老後はマンションに住もう!老後マンションのススメ

住替えをご検討の方、老後は、ずばりマンションでの生活が良いです。

日本は、これからますます高齢化社会になってきます。
退職後の時間はとても長いため、老後に何をしてどのように過ごしたいかと考える方も多いかと思います。

百貨店・デパートの近くや、駅・バスターミナルの近くなど利便性に優れた場所を起点に、趣味・旅行・買い物・ジム等アクティブな毎日を送りたいとお考えの皆様には特におすすめです。

また、仕事場へ出勤する事がなくなれば、家の中でいる時間も自然と多くなります。
老後に住む『家』は、とても大切だと思いませんか?
その『家』が、快適で安全に住めれば老後をより満喫できると思いませんか?

そこで老後マンションのススメとしてこれから解説をして参ります。

20160823_02

マンションに住むべき3つのメリット

1 安全面におけるメリット

  • 室内がバリアフリーで段差がほとんどない
    玄関とバルコニー以外は、段差がありません(中古物件検討の場合に築年数にもよります)。
    つまずいて転倒する恐れも少ないと思います。車椅子での生活を余儀なくされても安心ですね。

  • セキュリティ性が高い
    マンションの場合、人の出入りするところには監視カメラが基本的には完備されております。
    映し出された映像が管理事務室で、一定期間録画・保存されております。またエントランスは、オートロックになっている物件が多く、来訪者の管理ができます。
    また警備会社との連動している物件も多く、セキュリティ性が高いと言われております。

  • 管理人が常駐
    管理人が管理人室にて常駐し、清掃・受付業務を行ってくれます。
    また不審者がいた場合の声掛けなど、監視をしてくれる役割もあります。
  • 自然災害に強い
    地震・強風・雨等において強固な建物といえるでしょう。

2 生活におけるメリット

  • 日当たり・風通し・眺望が良い(低層階や隣接した建物がある場合は除く)
    一般的に戸建と比べると、日当たり・風通し・眺望は良いのがマンションだと思います。
    また上層階になれば、夜景や四季折々の風景も臨むことができるかと思います。
  • 温かく・涼しい
    マンションが、戸建と違い外気にふれる部分が少ないため温かいと言われております。
    また気密性が高いので冷暖房を使う頻度や設定温度に違いが出てきます。
  • 鍵1本で外出が可能
    2階にあがり、戸締りの確認をすることもなくなります。
    管理人常駐・防犯カメラ・警備会社の連動と万全のセキュリティ体制で安心生活が送れます。
  • 庭などの管理・清掃がいらない
    戸建のような庭は基本的にはありません。植栽の剪定、草抜、落葉拾いもする必要ありません。
    (1階住戸で庭がある間取りもあります。)
  • 家事動線が良い
    ワンフロアで段差がないので掃除がしやすいです。掃除機もスイスイらくらくです。
    戸建と比べ、広さに限りがありますが、その分動線が良いので、洗濯・布団を干す時の移動距離や水回りの動線も考えられた設計が多いため家事の負担は軽減されると思います。
    http://journal.anabuki-style.com/housework-flow-and-floor-plan
    (参考:これで解決&満足!家事動線の良い間取りの選び方)

3 お金におけるメリット

  • 相続対策として
    現金で相続するよりも、不動産で相続する方が節税対策になります。
    昨今、相続税対策でのご相談が非常に多くなっております。
  • 火災保険料が安い
    マンションは木造住宅ではなく、燃えにくい建物のため戸建に比べる保険料が格段に安いです。
  • 修繕積立金
    共用部の修繕計画が決められており、煩わしさがありません。
    またコストが、段階的に増加するものの一定のため、突発的な出費は基本的にはありません。
    計画的な修繕を施すため、資産価値を保つことができます。
  • 月々のランニングコスト
    生活におけるメリットにもあるようにマンションは気密性が高いので、冷暖房機器の節約にもつながります。
    またマンション全体で、インターネットに加入している物件もあり、月々のコストはお安くなる方が多いのではないでしょうか?

マンションの住み替えをするにはまずどうすれば良いか?

