今年のハロウィンはこれで決まり!親子でできる手作りアイデア12選

ハロウィンアイデア

2019年のハロウィン10月31日の木曜日です。
ハロウィンとは、もともとは秋の収穫を祝い、悪霊などを追い出す宗教的意味合いのある行事です。
日本でもいろんな場所でイベントがあったり、友達同士でパーティーや仮装を楽しんだりと盛り上がりますね。ハロウィンのメインはお菓子の交換や、仮装をしてパーティーをすることが多いようです。
とはいえ、毎年のことなので段々アイデアに困ってしまうという意見も。
ここではハロウィンに使える仮装の衣装のアイデアや、パーティー、ラッピングなど手軽に楽しめる簡単アイデアをご紹介します。

ハロウィンを盛り上げる♡イベントに使える仮装のアイデア

仮装のアイデア

最近ではハロウィンになると、仮装してイベントや友達同士のパーティーに参加する光景がよく見られます。かぼちゃや魔女、ゴーストなど、ハロウィンの空気をまとって仮装した子ども達は見ていてもとても可愛らしいものです。
仮装というとハードルが高く感じられるかもしれませんが、ちょっとした工夫でハロウィン風に変身できます。ハロウィンのテーマカラーを身に着けるだけでも雰囲気が盛り上がりそうですね。

[idea1]簡単カチューシャで定番の「魔法使い」

ハロウィンの仮装で毎年人気を集めるのが「魔法使い」や「魔女」です。お店や通販でも購入できますが、ちょっとした工夫をすればお家にあるもので魔法使いに変身できてしまいます。手作りで準備するのは赤いリボンつきのカチューシャのみ!

準備するもの

  • 赤いフェルト
  • カチューシャ(100円ショップや雑貨店で購入できます)
  • ボンド
  • 輪ゴム

作り方

  1. 赤いフェルトを端から2~3cmのところでカット。
  2. 大きい方のフェルトをジャバラに折る。
  3. ジャバラに折ったフェルトをその状態のまま、カチューシャに輪ゴムで固定。
  4. 小さい方のフェルトを適当な長さにカットしたら、[3]の輪ゴムが隠れるように巻きつけボンドで貼り付けて完成!

完成したカチューシャをつけて、大人用の黒いTシャツをダボっと着たら、お家にあるホウキを持ってみて。映画に出てくるような魔法使いになれちゃいます。

[idea2]オーバーオールがあればファニーなあのキャラクターになれちゃう!

2019年に一押しなのは、黄色くてファニーな表情が愛くるしいあのキャラクター!オーバーオール姿なので、子どもにぴったりの衣装です。準備するものは、黄色いパーカーや長袖Tシャツと青いオーバーオール、ゴーグル、黒い手袋だけ!どれも特別なものではないのでチャレンジしやすそうです。
黄色いパーカーやTシャツとオーバーオールを着たら、ゴーグルを装着して黒い手袋を。あっという間に大人気アニメのキャラクターに変身です。

[idea3]女の子向け仮装~しっぽをつけて「黒猫ちゃん」風の仮装に

黒猫仮装

大き目の黒いフェルトが1枚あれば、黒猫のしっぽが作れます。動物のコスチュームは子どもには大人気。幼児の黒猫姿も可愛いですし、これならお座りができる赤ちゃんからつけることができます。仮装をしたお兄ちゃん、お姉ちゃんの横に、ちょこんと黒猫の赤ちゃんが座った光景も、思わず写真を撮りたくなってしまいそうですね。

準備するもの

  • 大き目の黒いフェルト(100円ショップや手芸店で購入できます)
  • ボンド
  • 洗濯ばさみ
  • 輪ゴム

作り方

  1. 黒いフェルトを10cm程度に細長くカットする。
  2. フェルトの短い辺の方を2つに折る。
  3. 先っぽを輪ゴムでしっかりしばります。
  4. [3]をひっくり返す。
  5. 長い辺を1cm程度折り込みながらボンドで貼り合わせてできあがり。
    (このとき、くっつくまで洗濯ばさみでとめておくと便利)

できたしっぽをスカートのウエスト部分の内側に、安全ピンや縫って固定すれば可愛い黒猫ちゃんの衣装のできあがり!簡単なので子どもと工作をする感覚で一緒に楽しむのもおすすめです。

[idea4]男の子向け仮装~あっという間に定番の「ゴースト」に変身!

ゴースト仮装

手作りが苦手な大人にもおすすめなのが、定番の「ゴースト」の衣装。不要になった白いシーツや白いバスタオルが1枚あればできてしまいます。
準備するものは、白いシーツや白い大判のバスタオルです。作り方は簡単。白いシーツや白い大判バスタオルを子どもにかぶせ、目の部分が見えるように丸く穴をあけます。前面に黒いフェルトを目や口の形に切り抜いて貼り付ければ完成!

