子供も大人も楽しめる夏休みのホームパーティで意識する点とおススメ料理

本格的な夏に入って日差しが強くなり、外出しているときは熱中症が心配な季節になってきました。

夏休みに入ると、子供も外で遊ぶだけではなく友達を家に連れてくる機会が増えてきますよね。普通に家の中で遊ぶのもいいですが、花火大会や夏祭り、七夕、子供の誕生日などイベントがある日にはホームパーティを開いてみてはどうでしょうか。私自身、子供の友達の誕生日にホームパーティをするということで両親ともに招待され、当日集まった子供達や親たちはみんな楽しむことができ、いい思い出になったという経験があります。このようなイベントを開催することで、子供が友達と一緒に過ごした夏休みの忘れられない楽しい思い出を作ることができます。

この記事では、夏休み中の子供が主役のホームパーティについて何をすればスムーズに開催できるかをご紹介します。ぜひ、この記事を読んで子供の楽しい思い出をたくさん作ってあげてください。

1.子供が主役の夏休みに開催するホームパーティで意識する点

夏休みは子供が主役となりますので、参加する子供たちがみんなで楽しめるようなホームパーティにしてあげましょう。

開催するにあたり、子供たちにとって楽しいホームパーティとなるよう、次の項目に注意しましょう。

1-1.テーマを決める

テーマを決めることで、準備する料理や部屋の飾りつけなどが変わってきます。まずは、テーマを決めてホームパーティーの大枠を考えるようにしましょう。

夏休みに実施しやすいテーマを挙げてみますので参考にしてみてください。

夏祭り
地区の夏祭りや花火大会があればそれとセットにするのはいかがでしょうか。
いつも以上にホームパーティのイベント感が増すはずです。

七夕
夏を代表するイベント。学校でも短冊などを作っていると思います。
家でも笹を準備して友達の短冊も一緒に飾ると子供達の思い出にもなるはずです。

スイカを準備したり部屋の飾りつけも海を意識したものにすることで、涼しい家の中でも海の雰囲気を楽しむことができます。
キャンプやアウトドア
外部でキャンプやアウトドアをすると準備も大変です。
その雰囲気を感じられるような装飾や料理があると、家でも簡単にキャンプやアウトドアの気分を味わえます。

1-2.終了時間を意識したスケジュールを立てる

子供が主役となる場合は終了時間が遅くなってしまうといけないので、開始時間を早めに設定して19時くらいには終了できるスケジュールが良いでしょう。遅くても20時までには終了して帰宅できるような時間配分がいいですね。

1-3.食事の場所や使う食器に注意

食事をする場所はダイニングテーブルだと高さがあって使いにくいので、背の低いテーブルを準備したほうが子供にとっては良いでしょう。アウトドアグッズをお持ちの方は、強度もあり汚れた場合でも掃除しやすいグッズが多いため便利です。食器も紙コップや紙皿だと壊れる心配もありません。

そして、料理を食べる前に自分で絵を描いた自分専用の紙コップや紙皿を作れば、それ自体ひとつのイベントになることでしょう。自分のコップや皿もどれかも一目で分かるようになります。

1-4.子供のアレルギーに注意

料理に関して、アレルギーが無いかを必ず確認しておきましょう。
自分の子供は把握できていると思いますが、友達に関しても両親に必ず確認を取っておきましょう。

1-5.子供たちの遊ぶスペースの確保と遊び方

子供たちの食事が一通り終われば、子供が遊ぶ準備をしましょう。遊ぶスペースを確保のために、リビングの家具をどこに移動するかは予め考えておきましょう。

子供たちの遊びも、ホームパーティのテーマに沿ったことができるような準備をしたいものです。例えば、夏祭りがテーマなら縁日のような射的や輪投げなど、映画舘・映画鑑賞がテーマならばジャンルの違うDVDをそろえて鑑賞会をするのもいいでしょう。あまり騒ぐこともないので近所の方にも迷惑をかけにくいはずです。

 

