ホームパーティーへ手土産を持参するときの3つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

クリスマスやハロウィーンパーティー、忘年会や新年会などで自宅に招待されたり、逆にお客様を招待したりするホームパーティーの開催が決まると、当日まで楽しみですよね。
そんなホームパーティーに招待された際は、手ぶらでお邪魔するのは気が引けるので何か手土産を持って行きたいところです。
この記事では、1章で持っていく手土産の注意点、2章でシーン別での手土産、3章で持って行くと良いお勧めの手土産の順でご紹介します。

1.持っていく手土産の、6つの注意点

手土産もいろいろあって何を持って行って良いか困りますが、この章では持っていくうえでの注意点をご紹介します。

  1. 自分だけの好みで持参するのはNG
  2. 場所を取るような大きいものやホストが準備しそうなものに関しては、前もってホストに連絡を入れておく
  3. 他の参加者と同じにものにならないように気を付ける(参加者間で何を持っていくかを確認しあうことができればより良いです)
  4. ホームパーティーの参加者全員で取り分けることができるものにする
  5. 料理を持ち寄ってのホームパーティー以外は、招いたホスト側が料理を準備することが多いので手作りの料理を極力避ける
  6. 手土産が残ってもいいように、ホームパーティー当日の賞味期限のものは避ける

大きなポイントとしてこの6点を抑えておきましょう。
また、ホームパーティーに持参する手土産の費用は2,000円~3,000円程度だとホスト側もそれほど気を使わずにすみますし、自分の懐にもちょうど良い額でしょう。
%e6%89%8b%e5%9c%9f%e7%94%a3

2.シーン別での手土産

この章では、シーン別に持っていくと喜ばれる手土産をご紹介します。

2-1.身近な友人とのホームパーティー

気心の知れた友人とのホームパーティーならば深く考える必要はありませんが、ホストの方へのねぎらいが考慮されたものだと招いた側もうれしいはず。
そのような理由からパンを一押しします。残ったとしても翌日、準備で疲れたホストの方が朝食としても食べることができますし、ワイン等のお酒にも合います。もちろん、お酒を飲まない方も食べられますので喜ばれる手土産のひとつです。

2-2.上司の自宅でのホームパーティー

通常ですと2,000円~3,000円程度の手土産が多いですが、上司の自宅へ招かれた場合は若干高めの4,000円~5,000円を目安に選ぶと良いでしょう。その際、持っていく物としては少し高級なハムやフルーツを持参するとホストの方からも喜ばれることでしょう。
また、参加者に年配の方が多いホームパーティーで、お酒を飲まれる方が参加される場合であれば、多少高価な日本酒を持参すると年配の参加者からも喜ばれます。

2-3.子供がメーンのホームパーティー

子供が大勢参加する子供がメーンのホームパーティーには、手土産としてキャラクターのクッキーやドーナツは子供が喜ぶのでお勧めです。それ以外にもフルーツや100%果汁のジュースは子供からも喜ばれる手土産でしょう。
また、子供が参加するパーティーでは、アレルギーに関して注意をすることが必要です。そういう理由から、選ぶ際には多少慎重になる必要があります。

2-4.各自、料理を持ち寄ってのホームパーティー

各自が、料理を持ち寄ってホームパーティーをする場合は、準備で忙しいホストの手を煩わせないように冷めてもいいような手料理を持っていくとよいでしょう。ピクルスやサラダだと持ち寄ってから温める必要もありませんのでそのまま提供できます。
また、ローストビーフなどメーンになりそうな手料理を持参しても喜ばれることでしょう。
%e3%83%86%e3%83%bc%e3%83%96%e3%83%ab%e4%b8%8a%e6%96%99%e7%90%86

 

3.持っていくと喜ばれるお勧めの手土産

1章と2章をふまえて、それ以外で持っていくと喜ばれる手土産を、大きく分けて5つご紹介します。

3-1.おつまみ

ホームパーティーではお酒を飲む機会が多くなります。そんなお酒に合うおつまみでしたら、お酒を飲む方はもちろん喜びますし、飲まない方でも食べやすいおつまみを持っていくと皆で取り分けることができます。
この章では、そんなおつまみになる手土産を4つご紹介します。

チーズ
数種類のチーズを取り混ぜたものなら、参加者で好みが分かれる場合でも臭いや味が違うので、チーズ嫌いな人以外、参加者全員が食べやすい手土産です。
ナッツ
種類もいろいろあり、日持ちもします。最近では健康志向の方でナッツを食べられる方も多くブームになっていますし、おつまみの定番でもあります。
ハム
そのまま食べることができますし、パンやクラッカーにのせて食べることができるので万人受けします。子供も喜ぶ一品です。
ドライフルーツ
上記のおつまみ同様に日持ちしますし、フルーツの自然な風味と甘みになっているので、甘いものが苦手な方でも食べやすいです。

%e3%83%8f%e3%83%a0

3-2.スイーツ

ホームパーティーでも食事が終わるとスイーツを食べたくなりますよね。また、お酒と一緒に食べる方も多いのでおつまみになる方もいるのではないでしょうか。
この章では、ホームパーティーに合うスイーツをご紹介します。

