を住宅ローン借入の条件としています。この場合、保険料は金利に含まれており、別途保険料の支払いは発生しません。一方、フラット35は、団信の加入が任意となっております。団信に加入する場合には、保険料(以後:特約料)を住宅ローンとは別に年1度支払います。特約料は、住宅ローン残高によってきまり、毎年金額が異なります。

────────

2017年10月の「フラット35」制度改正により、この保険の仕組みが変更になりました。
サービス内容の充実と保険料の支払いがお得になった新制度の内容や、旧制度から変更になった点を以下の記事で詳細に解説しています。併せてご確認ください。
【団信】制度改正で保障内容が充実しお得に!新フラット35の魅力公開
https://journal.anabuki-style.com/flat35-a-housing-loan

1 住宅ローンを利用する全員が団信に入れるわけではない

団信というものが住宅ローンを組んで、住宅を購入する時には非常に重要なものということはご理解いただくことができたと思います。

では、住宅ローンを利用する皆様全員がもれなく団信に加入することができるでしょうか?
答えは、NOです。
ご自身の健康状態が良好でないと加入ができません。
投薬を受けているだけでも加入ができない場合があります。

マンション販売を行う筆者も団信の加入が難しいお客様も何名も見てきました。団信の加入ができないことで、住宅の購入を諦める方もいらっしゃいます。

内容をきちんと理解することと、加入が難しくてもその他の方法を考えることで住宅購入を決断された方もたくさんいらっしゃいます。
次章より、詳しく説明して参ります。ぜひ参考にしてください。

2 団信の加入に際しての条件について

2-1 加入条件について

フラット35の機構団信を例にとって紹介いたします。※住宅金融支援機構HPより

【加入時の年齢】15歳以上、満70歳未満が対象

※告知日現在、満15歳以上満70歳未満(満70歳の誕生日の前日まで)の方が対象。

【保障期間】最長満80歳まで

※保障は最長で満80歳の誕生日の属する月の末日まで続きます。

【連帯債務の場合】「デュエット」により、連帯債務者であるご夫婦2人で加入が可能

※その際の特約料は、お一人加入時の約1.56倍。

「デュエット」(夫婦連生団信)とは
連帯債務者であるご夫婦2人で加入することができる制度。ご夫婦のどちらか一方の加入者が死亡または所定の高度障害状態になられた場合には、住宅の持分や返済額等にかかわらず、残りの住宅ローンが全額弁済※され、ローン返済義務は残りません。「デュエット」を利用できる夫婦は、戸籍上の夫婦、婚約関係、内縁関係にある方々。3大疾病付機構団信での利用、返済途中でのデュエットへの変更はできません。

※弁済・・・債権が消滅すること。すなわち住宅ローンが「0円」になること。

2-2 加入時の健康状態について

健康状態については、告知書にて申告を行います。申告をした内容により、諾否がありますので、こちらの内容が非常に重要となります。

こちらをクリック・・・団信告知書

こちらが、機構団信生命保険による「債務弁済充当契約申込書」および団体信用生命保険「申込書兼告知書」となります。告知事項(1)から(3)を紹介します。

告知事項(1)最近3ヶ月以内に医師の治療(診察・検査・指示・指導を含みます)投薬を受けたことがありますか。※指示・指導とは医師の診察、検査を受けた結果、再検査をすすめられること、治療・投薬・入院・手術をすすめられること、日常の生活指導・勤務上の制限・アドバイス等を受けることをいいます。

告知事項(2)過去3年以内に以下の病気で手術を受けたこと、または2週間以上にわたり医師の治療(診察・検査・指示・指導を含みます)・投薬を受けたことがありますか?

告知事項(3)手・足の欠損または機能に障害がありますか?または、背骨(脊柱)・視力・聴力・言語・そしゃく機能に障害がありますか。

上記の告知事項に該当した場合、詳細を記入する書式になっております。

告知事項(2)に該当する病気・・・

心臓・血圧
狭心症・心筋こうそく・心臓弁膜症・先天性心臓病・心筋症・高血圧症・不整脈
脳・精神・神経
脳卒中(脳出血・脳こうそく・くも膜下出血)・脳動脈硬化症・精神病・神経症・てんかん・自律神経失調症・アルコール依存症・うつ病・知的障害・認知症
肺・気管支
ぜんそく・慢性気管支炎・肺結核・肺気腫・気管支拡張症
胃・腸
胃かいよう・十二指腸かいよう・かいよう性大腸炎・クローン病
肝臓・すい臓
肝炎(肝炎ウイルス感染を含む)・肝硬変・肝機能障害・すい炎
腎臓
腎炎・ネフローゼ・肝不全
緑内障・網膜の病気・角膜の病気
新生物
がん・肉腫・白血病・しゅよう・ポリープ
右記にかかげる病気
糖尿病・リウマチ・こうげん病・貧血症・紫斑病
女性にのみ告知いただきたい病気
子宮筋腫・子宮内膜症・卵巣のう腫・乳腺症

