おすすめのマンションオプションと選び方の注意点~現役営業マンの見解~

マンションおすすめオプションのアイキャッチ

分譲マンションの契約後の打合せのひとつとしてオプションがあります。
オプションには数多くの魅力的な商品がありますが、あれこれ付けてしまうと高額な出費になってしまいます。よく考えて選んでおかないと新生活をスタートさせた後に「このオプション高かったけど、ほとんど使わないね・・・。」となってしまう事も・・・。マイホームは高額な買い物なので、無駄な出費はできるだけ避けたいものです。

営業マンそこでマンションの現役営業マンである私が、今までにオプションの打合せを行ってきた180件以上のお客様の体験を踏まえて、どのようなオプションがおすすめなのか?また、気をつけておいたほうが良いオプションもご紹介させていただきます。
その他にも、予算オーバーしてしまった場合の対処法についてもご紹介しておりますので、マンションのオプション選びでお悩みの方ぜひ参考にしてみてください。きっとご満足いただけるオプション選びができるようになりますよ。

※マンションの販売業者によって、オプションとして取り扱う範囲には違いがあります。「標準の設備をグレードアップする」「標準では付いていない設備を付け加える」「間取りを変更する」「家具や家電製品を付ける」「水回りや床をコーティングする」など様々なオプションがありますが、どこまでの範囲をオプションとして取り扱っているのかについては、営業マンに確認しましょう。

おすすめのマンションオプション

私がおすすめするマンションオプションとは、これまでのお客様との打合せで「このオプションを希望するお客様が多いなぁ。」というものです。

お客様から選ばれるオプションの3つの特徴
  • 2つ以上のメリットがある
  • 機能性が高まる
  • 掃除の手間が省ける

打合せ中おすすめのオプションをご紹介させていただきますが、生活スタイルによってその必要性は変わってきます。どんな人にもおすすめというわけではありません。大切なのは、オプションのメリットを理解し、その魅力が自分にとって必要なものなのかを判断することにあります。ご紹介するオプションの具体的な魅力についてもご紹介しますので参考にしてください。

その1|食器洗乾燥機

食器洗乾燥機は最近ではオプションではなく、標準仕様としている物件も増えてきました。
ご存知のように、家事の負担を軽減してくれる嬉しいオプションです。水に触れる機会が減るので、手荒れを気にする方にもおすすめです。その他にも節水機能や除菌機能がついている商品もあり、洗い物の少ないご家庭でも利用される方が増えてきました。

料理女性私がおすすめする理由は、乾燥機能が付いているということです。乾燥機能が付いているので、食器洗乾燥機から食器を食器棚へ直接片付ける事が出来るのです。
「洗った食器を乾かしておくキッチンスペースが、料理をする邪魔になっている。」「友人が遊びに来た時にキッチンの見栄えが悪い。」と思ったことはありませんか?食器洗乾燥機はこのような問題も解決してくれるのでおすすめです。

オプションとしてつけるメリット

  • 家事の時短
  • 手荒れの負担軽減
  • 作業スペースの確保
  • 見栄えの向上
こんな方へおすすめ
  • 家事が忙しく負担を軽減させたいという方
  • 手荒れがひどく、水や洗剤になるべく触れたくないという方
  • 料理が好きでキッチンの作業スペースを広く確保したいという方
  • 知人が遊びに来ることが多く、キッチンの見栄えを良くしておきたいという方

その2|間仕切り建具

「マンションで一番良く利用するリビングダイニングを広々とゆったり使いたい。」という希望を持った方も多くいらっしゃいますが、同時に「まだ先にはなるけど、子供部屋を確保しておきたい。」「ほとんど利用しないだろうけど、ゲストルームが欲しい。」とお悩みの方もいらっしゃいます。そんな時におすすめなのが間仕切り建具です。

女性納得間仕切り建具とは、建具である扉を複数枚つなぎ合わせ壁の代わりとして利用する事が出来るというものです。リビングダイニングに隣接する部屋を隔てる「固定された壁」を「間仕切り建具」にする事で、「部屋と一体となった広いリビングダイニング⇔間仕切りで仕切られた部屋とリビングダイニング」の使い分けが出来るようになります。