[idea5]フェイスペイントで楽しもう

フェイスペイント

可愛く仮装したらフェイスペインティングも楽しんでみましょう。初心者は目元にワンポイントでかぼちゃや国旗、ハートや星マークを描くと時間もかからず失敗しにくいですよ。
フェイスペイントに使う道具もいろいろ販売されています。水性のペンは落とすのが簡単なので小さな子どもには安心して使えるかもしれません。落としやすいのでやり直しもしやすく、初心者にはおすすめ。油性のペンは汗や水に強いのが特徴です。子どもの年齢などを考慮して目的にあったものを選んでみてください。難しく考えずに、大人がメイクをする感覚でやってあげればOK!

パーティーグッズアイデアで自宅をハロウィン風に飾り付け

飾り付けアイデア

ハロウィンの楽しみのひとつが友達同士で盛り上がるホームパーティーです。そんな時に使える雑貨や飾りがあるとより雰囲気も盛り上がりそう。ここでは、ハロウィンのホームパーティーで使える雑貨や飾りを紹介します。

[idea6]可愛いかぼちゃのお菓子入れでパーティーを楽しもう

ハロウィンといえば「トリックオアトリート!」と言いながらお菓子をもらう慣習があります。もらったお菓子を可愛いお菓子入れに入れて持ち歩けたら楽しいですね。
年に一回しか使わないものですし、ぜひ手作りに挑戦してみてください。おすすめは「かぼちゃのお菓子入れ」。画用紙や紙コップなどで作りますので、特別な材料は必要ありません。

準備するもの

  • オレンジ色の画用紙
  • 黒色の画用紙
  • 紙コップ
  • モール
  • 両面テープ

作り方

  1. 紙コップの両側に穴をあけ、モールを通して持ち手を作る。
  2. オレンジ色の画用紙を紙コップの高さに切ります。
  3. [2]を[1]にぐるっと一周巻き付ける。紙コップの高さより長いオレンジ色の画用紙を準備。
  4. [3]の上下に両面テープを貼り付ける。
  5. 上側の両面テープ部分を切ってしまわないように、[4]を2cm幅くらいにカットする。
  6. 切り離していない側の両面テープを紙コップの下側にぐるりと貼り付ける。
  7. 切り離した方側の両面テープを紙コップの上側に1本ずつたわませながら貼り付ける。
  8. 黒い画用紙を目と鼻、口の形に切る。
  9. [8]を[7]に貼り付けたら完成!

[idea7]お手軽ハロウィンのリース

ハロウィンのリース

玄関やドアに季節のリースが飾られていると、子ども達もわくわくしますよね。ハロウィンカラーやハロウィンの飾りを使って作るデザインのリースもとても素敵です。作り方は簡単で、材料も100円ショップや雑貨店で揃うものばかり。親子で一緒に手作りするのもハロウィンの楽しみの一つかもしれません。ぜひ挑戦してみてください。

準備するもの

  • リース土台(100円ショップや雑貨店で売られています)
  • お好きな造花
  • リボンや飾りなどの装飾品
  • ワイヤーやボンドなど接着に使うもの

作り方

基本はリースの土台につけていくだけです。ここではワイヤーやボンドを使って作っていますが、グルーガン(100円ショップなどで売られている接着する道具)があるととても便利。お家にある方は使ってみてください。
お好きな場所に好きな飾りをつけていくだけなのですが、複数造花をつけるときだけ位置に注意してください。大きい造花は下の方に、小さいものや軽い造花を上の方につけるとバランスがとれます。ハロウィンカラーの造花やかぼちゃなどのモチーフを使えば、少ない飾りでもシンプルなハロウィンのリースに。

[idea8]コウモリのストローマーカー

パーティーでドリンクを飲むのにストローを使います。そのストローも一工夫でハロウィン風に!
黒い画用紙をコウモリの形にカットして、ストローに貼り付けるだけです。かぼちゃやゴーストのデザインなども作り、グラスマーカーの代わりにすればたくさんの人が集まるパーティーでも人のコップと間違えてしまうこともありません。

[idea9]ハロウィンのキャラクターモビールでパーティーにひと工夫

ハロウィンモビール

天井からつるしておくモビールは、パーティーにぴったり。こちらもハロウィン風に手作りしてしまいましょう。
画用紙と紐だけでできるお手軽モビールです。オレンジ色、黒色、白色などの画用紙を切り抜いて、かぼちゃやコウモリ、おばけといったデザインの飾りを作ります。あとは作った飾りを間隔をおいて紐にくっつけるだけ。天井からつるしておくと、くるくると回ったり、揺れたりして面白いのでおすすめです!