3 どのような場合に保険適用となるのか

フラット35の機構団信を例にとって紹介いたします。※住宅金融支援機構HPより

【死亡されたとき】

【所定の高度障害状態になられたとき】

※所定の高度障害状態とは、保障開始日以降の傷害または疾病により、次の1から8までのいずれかの状態になられたときをいいます。

  1. 両眼の視力を全く永久に失ったもの
  2. 言語またはそしゃくの機能を全く永久に失ったもの(注1)
  3. 中枢神経系または精神に著しい障害を残し、終身常に介護を要するもの(注2)
  4. 胸腹部臓器に著しい障害を残し、終身常に介護を要するもの(注2)
  5. 両上肢とも、手関節以上で失ったかまたはその用を全く永久に失ったもの
  6. 両上肢とも、足関節以上で失ったかまたはその用を全く永久に失ったもの
  7. 1上肢を手関節以上で失い、かつ、1下肢を足関節以上で失ったかまたはその用を全く永久に失ったもの
  8. 1上肢の用を全く永久に失い、かつ、1下肢を足関節以上で失ったもの

※(注1)「そしゃくの機能を全く永久に失ったもの」とは、流動食以外のものは摂取できない状態で、その回復に見込みのない場合
※(注2)「常に介護を要するもの」とは、食物の摂取、排便・排尿・その後の始末、及び衣服着脱・起居・歩行・入浴のいずれもが自分ではできず、常に他人の介護を要する状態

住宅ローンのご契約者(債務者)が2人いる場合(親子リレー返済の場合を含む)は、ご加入いただいた方の住宅の持分、返済割合にかかわらず残りの住宅ローンは全額弁済されます。

4 保障適用外の場合とは

フラット35の機構団信を例にとって紹介いたします。※住宅金融支援機構HPより
次の1から9までのいずれかに当てはまる場合、残りの住宅ローンは弁済されません。

  1. 保障の開始日から1年以内に自殺 されたとき
  2. 「申込書兼告知書」に記入日(告知日)現在および過去の健康状態などについて事実をつげなかったか または事実と異なることを告げ 、その団信加入者に係る団信契約(住宅金融支援機構と生命保険会社との保険契約をいいます。以下6から8までにおいて同じ)が解除されたとき
  3. 故意により 、所定の高度障害状態になられたとき
  4. 保障の開始日前の傷害または疾病が原因 で所定の高度障害になられたとき
  5. 戦争・その他の変乱により 死亡または所定の高度障害状態になられたとき
  6. 詐欺・不法取得目的により 団信加入者となったことにより、その団信加入者に係る団信契約が取消しまたは無効とされたとき
  7. 団信加入者について、保険金を詐取する目的で事故を招致した場合暴力団関係者その他の反社会的勢力に該当すると認められた場合など 、重大な事由があり、その団信加入者に係る団信契約が解除されたとき
  8. 団信加入者について、団信契約の存続を困難とする②、⑥または⑦と同等の重大な事由があり、その団信加入者に係る団信契約が解除されたとき
  9. 団信加入者が、住宅ローンの金銭消費貸借契約に定める反社会的勢力の排除に関する事項に接触し 、債務の全部につき期限の利益を失ったとき
■「デュエット」(夫婦連生団信)に加入の場合

  1. 債務弁済される場合・・・ご夫婦のどちらかが死亡または所定の高度障害状態になられた場合に、残りの住宅ローンは全額弁済されます。
  2. 債務弁済されない場合・・・上記共通事項に加え、いずれかの加入者の故意により、もう一方の加入者が死亡または所定の高度障害状態になられたときは、弁済されません。

 5 3大疾病付機構団信について

死亡・高度障害状態以外の場合の保障について弁済条件と弁済されない場合に分けてご説明します。

5-1 がんの債務弁済条件

保険期間中に、所定の悪性新生物(がん)に罹患したと医師によって病理組織学的所見(生検)により診断確定されたとき債務弁済されます。

 

<弁済されない場合>

上皮内がん・所定の皮膚がん (上皮内がんや皮膚の悪性黒色腫以外の皮膚がんは債務弁済の対象とはなりません。)

保障開始日前に 所定の悪性新生物(がん)と診断確定されていた場合

保障開始日からその日を含めて90日以内 に所定の悪性新生物(がん)と診断確定された場合

保障開始日からその日を含めて90日以内 に診断確定された所定の悪性新生物(がん)の再発・転移等 認められる場合

5-2 急性心筋梗塞の債務弁済条件

保障開始日以後の疾病を原因として、保険期間中に次のいずれかの状態に該当したとき

①急性心筋梗塞を発病し、その急性心筋梗塞により初めて医師の診療を受けた日からその日を含めて60日以上労働の制限を必要とする状態 (軽い家事等の軽労働や事務等の座業はできるが、それ以上の活動では制限を必要とする状態)が継続したと医師によって診断されたとき