「固定された壁」を設置・撤去する場合はリフォームが必要になりますが、間仕切り建具であればリフォームは必要ありません。生活スタイルの変化に合わせて、「部屋が欲しい。」「リビングダイニングを広々と使いたい。」という2つの希望を叶えてくれます。

間仕切り
左:部屋と一体となった広いリビングダイニング
右:間仕切りで仕切られた部屋とリビングダイニング

オプションとしてつけるメリット

  • 通常より広いリビングダイニングが実現できる

  • 間仕切り建具を利用すれば部屋を確保できる

こんな方へおすすめ
  • ゲストルームが欲しいけど、利用頻度は低い方
  • 子供部屋が数年先に必要となるけど、すぐに要は無い方
  • 将来家族構成が変わる可能性があり、部屋数の確保が未定の方

その3|コーティング

女性喜び「せっかくの新築マンションなのでキレイな状態を保ちたい。」とお考えの方が多くいらっしゃいます。そういった方におすすめなのがコーティングです。毎日利用するフローリングとバスルームに施工するのがおすすめです。
バスルームであれば防カビ効果が得られ、汚れもつきにくくなります。フローリングであれば耐久性が上がりキズや汚れに強くなります。コーティングの種類によって得られる効果に違いがあります。
そして、新築の時にコーティングをしておくことが、キレイな状態が長続きする秘訣です。生活をスタートしてからだと「家具等を移動させないといけない。」「既に汚れてしまっている。」といった問題が出てきますので、新築マンションの引越し前がベストのタイミングです。

オプションとしてつけるメリット

  • キレイな状態が長続きする

  • お掃除がラクになる

こんな方へおすすめ
  • 家事が忙しく負担を軽減させたいという方
  • アレルギーやぜんそくの持病があり、カビやホコリに弱い方
  • 自宅にお客様を招き入れる機会の多い方

その4|コンセントの移設増設

電気利便性の高い魅力的な電気製品が続々と登場する時代となり、家庭で利用する電気製品も増加し、モバイル製品のバッテリーを充電する機会も増えてくるようになりました。それに伴い、コンセントの位置や数にこだわられるお客様も増えてきました。分配や延長をしなくて済むので見栄えもスッキリし火災の危険性も低くなります。

オプションとしてつけるメリット

  • 電源コードの見栄えがスッキリとする

  • 電気製品のレイアウトが自由に出来る

こんな方へおすすめ
  • 電気製品を多く使っている方
  • 電気製品の利用場所に希望のある方
  • コンセント周りの配線がぐちゃぐちゃになるのが嫌な方

”こだわりが出る”オプションは控えめに

ひよこマンションであれば将来、第三者の方に賃貸で貸したり・売却したりという事も考えられますし、年齢を重ねると生活スタイルも変化していきます。そこで注意しておいた方が良いのが、こだわりが出るオプションです。
こだわったオプションは、当初の満足度は高くなるのですが、可変性が低く融通が利かなくなります。将来思わぬ事態へ発展する可能性もあるので注意しておきましょう。ここではそんな体験談を2つご紹介させていただきますので参考にしてください。

注意1|キャラクターがデザインされた壁紙

Aさんのケース
女の子Aさん家族には5歳になるお嬢様がいらっしゃいました。ご主人様がリビングダイニングの壁紙が全て白色では味気ないとのことで、一部壁紙を変更したいとのご希望がありました。壁紙のカタログを見ながら打合せを行っていたのですが、あるキャラクターがデザインされた壁紙をお嬢様が大変気に入っていました。そこでご主人様は、将来お嬢様の部屋になる壁紙をキャラクターがデザインされたものに変更する事にしたのでした。マンションが完成し、実際のお部屋を確認された時もAさん家族は大変喜ばれていました。
女子高生不満十数年が経ったころAさんから届いた年賀状に「あんなに大好きだった壁紙ですが、今では少し後悔しています・・・。」とのコメントが書いてありました。その理由をお伺いする機会があったのですが、高校生になったお嬢様から「キャラクターがデザインされた壁紙が恥ずかしくて友人をマンションに招く事が出来ないじゃない!なんでこんな壁紙にしたの!」と言われて困っているとの事でした。「壁紙を張り替えるのにも手間とお金がかかるし・・・、子供が大きくなったときの事も考えて決めておけば良かったですね・・・。」ともおっしゃられていました。

