マンションの営業マンがおすすめするオプション商品・設備

新築マンションを購入すると、一般的にお引渡しまでの期間にオプション等の打合せを行います。オプション商品の打ち合わせでは、専有部分(個別の住戸内)において標準設備からグレードを上げるためのオプションを選びます。

オプション商品には種類が多くあるため、どれを採用するか迷ってしまうと言う声をお客様よりよくいただきます。どのオプション商品を選ぶかは人それぞれですが、オプションを追加することによって便利機能が増え、日々の生活の手間がより省けることが多くあります。

より快適なマイホームの実現にむけて、今回は、実際にマンション販売の現場でお客様と打ち合わせ等を行っている筆者が、マンションのオプション選びにおいて個人的にもおすすめしたい商品・設備をご紹介します。

※ここでは、あなぶき興産の一般的な新築分譲マンションでご案内している商品・設備をもとにご紹介しています(2018年12月現在の情報です)。他の販売会社では取扱がない、またはオプションではなく標準で搭載されていることもありますので、ご承知おきください。

1.とっても便利かつスマート!ハンズフリーオプション2選

1.1 らくらくハンズフリーで玄関の出入りが快適に!

【ハンズフリーで玄関を開錠】

ハンズフリーで玄関を開錠
画像提供:株式会社 シブタニ

ハンドル一体型のリーダーがキーを認識し、ワンタッチで解錠を行います。リーダー一体型のシャープなデザインは、玄関扉の景観をよりスマートに仕上げます。
上記の図のように、買い物帰り等で両手がふさがっているときも、ポケットにキーが入っていれば、扉のボタンを押すだけで鍵を開けることができます。荷物を地面に下ろさなくてもワンタッチで解錠できるのがとても便利です。
個人的には鍵と一体型のハンドルになっている点がおすすめポイントです。手を引っ掛けるだけで簡単に開けることができるので、荷物を持ったままでも開けやすくなりますよ。

もちろんエントランスなど共用部の扉もハンズフリーで通過することができます。タイプにもよりますが、共用部の扉については最大約2m手前からセンサーが感知するので、解錠のために立ち止まらずに自動ドアを開くこともできて便利ですよ。

1.2 ハンズフリーでキレイに使えるカンタン水栓!

【ハンズフリー水栓】

ハンズフリー水栓
画像提供:株式会社 LIXIL

センサーで洗い物の動きを捉えて、自動で吐水・止水する水栓です。動きの感知機能がついているので、シンクに洗い物を置く動作では、勝手に水は出ません。
調理中に水栓操作しなくてよくなるので、料理中に手を洗いたいときも水栓は汚れません。効率的に料理できますよ。

2.水回りのお手入れ・お掃除がカンタンになるオプション2選

2.1 カンタンお手入れ!その[1]

【ホーロークリーントイレパネル】

ホーロークリーントイレパネル
※ホーロークリーンパネルにはカラー各種がございます。
画像提供:タカラスタンダード 株式会社

ホーロークリーントイレパネルには、壁面用とフロア用の2種があります。

サッとひと拭きでお手入れが簡単になります。
ホーローパネルは汚れやニオイが染み込むことがなく、水拭きで簡単に拭き取れます。飛び散りにも効果的で、床を守りシミや変色も防ぎます
汚れが気になるトイレには、ぜひ取り入れてほしいオプションです。

2.2 カンタンお手入れ!その[2]

【ホーローキッチンパネル】

ホーローキッチンパネル
※ホーロークリーンパネルにはカラー各種がございます。
画像提供:タカラスタンダード 株式会社

キッチンの油汚れも水拭きでサッと拭き取るだけで、キレイになります。

毎日の料理で汚れやすい場所なので、キッチンの壁は拭き掃除がラクな方が良いですよね。
ひと拭きで汚れが落ちるホーローの壁なら、広い面積でもお掃除ラクラクです。

3.これですっきり収納!いつでもカンタンに整理整頓できるオプション2選

3.1 家電や小物がすっきり収納できる!

【ミラー収納パーツ】
ここでは、サニタリーの鏡の裏の収納に追加するオプションをご紹介します。
お出かけ前、鏡の前で身支度するときに、こんな収納オプションがあると便利ですよ。

  • アクセサリーフック
    アクセサリーフック
    画像提供:パナソニック 株式会社

    小物の収納に便利なミラー裏の収納です。
    アクセサリー等、小物を引っかけることができるので、鏡を見ながらアクセサリーを選ぶのに適しています。細かいものの収納に困ることが少なくなりますね。
  • ティッシュバー
    ティッシュバー
    画像提供:パナソニック 株式会社

    水回りで出しっぱなしできないティッシュボックスも、ミラー裏に定位置を作ってあげれば、スッキリ収納できます。
    洗面化粧台でちょっとしたときに必要になるティッシュがすぐそばに置けると便利ですよ。
  • 内部コンセント
    ティッシュバー
    画像提供:パナソニック 株式会社

    電動歯ブラシや充電式ひげそりをキャビネットの中に収納できます。
    しまっている間に充電もできるので、洗面化粧台が片付きますよ。

3.2 豊富な大容量収納!