[idea10]ハロウィンの簡単テーブルコーディネートアイデア

ハロウィンテーブルコーディネート

ハロウィンにパーティーをするなら、テーブルコーディネートもハロウィン仕様に。100円ショップや雑貨店で手軽に購入できる材料でつくる簡単テーブルコーディネートを紹介します。

<テーブルセンターにかぼちゃを並べて>

テーブルセンター

黒色や紫色のハロウィンカラーの布で、自宅のダイニングテーブルの真ん中にテーブルランナーのように布を敷きます。その上に等間隔でミニかぼちゃを並べるだけ。ミニかぼちゃは本物が手に入らなければ、100円ショップや雑貨店でプラスチック製のミニかぼちゃが売られていますので探してみてください。

<ハロウィン模様の紙皿や紙コップで>

大人数のパーティーなら食器類は使い捨て出来る紙皿や紙コップが便利。こちらも100円ショップや雑貨店でハロウィン仕様のものを見つけることができます。それだけでも雰囲気がアップ。ぜひ使ってみてください。

<お菓子で作ったナプキンリング>

パーティーに欠かせないナプキンですが、ハロウィン風のナプキンリングを作るとより素敵に!ここで紹介するのはリボンと個包装のキャンディーで作る、キャンディーのナプキンリングです。

準備するもの

・ハロウィンカラーのリボン
・個包装のキャンディー(キャンディー包みのもの)

作り方

  1. キャンディーとキャンディーをリボンで結びつないでいく。
  2. [1]を繰り返し、キャンディーのレイを作る。
  3. [2]をナプキンに巻き付けたら完成!

お花をプラスしてハロウィンのテーブルコーディネートをもっと華やかに。
ハロウィン仕様のフラワーアレンジメントをこちらの記事で紹介していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

10月のフラワーアレンジメント|子どもと一緒にハロウィンアレンジ!-花のある暮らし-

お友達にあげよう!ハロウィンの簡単ラッピングアイデア

ハロウィンラッピングアイデア

ハロウィンとは切っても切れない「お菓子」。トリックオアトリート!と言いながらお菓子交換をする子どもはとてもかわいいものです。せっかく友達にあげるお菓子、もらった側の気持ちがアップするようなラッピングならより嬉しいはず。お店で買ったお菓子もそのままではなく、簡単ラッピングで変身させてしまいましょう。パーティーに出しても喜ばれそう。

[idea11]簡単ジャックオーランタンで定番お菓子もハロウィン風に

ジャックオーランタン

ハロウィンといえば一番人気のキャラクターはジャックオーランタン。透明なラッピング袋にマジックでジャックオーランタンの顔を描いて、オレンジ色のスナック菓子を詰めるだけでハロウィン風のラッピングが完成!紫色のリボンやモールなどで袋の口を止めると、よりそれらしくなります♡

[idea12]可愛いコウモリラッピング

コウモリラッピング

紙コップと黒い画用紙、白いクレヨン、リボンがあれば、可愛いコウモリラッピングもできてしまいます。
作り方は簡単。まずは黒い画用紙を紙コップのサイズに切り、一周巻きます。黒い画用紙でコウモリの羽を作り、貼り付けます。最後に白いクレヨンで名前や顔を描けば完成!紙コップ部分に好きなお菓子を入れてくださいね。パーティーに出しても喜ばれそうです。

ハロウィンにぴったりなかぼちゃと紫芋を使った手作りのお菓子もおすすめです。
「ハロウィン風浮島」レシピは、こちらの記事も参考にしてくださいね。

大人の秋の食卓に。かぼちゃと紫芋の「ハロウィン風浮島」レシピ

まとめ

地域をあげてハロウィンを盛り上げている場所もあるようです。今年はどんなハロウィンイベントに参加しますか?
ちょっとしたアイデアで簡単仮装をしてみると、より気分もあがりそう!
オレンジ色や紫色、黒色など、ハロウィンカラーを取り入れた洋服を選んだり、かぼちゃモチーフのものをインテリアに取り入れたりするだけで違いますね。今年はぜひ親子で楽しんでみてください。

アルファジャーナルの「今読みたい記事」がメールで届く!

アルファジャーナルの今読みたい記事がメールで届く

会員登録で特典いろいろ

「アルファあなぶきStyle」に登録すると、見逃せない最新記事や、暮らしや住まいに関する記事がメルマガで届きます。また素敵なインテリアや雑貨が当たるプレゼント企画も。

今すぐ会員登録して、アルファジャーナルをもっと楽しもう!