くらしの歳時記【2022年10月・神無月】

10月の和名は「神無月」。
雷の鳴らない月だから「雷無月」、新穀(その年に穫れた穀物。ここでは特に新米のこと)で酒を醸す月だから「醸成月」など、由来には諸説ありますが、中でもっとも有力な説は、10月は神様を祭る月だから「神の月」と呼ぶ、というものです。

ちなみに「出雲大社に神様が集まって諸国には不在になることから神無月」というあまりに有名な由来話は、中世以降の俗説なんだそうですよ。

コスモスを揺らす秋風にのって聞こえてくる、祭りのお囃子。
高く青い空を埋める白い鰯雲。色づき始めた照葉。
秋もいよいよ深まり、豊穣の季節を迎えるころ。
そんな10月のくらしの歳時記を紹介します。


今月の注目イベント


10月のこよみ

10月8日「寒露」(二十四節気)

寒露とは野の草に降りる露のこと。日中の暑さはやんで過ごしやすくなりますが、そのぶん朝晩の冷え込みを実感するようになりました。
このころになると秋の長雨シーズンも終わり、空気が澄んだ秋晴れの日が多くなります。

10月23日「霜降」(二十四節気)

秋がいちだんと深まり、朝霜が見られるエリアも出てくるころ。朝晩もぐっと冷え込み、日が短くなったのを実感できるのではないでしょうか。早いところはでは、このころから冬支度を始めます。

暦の上では「晩秋」になり、秋もフィナーレを迎えます。
次の二十四節気は「立冬」。いよいよ冬の始まりです。

10月20日〜11月6日「秋土用」(雑節)

雑節のひとつ「土用」は、土公神(どくじん)という土を司る神様が支配する期間のこと。立春・立夏・立秋・立冬の前の約18日間を指し、期間中は土を動かす作業(土いじり、地鎮祭、井戸掘りなど)を忌むことになっています。

とはいえ18日もの間ずっと作業ができないのは、さすがに実生活に影響が出ますよね。そこで土公神が地上を離れる日を設け、その日に限っては作業をしてもOKとしました。それを「間日」と呼びます。
2022年の秋土用の間日は、10月21日・23日・25日、および11月2日・4日・6日です。


年中行事と10月のイベント

10月1日「衣替え」

平安時代の宮中行事から始まった習慣です。中国の風習に倣って4月1日と10月1日に夏服と冬服を入れ替えました。
とはいえ、気候の一定しない近年では、暑い日があると思えば急に肌寒くなる日もあったりして、一概に「今日から冬装束に変わります」と言われてもピンとこないのではないでしょうか。特に近年では日中の気温がまだまだ高い日が多く、秋物を着る気分にならない人もいるかもしれませんね。

衣替えのタイミングは「最低気温が20度程度になった」あるいは「日中の気温が25度を下回るようになった」ときが最適だと言われます。風が涼しくなったと感じたら、羽織ものやストールで調整しながら、徐々に秋冬モードに移行していきましょう。

10月8日「十三夜」

旧暦の9月13日。ひと月前の十五夜に対して「後の月」、また収穫を迎える栗をお供えすることから「栗名月」とも呼ばれる月です。十五夜についで美しい月とされ、宮中では宴を催すなど、古くから鑑賞の行事が行われてきました。
十五夜は平安時代に唐から伝わった風習ですが、十三夜は日本独自の風習です。

十五夜はスッキリしない夜空であることが多いことに対し、「十三夜に曇りなし」という言葉があるほど、晴れることが多いようです。十三夜の月は、左側が少し欠けた趣のあるかたち。冷たく澄んだ晩秋の夜空にうかぶ、そんな月を眺めてみてはいかがでしょうか。

旬の「栗」を楽しむレシピ

自宅で食べる栗といえば栗おこわや栗きんとんなど、和のイメージが強め。
でも今夜はちょっと趣向を変えて洋風で楽しんでみましょう。栗のスープと、豚肉と栗のパイのレシピがおすすめです。

名月に合わせた食べ物で季節を楽しむ【お月見レシピ】6選

10月31日「ハロウィーン」

ハロウィンは古代ケルトの収穫祭がルーツといわれるお祭りです。
秋の収穫を祝い、悪霊を追い払う行事でしたが、現在はジャック・オ・ランタンを飾ったり、魔女やオバケなどに仮装するイベントとして定着していますね。

楽しいイベントの反面、毎年のことなので、そろそろネタが尽きてしまった…という声をよく聞きます。
ハロウィーン風の飾りをあしらったり、ハロウィーンモチーフのお菓子を作ったり。おうちでちょっと楽しめるアイデアを集めました。

今年のハロウィンはこれで決まり!親子でできる手作りアイデア12選

しっとり大人に楽しみたい方向けには、ハロウィーンがモチーフの浮島(和菓子)レシピがオススメ。

大人の秋の食卓に。かぼちゃと紫芋の「ハロウィン風浮島」レシピ

ハロウィンが終われば、秋も終わり。いよいよ冬の到来です。

 

今月のアンケート


みんなの暮らし聞いてみました!
\こんなとき、どうしてる?/

わざわざ聞かない。聞けないけど、ずっと気になっている日常生活のアレコレ…「そういえば、みんなどうしてる?」をリサーチしてお届けします!

今月のお題は「自転車生活」

暑さが和らぎ、自転車でおでかけをする人も増えてきているのではないでしょうか?
マウンテンバイクや電動アシスト自転車、ロードバイクなど自転車の種類も増えてきていますね。
今回は、自転車生活についてお伺いします。

回答期限:2022年10月13日(木)
アルファあなぶきStyleのサイトに移動します

先月の「秋の味覚」の集計結果をみる

秋の味覚

朝晩は過ごしやすい気候になり、スーパーでは秋の味覚が並ぶようになってきました。「食欲の秋」と言われるように、秋は美味しい食べ物が多いですね。
そんな秋の味覚の楽しみ方や調理方法、保存の仕方などをご回答いただいていますので、ぜひ参考にしてみてください。

アルファあなぶきStyleのサイトに移動します

次回の「くらしの歳時記」は11月・霜月編。お楽しみに!

アルファジャーナルの「今読みたい記事」がメールで届く!

アルファジャーナルのメルマガが届く「アルファあなぶきStyle会員light」に登録すると、数ある記事の中から今読みたい厳選記事や、最新情報のメールが届きます。

今すぐ登録して、アルファジャーナルをもっと楽しもう!

アルファジャーナルの今読みたい記事がメールで届く
みんなの暮らしをアンケート調査