2. ホームパーティを開催するうえでの注意点

近所の方への事前アナウンス

自宅がマンションならば両隣や上下階、戸建ならば隣接するお宅には開催日時を前もってアナウンスしておくと良いでしょう。バルコニーや庭での会話や電話をする場合の声の大きさに注意することが必要です。

マンションならば管理規約に注意する

マンションならば共用部分のバルコニーなどは管理規約に注意して使用するようにしましょう。
暑いからといってバルコニーでは子供用プールで遊ばせるのはNGです。

触られて困るものや怪我をしそうなものは移動させおく

触られて困るものや壊れやすいもの、怪我をしそうなものがあれば事前に移動させておきましょう。例えば花瓶や観葉植物、家電製品のリモコンなどは当日使わない部屋に移動させておくとよいでしょう。移動できない高価な家具などは上から布などをかけて汚れだけでも防ぐように対処しましょう。

参加者に駐車場・駐輪場のアナウンス

参加者が車で来る場合は、停めてもいい駐車スペースや近隣のコインパーキングの場所など駐車場の情報をあらかじめ参加者に伝えておくと当日スムーズに参加することができます。車だけではなく、自転車などで来る場合もあるならば駐輪場の場所も伝えておきましょう。

3.子供が主役でも大人も楽しめるような工夫を

子供が主役のホームパーティでも参加する大人も楽しみたいですよね。

子供たちの食事が一段楽して、子供がゲームなどをして遊んでいる時間は、大人がくつろげるようなスペースを確保してリラックスしながら引き続き食事やドリンクを楽しみましょう。ドリンクだと酒屋でビールサーバーをレンタルして生ビールを飲んだり、お酒が苦手な方も手作りのノンアルコールカクテルが準備できれば大人の時間を楽しむことができるでしょう。また、料理も子供向けのものだけでなく1~2品はスパイシーな大人向けの料理を準備したり、味を変えるために調味料の種類を多めに用意することで子供向けの料理でも大人が楽しむことができるようになります。

子供も一緒にできるボードゲームやジェンガ、TVゲームなどが準備できれば、大人も一緒に楽しむことのできる遊びの時間にすることができます。

4.テーマ別 夏のホームパーティのおススメ料理

ホームパーティをするにあたり、当日出す料理に頭を悩ませる方も多いのではないのでしょうか。メニューを考えるときは、開催するホームパーティのテーマに沿って決めていきましょう。

夏祭りがテーマ の場合

たこ焼き
夏祭りの定番。タコだけではなく自分の好きな中身にするといろいろな種類を作ることができます。準備もそれほど手がかからないでしょう。
イカ焼き
こちらも夏祭りの定番で、やわらかく甘辛い味付けになるので子供も食べやすい料理です。
とうもろこし
焼くのが面倒な場合には茹でるだけでも大丈夫です。
焼きそば
ソース味だけではなく塩味、和風やエスニックなどいろいろな味を楽しむことができます。
カキ氷
いろいろな種類のシロップを用意して子供が好きな味を選べるといいですね。
りんご飴
砂糖から作った飴をりんごに絡めるだけなので簡単に作ることができます。子供でも作りやすいので、当日みんなで一緒に作ると楽しいですよ。

七夕がテーマ の場合

流しそうめん
地域によっては七夕の日にそうめんを食べる風習もあるようです。流しそうめんならイベント感も演出できますね。家庭用の流しそうめんの機械もいろいろな種類が販売されているので、子供が楽しめそうなものを選びましょう。
手巻き寿司、ちらし寿司
手巻き寿司だと食べる際に自分で作ることができるので、前もって準備さえしておけば大丈夫。
どちらも準備が簡単な料理です。
カレー
ルーを天の川に見立てて盛り付けをすると、七夕の日にぴったりです。

海がテーマ の場合

シーフードのカルパッチョ
シーフードを使ったカルパッチョは、暑い夏でも食べやすいですし、パーティ前に作っておくこともできます。
焼き鳥
海の家でもよく売ってある焼き鳥。串に刺さってある状態ものを買って来れば焼くだけなので準備も簡単ですし、海の雰囲気を味わうことができます。
アメリカンドッグ
ホットケーキミックスを使えば簡単にできますし、子供も喜びます。