注意2|造作家具(建物と一体となったオーダーメイド家具)

Bさんのケース
造作家具男性Bさんはリビングでくつろぐ時間をとても大切にしていました。自分の好きな写真や植栽、小物を飾りたいという希望と大好きな映画鑑賞もリビングでしたいとの事でした。「マイホームは一生に一度のせっかくの買い物なので。」という考えもあり、自分が使いやすいようなテレビボード付きの家具を造作家具でオーダーすることにしました。何度も打合せを重ね納得のいく家具が出来上がりました。Bさんも大変満足されていました。
テレビ男性それから数年が経ったころ、テレビは時代の進化と共にどんどん大型化していきました。当時は「テレビを置くスペースはこれぐらいで十分だろう。」と考えていたのですが、それをはるかに超えるものが出回るようになったのでした。Bさんは、「本当はもっと大きなテレビに買い換えたいのですが。自分が高い費用を出してまでこだわった造作家具ですから・・・。」と少し残念そうな様子でした。
造作家具
※写真はイメージです。

「付けたいオプションはたくさんあるけど、予算が足りない!」そんな時の選び方

金欠オプションのカタログを見ていると、どうしてもあれもこれもオーダーしたくなってしまいますよね。しかし「予算が足りない。」というお悩みの方も多いのではないでしょうか?
そんな時は予算内でオプションを考えなければいけません。そこで「必要なオプションと不要なオプションの選び方」をご紹介させていただきます。選び方には次の4つのステップがあります。

4つのステップ
  • ステップ1 オプションの予算を決める
  • ステップ2 新生活を具体的にイメージする
  • ステップ3 オプションの代替品がないかを調べる
  • ステップ4 オプションに優先順位を付ける

ステップ1|オプションの予算を決める

お金予算を決めておくのは当たり前と思われるかもしれませんが、「オプションの打合せをしながら予算は考えていきます。」という方が意外と多くいらっしゃいます。
予算を決めずに打合せを進めてしまうデメリットとしては、あれやこれやと希望だけが膨れ上がってしまい、現実離れしたオプションの見積り金額になってしまうという事です。

その結果「予算オーバーだから諦めておこうか・・・。」といった事になってしまいます。どうせなら新生活の打合せは楽しく行いたいですよね。予算をハッキリと決めておくことで、「本当に必要なオプションだけを選ぼう!」という意識を高める事が出来るのです。

お客様によりオプションに使う金額はまちまちで、数万円~百万円を超えるお客様もいらっしゃいます。参考までにですが、私が今までに打ち合わせた1世帯あたりの平均オプションの予算は約40万円となっています。

ステップ2|新生活を具体的にイメージする

「ココが私の部屋で、ココが書斎、寝室がこっちで・・・。」と考えている方は多いと思いますが、もう一歩踏み込んで「ここには新しい家具を購入して置いて、この家電製品は買い替えずにこのまま使い続けて・・・。」といったように、新生活を具体的にイメージしておきましょう。新生活を具体的にイメージせずにオプションをオーダーしてしまうと・・・、

  • オプションで収納棚を付けたのに、手が届かずほとんど利用しない。
  • おしゃれな壁紙をオプションで付けたのに、家具でほとんどが隠れてしまっている。
  • 多機能なオプション製品を付けたのに、その機能のほとんどを使っていない。

といった事にもなりかねません。

悩む家族これではせっかくのオプションも台無しですよね。事前にこうなる事が分かっていれば、お金を掛けてまでオプションをオーダーする事はありません。イメージしておく事でこのようなミスを防止することが出来るのです。