②急性心筋梗塞を発病し、その急性心筋梗塞の治療を直接の目的として、病院または診療所(※1)において手術 (※2)を受けたとき (平成27年10月1日以後の手術が対象)

 

<弁済されない場合>

保障開始日前の疾病 を原因とした場合。

(その疾病をご加入時に告知いただいた場合でも、債務弁済の対象とはなりません。)

 

5-3 脳卒中の債務弁済条件

保障開始日以後の疾病を原因として、保険期間中に次のいずれかの状態に該当したとき

①脳卒中を発病し、その脳卒中により初めて医師の診療を受けた日からその日を含めて60日以上言語障害、運動失調、麻痺等の他覚的な神経学的後遺症が継続した と医師によって診断されたとき

②脳卒中を発病し、その脳卒中の治療を直接の目的として、病院または診療所(※1)において手術(※2)を受けたとき (平成27年10月1日以後の手術が対象)

※1 病院または診療所とは、次の各号のいずれかに該当したものとします。

(1)医療法に定める日本国内にある病院または患者を入院させるための施設を有する診療所なお、介護保険法に定める介護老人保健施設および介護老人福祉施設ならびに老人福祉法に定める老人福祉施設および有料老人ホームは含まれません。

(2)前号の場合と同等の日本国内にある医療施設

※2 急性心筋梗塞および脳卒中について対象となる「手術」とは、治療を直接の目的として、器具を用い、生体に切断、摘除などの操作を加えるものであり、かつ、次の1から4までに該当するものを指します。吸引、穿刺などの処置および神経ブロックは除きます。

1. 開頭術 2. 開胸術 3. ファイバースコープ手術 4. 血管・バスケットカテーテル手術

 

<弁済されない場合>

保障開始日前の疾病 を原因とした場合

(その疾患をご加入時に告知いただいた場合でも、債務弁済の対象とはなりません。)

5-4 3大疾病付機構団信を選ぶときに注意点

■保障の終了・・・通常の機構団信は、満80歳の誕生日の属する月末が保障の終了 となりますが、3大疾病付機構団信は、満75歳の誕生日の属する月の月末 となります。その後、満75歳の誕生日の属する月の翌月1日からは、機構団信に加入(継続)として満80歳の誕生日の属する月の末日まで保障が続きます。 それに伴い、保障内容及び特約料は機構団信に変更となり、死亡または所定の高度障害状態になられた場合のみ債務弁済されます。

 

■特約料・・・

保障が手厚い分、特約料は機構団信に比べると高くなります。

6 まとめ

人生の大きな節目である住宅購入。家族のため、快適な生活を送るための一大決心です。反面、大きい負担を背負うことも事実です。
万が一のことを考え、団信のことを理解し購入・検討をすすめてください。
また、団信に加入することにより、現状の生命保険の見直しに繋がるケースはよくあります。
ご自身の保障内容の確認をこの機会に再度行ってみてはいかがでしょうか?

【団信】制度改正で保障内容が充実しお得に!新フラット35の魅力公開

2017年10月の「フラット35」制度改正により、この保険の仕組みが変更になりました。
サービス内容の充実と保険料の支払いがお得になった新制度の内容や、旧制度から変更になった点を以下の記事で詳細に解説していますす。併せてご確認ください。
https://journal.anabuki-style.com/flat35-a-housing-loan

満足度の高いマンション購入をしたいなら
「アルファあなぶきStyle」に登録しよう

これからマンションを購入しようと思っているけれど、何から始めれば良いのか分からないという方は多いのではないでしょうか?

マンションを購入するには、まずは情報収集をして、立地条件や広さ、間取り、設備仕様などの、住まいに対する自分なりの希望条件を固めておくことが重要です。

「アルファあなぶきStyle」 では、最新の物件情報はもちろん、はじめての方でもマンション購入までの流れや、購入する際に確認しておくべきチェックポイントなどを分かりやすく解説しています。また、あなたのライフスタイルに合わせた住まいのご提案をいたします。

「アルファあなぶきStyle」会員になると、

  • マンション契約時に購入資金として使えるポイントが貯められる
    (入会で10,000ポイントをプレゼント中!)
  • 最新の新築マンション情報やおトクな情報を随時メール配信
  • おしゃれな家具や雑貨が当たるチャンス!
     会員限定のプレゼントキャンペーンに毎月応募出来る

など、素敵なサービスが受けられます。

年会費・登録料はかかりません。この機会にぜひ活用してみましょう。


アルファあなぶきStyle会員サービスはこちら

この記事に関するキーワード

SNSで最新情報をチェック

これから住まい探しをはじめる方へ
モデルルームの活用方法を解説