アウトドアがテーマ の場合

焼き鳥
暑い夏にこそ食べたくなる子供にも大人にも人気の料理です。
パエリア
フライパンでも作ることができ、魚介類や夏野菜をいれると夏らしく仕上がります。
生春巻き
暑い季節にさっぱりと食べられて、子供が好きな中身を入れることもできます。
スイカ
そのまま食べてもいいですし、中身をくりぬいて器にしたりして楽しむことができます。

大人でも楽しみやすい 料理

タンドリーチキン
スパイシーな味付けにすれば大人向けの料理です。
ラタトゥーユ
冷えても食べることができるので、前もって作って準備しておくことができます。
いろいろな種類のアイスクリーム
冷蔵庫に収納できるかがとても重要になりますが、それぞれ好みのアイスクリームが選べると子供も喜びます。
ピザ
デリバリーのピザならば、前もって連絡さえしておけば当日の準備も必要ありません。
ハンバーガー
バンズと挟む具材を準備して、自分で好きな具材をサンドしてみましょう。

以上のような料理をテーマごとに決めて準備してみてください。
準備する料理の種類が多くなるとホストも大変なので、参加者がそれぞれ1品を持ち寄りにしてみるとホストの負担が軽減されます。

番外編/ホームパーティをするにあたり、便利な間取り・設備

ご自宅に和室があると子供達が遊ぶスペースとして使えますし、小さい子供が参加する場合にはオムツ替えやお昼寝をするためのスペースとしても使うことができます。また、水周りが集まっているような間取りだと食事の際に料理や飲み物で服を汚すことの多い子供が参加する場合も、サニタリーや浴室ですぐに手や顔を洗えて便利です。

これで解決&満足!家事動線の良い間取りの選び方

子育て中の主婦たちの声を反映したマンションの間取り

マンションによっては共用部にレンタルルームがある場合もあるので、活用すると自宅の壊れやすいものを移動させたりする必要がなくなります。比較的気楽にホームパーティを開催することができます。

まとめ

ホームパーティを開催するにあたってまずはテーマを決めましょう。このテーマに沿って料理や室内の装飾を施していくとスムーズに準備することができます。

子供が主役の場合は、開催時間や料理などに注意する必要があります。暑い夏には子供のお友達やその家族を招待してホームパーティで楽しい思い出を一緒に作ってあげましょう。

アルファジャーナルでは、ホームパーティについて説明した記事が他にもありますので、参考にしてみてください。

ホームパーティー成功の秘訣は「段取り」スマートなおもてなし術

ホームパーティーへ手土産を持参するときの3つのポイント

日々の暮らしをもっと楽しむアイデアを公開中!
「インテリア研究所」

掃除や料理などの家事をもっと簡単に楽しくする方法はないかな 」「毎日使うリビングやキッチンを、行事に合わせていつもと違う使い方にできないかな 」など、日々の暮らしをもっと楽しむ方法をお探しでしょうか?

そんなあなたのために、分譲マンションを手がける会社が、いつもの暮らしをより楽しくするアイデアや、家事をスムーズに進めるひと工夫を集めた「インテリア研究所」をオープンしました。

「インテリア研究所」では、

  • 暮らしの研究家によるライフスタイルに合わせた暮らしのヒントや収納術
  • 掃除のプロ直伝!いつまでも住まいをキレイに保つためのメンテナンス方法
  • インテリアの専門家による100件を超えるコーディネートテクニック
  • 日本各地の素敵なインテリアショップの紹介

を学ぶことができます。

「インテリア研究所」を参考に、あなたのライフスタイルにあわせた素敵な生活を実現しましょう。


詳しく見てみる

この記事に関するキーワード

SNSで最新情報をチェック

暮らしを充実させるアイデアをお探しの方
インテリアやライフスタイル情報を多数掲載