ステップ3|オプションの代替品がないかを調べる

パソコン女性オプションのカタログを見てみると「このオプションは魅力的だけど価格が高いなぁ・・・。」と感じることもあると思います。
そんな時はオプションの代替品が無いかを調べてみましょう。最近は安価で便利な商品がたくさん流通されており、ネットを利用して簡単に調べることも出来ます。
オプションでなくても安くて機能的に変わらないような商品が見つかることもありますし、既製品の使い方を工夫することで希望を満たしてくれることもあります。例えば次のようなことが考えられます。

  • 収納棚を付けるのではなく、メタルラックで代用する。
  • 人感センサーライトを付けるのではなく、人感センサー付き電球で代用する。
  • フローリングを畳に変更するのではなく、フローリングの上に置き畳を敷き代用する。

壁紙や造作家具のように一度取付け工事をしてしまうと、気軽に交換したり取り外したりすることが出来ない物もあります。
既製品で代替することにより、比較的簡単に取り外しや移動が出来るので、部屋の模様替えを手軽に行えるというメリットもありますよ。
ただし自分で代替品を考える場合は、送料、設置に掛かる手間、保証の有無などをオプションと比較した上で、どちらにするのかを判断するようにしましょう。

ステップ4|オプションに優先順位を付ける

節約主婦ステップ3まで考えても予算がオーバーしてしまう場合は、優先順位をつけて高いものからオーダーするようにしましょう。
優先順位は「価格と利用頻度」を考えて付ける事が大切です。例えば、価格が安くて利用頻度の高いオプションは優先順位が高く、逆に価格が高くて利用頻度も低いオプションは優先順位が低いといえるでしょう。

オプションは無理をしてまで付けなくても大丈夫

OK男性知っておいていただきたいのが、マンションには生活に必要な設備が標準的に備わっているということです。
オプションはあくまでもプラスアルファであり、必ず付けなければならないものではありません。
確かにオプションを付ければグレードアップするのですが、必要性についてはひとそれぞれです。無理をしてオプションを付けても新生活をスタートさせた後で「このオプションあまり使わないなぁ・・・。」という結果になりかねません。

基本的にマンションは、限られた空間を少しでも多く有効に活用できるように設計されていますし、設備も標準的に備わっています。まずはカタログやパンフレット、モデルルームなどで間取りや標準設備をしっかりと確認する事が大切です。それでも物足りなさや不便さを感じるようであれば、オプションを検討するようにしましょう。「オプション品もいいけど、標準の設備と間取りで使い勝手は十分だなぁ。」と思えることがきっとありますよ。

まとめ

マンションのオプションは、予算内で必要最小限のものをオーダーしておけば十分です。無理をしてまで付けても良いことはありません。「オプション選びが初めてでどのように選べば良いのか分からない。」という方もこれでご満足いただけるオプション選びが出来るようになる事と思います。今回の記事がオプション選びでお悩みの方にとって、お役に立つ事が出来れば嬉しく思います。

満足度の高いマンション購入をしたいなら
「アルファあなぶきStyle」に登録しよう

これからマンションを購入しようと思っているけれど、何から始めれば良いのか分からないという方は多いのではないでしょうか?

マンションを購入するには、まずは情報収集をして、立地条件や広さ、間取り、設備仕様などの、住まいに対する自分なりの希望条件を固めておくことが重要です。

「アルファあなぶきStyle」 では、最新の物件情報はもちろん、はじめての方でもマンション購入までの流れや、購入する際に確認しておくべきチェックポイントなどを分かりやすく解説しています。また、あなたのライフスタイルに合わせた住まいのご提案をいたします。

「アルファあなぶきStyle」会員になると、

  • マンション契約時に購入資金として使えるポイントが貯められる
    (入会で10,000ポイントをプレゼント中!)
  • 最新の新築マンション情報やおトクな情報を随時メール配信
  • おしゃれな家具や雑貨が当たるチャンス!
     会員限定のプレゼントキャンペーンに毎月応募出来る

など、素敵なサービスが受けられます。

年会費・登録料はかかりません。この機会にぜひ活用してみましょう。