くつろげる和の空間を!和室の照明の選び方と組み合わせ方

日本人ならだれもが癒される、日本古来のお部屋の形式和室。

現在は洋室のお部屋が主流になりつつも、やっぱり畳みのお部屋はどこか安心する落ち着く雰囲気がありますよね。そんな和室にどんな照明を選ぼうか悩まれる方もいらっしゃるのではないでしょうか?せっかく畳みの和室に照明をつけるなら和室ならではの雰囲気に合う照明を選びたいですよね。和室を生活の中心として、または客間として、あるときは寝室にと和室の使い方は人それぞれで多目的に活用できます。和室の雰囲気に合った照明を選んで、自分スタイルの“和”の空間を作って頂けると幸いです。

1.和室の照明はどんなタイプがある?

照明の種類と言えば皆さまご存知だと思いますが、和室に限らず一般的なもので3種類あります。シーリングライト、ペンダントライト、置き型タイプ。この照明を和室に合う和風のものにするだけで印象は変わります。

和風シーリングライト

天井にある引っ掛けシーリングにセットしてカバーを被せるタイプで一般的に知られている照明です。高い位置からお部屋全体を明るくしてくれます。木材で周りを装飾してある和室に合うデザインの物を選んで、お部屋と統一感を持たせるとより和の空間を演出できます。

和風ペンダントライト

天井から吊り下げるタイプの照明で、シーリングライトよりももっとおしゃれな照明を取り付けたいそんな方にはペンダントライトがオススメです。今は和室にも合う現代風なペンダントライトが増えましたし、天井からつるすだけで和室のシンボルになります。デザインもさまざまなのでお部屋の雰囲気に合わせて選べるところも魅力です。また見ているだけでも落ち着くシルエットなので、間接照明として使用しても良いですね。忙しい毎日にちょっとした癒しを与えてくれるアイテムにもなりますよ。

置き型間接照明

シーリングライトのような明るさも必要ですが、和室でリラックスしたいときやもう少し雰囲気を楽しみたい!そんな時には置き型のフロアスタンドがオススメです。基本的に和室は床に座って過ごす事が多い空間。低い位置からフロアスタンドで照らすと、安らぎや落ち着いた雰囲気を与えてくれます。また、小さいものから大きいものまで様々なデザインがあるのでインテリアとして置いているだけでもおしゃれに演出できます。

2.和室の用途で照明を選ぶ

和室は家庭によって使い方も様々だと思います。快適に過ごせるように和室をどのように使うかを考えることも大切です。

・居間として

居間として使われる場合、特に高齢者の方は1日を通して和室で過ごす時間が長かったり、小さなお子様がいらっしゃるご家庭ではお子様の遊び場として和室を使う場合もあるでしょう。そんな時はシーリングライトがすっきりとした印象になりますし、リモコン1つで光の量・色を調整できる調光・調色機能がついているのでその時々に応じて使い分けができます。

・客間として

親戚や友人が来るときだけの客間として和室を使う場合は、“和”を意識した和紙製のペンダントライトをオススメします。和室をオシャレにリラックスできる落ち着いた雰囲気が出せると、たくさんの親戚や友人を呼びたくなりますよ。

3.和室と照明の組み合わせ方

<和室×ペンダントライト>

丸い和紙製のペンダントライトを吊るす事で、和室がかわいらしく柔らかい雰囲気になります。またペンダントライトは高さを調整できるような物を選ぶ事で、天井に高い位置に設置するとお部屋がすっきりとした印象になりますし、低く設置するとインテリアとしても成り立ちます。

 

木製のペンダントライトは和室のお部屋をより和風に仕上げることができます。趣味のお部屋やお茶会に使ってもより一層雰囲気がでます。ただしペンダントライトを取付ける時は強度の関係もありますので取付けるペンダントライトの重量等には十分注意して下さい。

 

<和室×フロアスタンド>

フロアスタンドはその場を照らしてくれるので、まぶし過ぎない優しい光がリラックスできる穏やかな空間を作ってくれます。

<和室×ダウンライト×スタンドライト>

天井に照明を埋め込んでいる為、天井がすっきりと演出できます。また一緒に小さめのスタンドライトを設置することで、ダウンライトでお部屋全体を照らし、スタンドライトで部分的な光ができます。読書をしたり、趣味のお部屋や寝室として使用しても良いですね。ダウンライトを設置する時はマンションでは建設中に施工業者に依頼する事で設置してもらえます。注意点としてお部屋に梁等がある時は梁の関係で設置できない場合もありますので設置には十分な打合せが必要です。

3.お部屋に合った電球を設置する

和室は、何か作業をする空間というよりも居間や客間または寝室として使うなど、くつろぎの空間として使用している方が多いと思います。その場合は白っぽい蛍光灯を使うよりも、演出的な効果のある白熱球のほうが和室の空間をより魅力的に見せる事ができます。ただ、白熱球は熱を持つ為、灯りがあたる対象物も熱くなってしまうというデメリットがあります。

そこでオススメしたいのが省エネでもあるLED照明です。LED照明は白熱球と似たような柔らかくあたたかい光源を持っている上に、熱がこもりません。また、寿命が長くて省エネであると言われているので経済的にもオススメです。

4.まとめ

お部屋につける照明1つで雰囲気は変わります。特に和室のお部屋は和風のものにすることで、純和風のものになります。和室でどのように過ごすのかを考えて自分スタイルの和室を作ってみてくださいね。

インテリアコーディネートの方法で
お悩みですか?

自分の家に合うインテリアを購入したいけれど、いつも悩むのが、買った家具をどうやって配置すれば良いのかそもそもどんなインテリアを選べば良いのか ということですよね。

また、日々使う場所だけに、収納やコーディネート方法がわからなくなってしまいがちなキッチンやバルコニー、和室を「もっと上手に活用する方法があれば良いのに」 そんなお悩みを抱えていませんか?

そこで役に立つのが、あなたの理想のコーディネートを実現する「インテリア研究所」。分譲マンションを手がける会社が、マンションの限られた空間を有効活用してもらうためのノウハウを集めました。

「インテリア研究所」では、

  • インテリアの専門家による100件を超えるコーディネートテクニック
  • 暮らしの研究家による収納術や暮らしを楽しくするためのヒント
  • 掃除のプロ直伝!いつまでも住まいをキレイに保つためのメンテナンス方法
  • 日本各地の素敵なインテリアショップの紹介

を学ぶことができます。

住まいとインテリアについてのお悩みは「インテリア研究所」で解決。
素敵な住まい作りを目指しましょう!


詳しく見てみる

この記事に関するキーワード

SNSで最新情報をチェック

暮らしを充実させるアイデアをお探しの方
インテリアやライフスタイル情報を多数掲載