今の持家の対処について

今の持家を手放す場合に、その対処について不安に思っている方が多いかと思います。
今の持家を「貸す」のか「売る」のかによって住み替え計画が変わってきます。
そこで具体的な資金計画を立てる前に、不動産会社に査定の相談をすることがおすすめです。

ここで注意したいのが「査定額が予想より低かった」というケースです。
やはり思い入れのある不動産なので高く売却したいという思いがあるのは、当然のことです。
しかし、いざ不動産業者に査定してもらうと予想より低いという結果になった、というケースがたくさんあります。周辺相場や成約事例から出された査定金額なので、妥当なケースが大半だと思います。
売却資金は、あまりあてにし過ぎないようにしましょう。 

資金の組立てについて

老後の資金はいくら必要かを考えましょう。
まず自分達が受け取る事ができる、退職金や年金を把握しましょう。そして子供の結婚や孫への教育資金の援助など、お金が必要なイベントを抑えておく必要があります。
そのうえで、住み替えにいくらの予算を充てることができるかを計算しましょう。

こちらも注意点があります。「住宅ローン」を利用する場合です。
現役で働ける年数には限りがあります。住宅ローンの借入年数が短くなりますので月々の負担が大きくなります。
ここで大切なのが「頭金」です。
出来るだけ多くの「頭金」を出すことで、月々の支払額少なくしたり、借入年数が短くなります。

http://journal.anabuki-style.com/mansion-cost
(参考:マンション購入にかかる諸経費を学んで損しない資金計画を立てよう)
http://journal.anabuki-style.com/down-payment
(参考:頭金はいくら必要?住宅ローンの頭金について徹底解説)

モデルルームの見学に行こう

モデルルームを見学することで室内のイメージや生活をするイメージが沸きます。
1章で述べた「マンションに住むべき3つのメリット」を体感できます。
また、担当者と話をすることで不安や疑問が解決されるかと思います。より住み替えが具体的になること間違いなしです。

しかしここでも注意です。
基本的に、戸建からマンションに住み替えの場合には狭くなりることを念頭に置いておきましょう。
マンションはコンパクトな分、間取りや動線が考えられております。
また間取の変更工事をすることでより自分達の生活にあった間取りすることができますので、担当者に希望を伝えましょう。

http://journal.anabuki-style.com/model-room-tour-five-notes-for-not-regret
(参考:後悔しない為のモデルルーム見学 5つの注意点)

最後に・・・

年々住み替えのご相談でモデルルームにご来場される方が、多くなってきております。
私が担当させていただいた住み替えのお客様が、
「住み替え前は車に乗ってジムに行っていたけど今は歩いて行ける。行きたくなったらすぐ行けるし、車の運転をやめても行ける。マンションに住み替えして良かった。」
とおっしゃっていました。

住み替えに満足される方は多いと思います。
元気に動く事ができるときに住み替えの決断をされれば、新しい環境への順応力も高く、より住み替えの満足度は高いのではないでしょうか?
ぜひマンションに住み替えをして、楽しい老後を過ごしませんか?

満足度の高いマンション購入をしたいなら
「アルファあなぶきStyle」に登録しよう

これからマンションを購入しようと思っているけれど、何から始めれば良いのか分からないという方は多いのではないでしょうか?

マンションを購入するには、まずは情報収集をして、立地条件や広さ、間取り、設備仕様などの、住まいに対する自分なりの希望条件を固めておくことが重要です。

「アルファあなぶきStyle」 では、最新の物件情報はもちろん、はじめての方でもマンション購入までの流れや、購入する際に確認しておくべきチェックポイントなどを分かりやすく解説しています。また、あなたのライフスタイルに合わせた住まいのご提案をいたします。

「アルファあなぶきStyle」会員になると、

  • マンション契約時に購入資金として使えるポイントが貯められる
    (入会で10,000ポイントをプレゼント中!)
  • 最新の新築マンション情報やおトクな情報を随時メール配信
  • おしゃれな家具や雑貨が当たるチャンス!
     会員限定のプレゼントキャンペーンに毎月応募出来る

など、素敵なサービスが受けられます。

年会費・登録料はかかりません。この機会にぜひ活用してみましょう。


アルファあなぶきStyle会員サービスはこちら

SNSで最新情報をチェック

これから住まい探しをはじめる方へ
モデルルームの活用方法を解説