ケーキ
カットする必要があるホールケーキよりは、小分けになっている数種類のケーキを取り混ぜたほうがいいでしょう。各々の好みもあるので種類が分かれているほうがみんなで食べやすいでしょう。
チョコレート
最近では、甘すぎないチョコレートもあるので、甘いものが苦手な方でも大丈夫ですし、スイーツとしてだけではなく、おつまみにもなります。
アイス
ホストの家に子供がいる場合は、非常に喜ばれます。
ただ、ホストの冷凍室で保管が必要なので、前もってお土産として持っていく旨を伝えておくとよいでしょう。
フルーツ
手土産で持って行ってもそのまま食べられることが多いのでホストはあまり手間をかけることもありませんし、参加者の好き嫌いも少ないでしょう。季節に合わせたフルーツを持っていくと良いでしょう。

%e3%83%95%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%84

3-3.お酒やノンアルコール飲料

ホームパーティーでお酒は外すことができませんよね。特にお酒を飲む方が多いホームパーティーの場合は、飲むことのできるお酒の種類が多いと参加者からも喜ばれます。
この章では、お酒についてご紹介します。

ワイン
ワインは種類も多いので、ほかの参加者と同じワインを持参することも少なくなりますし、あまった場合は、後日料理にも使うことができます。
スパークリング
ワインでは、ちょっと重いかなというときに重宝します。スパークリングワインや発泡性のある日本酒はアルコール度数も低いので女性にも飲みやすいものが多いです。
ビール
男性が多い場合は、とりあえずビールから飲み始めるという方も多く、足りなくなったりすること考えられるので持参することでホストの方が困ることはないでしょう。
ノンアルコール飲料
お酒を飲まない方も参加されることも予想されます。お酒を飲まない方にも配慮してノンアルコール飲料を持参すると喜ばれます。

%e3%81%8a%e9%85%92

3-4.ジュース・紅茶・コーヒー

ホームパーティーの最後は、ソフトドリンクや温かい飲み物でゆっくりしながら会話を楽しみながら時間を過ごすことも少なくありません。そんな時に、ジュース、紅茶、コーヒーですと皆さん飲むことのできます。

ジュース
お酒を飲まない方でもジュースならば飲むことができます。子供がいる場合でも、飲むことができる手土産です。
紅茶、コーヒー
パーティーの終わりには、紅茶やコーヒーで終わる場合がありますのでホストからも喜ばれます。日持ちもしますので、当日使わない場合でも大丈夫です。
紅茶やコーヒー以外でもハーブティーなどは女性に好まれる手土産ではないでしょうか。

%e3%82%b8%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%82%b9

3-5.花

ホームパーティへの手土産は、食べるものや飲むものではなくとも、飾ることのできる花や鉢植えを持っていても喜ばれます。どのような花を持っていくべきかをご紹介します。

花束だと当日のバタバタしている中でホストが花瓶に入れる手間が必要になるので避けたほうがいいでしょう。プリザーブドフラワーや鉢植えだとそのまま飾っておくことができるので、ホストに手間をかけさせることもありませんし、長い間飾っておくことができます。

%e3%82%b8%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%82%b9

まとめ

以上のように、持って行く手土産はみんなで取り分けることができるもので、ホストがもらっても困らないものを選ぶ必要があります。どのような方が参加するかを考えて金額も決めたほうがいいでしょう。そして、ホームパーティーが開かれる季節に合わせた手土産を持参するとさらに喜ばれます。また、手土産は口に入れるものが多いので参加者のアレルギーにも注意をして持参するようにしましょう。

持っていく手土産でホームパーティーがより一層盛り上がると良いですね。

アルファジャーナルでは、「ホームパーティー」や「おうちごはん」を題材にした記事もありますので合わせて参考にしてみてください。

ホームパーティー成功の秘訣は「段取り」スマートなおもてなし術
初心者でも大丈夫!今日から始める簡単☆おうちごはん

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

日々の暮らしをもっと楽しむアイデアを公開中!
「インテリア研究所」

掃除や料理などの家事をもっと簡単に楽しくする方法はないかな 」「毎日使うリビングやキッチンを、行事に合わせていつもと違う使い方にできないかな 」など、日々の暮らしをもっと楽しむ方法をお探しでしょうか?

そんなあなたのために、分譲マンションを手がける会社が、いつもの暮らしをより楽しくするアイデアや、家事をスムーズに進めるひと工夫を集めた「インテリア研究所」をオープンしました。

「インテリア研究所」では、

  • 暮らしの研究家によるライフスタイルに合わせた暮らしのヒントや収納術
  • 掃除のプロ直伝!いつまでも住まいをキレイに保つためのメンテナンス方法
  • インテリアの専門家による100件を超えるコーディネートテクニック
  • 日本各地の素敵なインテリアショップの紹介

を学ぶことができます。

「インテリア研究所」を参考に、あなたのライフスタイルにあわせた素敵な生活を送りましょう。


詳しく見てみる

この記事に関するキーワード

SNSで最新情報をチェック