【カップボード】

カップボード
画像提供:タカラスタンダード 株式会社

キッチンの食器棚も採用される方が多いオプションです。食器や調理器具をすっきり整理できて、片付けが簡単になります。豊富なバリエーションも魅力的です。
カップボードを設置するだけで、大容量の収納キャビネットとスッキリと片付いた機能的で清潔なキッチン空間が実現できますよ。

また、作り付けの棚なので、地震の際に大きな家具が転倒しなくてすみ、比較的安全です。
※ただし、大きな揺れで中の食器が飛び出す恐れがあるので、飛び出し防止の「耐震ラッチ」をつけておくとより安全です。

カップボードに関しては、こちらの記事で詳しく紹介しています。合わせて参考にしてみてください。

マンション購入前に知りたいオプションについて解説しますーキッチンカップボード編ー

3.3 専有部でも災害への備えを!

【非常時災害用 BOX】

非常時災害用 BOX
画像提供:株式会社 テラブルウ

マンションの共用部分には水・お米・乾パン・救済工具など防災用品をまとめて保管する「防災倉庫」が設置されていることもありますが、(※防災倉庫が設置されていない分譲マンションもございます。)万が一に備え、ご家庭ごとに防災用品をまとめられている方も多いのではないでしょうか。

ご紹介している非常時災害用 BOXはもしもの時に自身の自宅で生活するための防災用品が、あらかじめセットされた家庭用備蓄庫です。各家庭で、必要な物が保管できるスペースが確保されているので、防災用品以外の収納にも使えます。

収納スペースが増えることになるので、空きスペースにはお子様の遊び道具等も入れておいてもいいですね。

4.普段の生活をより快適にするオプション4選

4.1 洗濯物が多い・乾きにくい時期に最適!

ランドリーパイプを追加【ランドリーパイプを追加】
最新の新築分譲マンションには、浴室乾燥機が標準設備されていることが多いようです。

一般的な浴室の仕様では、洗濯物を干すためのランドリーパイプが標準で1箇所ありますが、浴室乾燥機の機能をフルに使うなら、ランドリーパイプを追加するのがおすすめです。追加位置は好きな箇所が選べる場合が多いのですが、筆者が担当したお客様では、大半が中央に設置されていました。

4.2 最後までお湯があったかい!

【保温機能付き浴槽】

保温機能付き浴槽
画像提供:株式会社 LIXIL

浴槽保温材と保温組フタのダブル保温構造で、お湯が冷めにくい浴槽です。
保温構造で光熱費を節約でき、お湯の温度変化も少ないのが嬉しいところです。追い焚きの時間が少なくて済むので、入浴時間の異なるご家族でも時間を気にせずに入浴できますよ。

4.3 足元の見えにくい部分も隅々まで見えやすくなる!

シューズボックス下照明【シューズボックス下照明】
玄関のシューズボックスの下を照らす機能になっています。更に人感センサーを入れることによって人が通る場合や立っている場合は、自動でライトアップされます。

部屋の入り口が明るいと、遅くに帰宅したときでも、気持ちが明るくなりますね。

4.4 両側からしっかり照らす!

【LED付3面鏡】

LED付3面鏡
画像提供:パナソニック 株式会社

大きなミラーの間にLEDが入り、両側をしっかりと照らしてくれます。身支度をするときに一方からの明かりだけでは影になる部分がよく見えなかったりしますが、両側の、どの高さからも光が入ることでお化粧のチェックももらさずできるようになります。

更に長寿命のLEDなので、面倒な照明交換も少なく、電気代も節約できますよ。

5.オプション商品を注文する際の注意点

オプション設定の注文が「できる・できない」は、マンションや販売会社によって異なります。
また、マンションによって仕様や価格等も違う場合があります。

そして、オプションの注文ができる場合には、大抵の会社では階数別に締切期限が設けられています
これはマンションの施工の進捗によるもので、マンションは1階から順に建てていくため、下の階数の方が締切期限は早くなります。
オプション注文を希望される方は、早めにモデルルームに来場されることをオススメします。

6.まとめ

自分に必要なオプション設備を考えよう筆者おすすめのオプション商品や設備をいくつかご紹介しましたが、気になる設備はありましたか?
マンションによっては、今回紹介した商品や設備が標準機能として備わっている場合もあります。ご自身の購入されたマンションで欲しい設備が標準機能なのか、オプション商品なのかは、担当の営業マンに確認しながら打ち合わせを行っていただければ幸いです。

オプションの住宅設備には便利な機能がたくさんありますが、全てをオプション商品にしてしまうとお部屋の予算をオーバーしてしまうかもしれません。失敗しない秘訣は、自分のライフスタイルに合わせて、必要な商品を選ぶことです。
その中でご家族と話し合ったり、担当の営業マンに相談したりしながら、自分にとって最適なオプション商品を選んでいきましょう。

必要なオプション商品の考え方については、こちらの記事も合わせてご覧ください。

おすすめのマンションオプションと選び方の注意点~現役営業マンの見解~

マンションのモデルルームを見に行こう!

モデルルーム

モデルルームは、お部屋を広さを体感したり、キッチンやバスルームなどの設備を触ることができる場所。インテリアコーディネートも凝っているから見るだけでも楽しく、新しい暮らしへの期待も膨らみます。

またモデルルームでは、経験豊富なスタッフがあなたにぴったりな住まいの場所や種類、購入するタイミングを見つけるお手伝いをします。ちょっと不安な資金についても気軽に相談してみてくださいね!