トイレ収納が少なくても大丈夫!簡単に収納上手になるコツ教えます

トイレ内の収納スペースが足りなくて、ものが片付かない。
収納棚を付けたいけど賃貸だから壁に穴を開けられないし、かといって、そのまま床に置いておくのも気が引ける。
そんなお悩みを持つ方は多いのではないでしょうか?
トイレは毎日使う場所であり、来客時にはお客様も使うことから、スッキリきれいに片付けておきたい場所。しかし大抵の住宅ではトイレは最も小さなスペースになることが多く、結果として収納スペースも限られてしまいます。一方で、予備のトイレットペーパーや洗剤をはじめとして、置いておきたい小物が多い場所でもありますね。

そこで今回は、トイレ内の収納が少ない場合でもキレイに収納するコツを、実例を交えてご紹介いたします。トイレをきれいに保つには、なるべく生活感を出さずに収納することが鍵。ぜひコツを掴んで実践してみてください。

【収納するもの別】トイレで見た目よくすっきり収納するための4つのポイント

1.トイレ内には必要最低限のものだけを置く

最もきれいに保つ方法は何も置かないことですが、そうすると日常に不便が生じます。使用頻度を考え、常に必要なものだけを置くようにしましょう。

掃除用品

トイレブラシや洗剤、トイレクリーナーシート、消臭スプレーなど、定期的に使うもののみを置きます。流せるトイレブラシを使う場合は、替えのブラシを2,3個程度一緒に入れておきましょう。
掃除用具はボックスに入れてまとめてると、きれいに収まり掃除もしやすくなります。

左からゴミ袋の替え、消臭スプレー、トイレ用洗剤、トイレクリーナーシート
左からゴミ袋の替え、消臭スプレー、トイレ用洗剤、トイレクリーナーシート

トイレットペーパー

予備のトイレットペーパー1~3個を置きます。衛生面に配慮して、床や埃が溜まりやすい位置には置かないようにしましょう。

女性用品

昼用・夜用など、用途別に各2,3枚ずつ紙袋やボックスに入れておきましょう。

2.トイレ内に収まらないストック類は、トイレ近くの収納スペースに入れる

トイレ内に収まらないアイテムは、トイレに近い廊下収納やクローゼット、洗面化粧台の収納スペースに置いてしまいましょう。

掃除用品

使う頻度が少ないトイレ用漂白剤やスタンプクリーナー、詰まった時に使うラバーカップなど

トイレットペーパー・女性用品

予備以外のストック分

3.シンプルな箱や容器に入れ替える

掃除用品

生活感の出やすいラベルの付いた洗剤やクリーナーシートはシンプルな容器に入れ替えましょう。また容器は統一感が出るように同じ色でそろえましょう。

洗剤はシンプルな容器に入れ替える

トイレットペーパー

中が見えるかごやボックスに入れると良いです。来客が困らないように目につくところに置きましょう。

女性用品

紙袋や箱など、中身が見えないものに入れます。

ショップバッグに印刷したイラストを貼っています。太陽のマークには女性用品の昼用を、月にマークには女性用品の夜用が入っています。簡単にできて生活感も出ないので、お気に入りの袋に入れて収納してください。

収納に余裕がある場合は、同じサイズのボックスを複数使うことで、積み重ねやすく、より整理しやすくなります。

4.トイレブラシやゴミ箱は、なるべくコンパクトなものにする

収納の少なさ、スペースの狭さをカバーするために、トイレ内に置くものはなるべくコンパクトにしましょう。

トイレブラシとゴミ箱がセットになったものを使うと、省スペースで収納可能

たとえばトイレブラシとゴミ箱がセットになったものを使うと、省スペースで収納可能になります。

【トイレに収納スペースがない人向け】トイレ収納アイデア8選

紹介する収納方法には、壁に小さな穴(画びょうやホッチキスを利用して)を開けて収納するアイデアもありますが、賃貸契約の条件等によってはできない場合もあります。ご注意ください。

1.手軽に設置できる!トイレットペーパーホルダーラック

最も手軽なのは、工具なしでも取り付けられるトイレットペーパーホルダーラックです。予備のトイレットペーパーをスッキリ収納することができる上に、小さな棚ができるのは便利ですね。

インテリアショップのほか、100円ショップでも似た商品の取扱いがあるようです。

2.掃除が楽になる!キャスター付きワゴン収納

壁面に収納スペースを取れない場合は、足元のスペースを利用しましょう。キャスター付きワゴンに収納すると掃除が楽になります。

1段目には予備のトイレットペーパーと芳香剤、消臭スプレー
2段目には女性用品を入れたボックスとトイレ洗剤
3段目にはトイレクリーナーシートとゴミ袋を収納しています。

用意するもの 収納棚セット(プラスチック棚×3個、ジョイント部品×8個、キャスター×4個)
制作時間 5分(組み立て時間)
費用 500円(雑貨店で購入/参考価格)
サイズ 幅40.5×奥行き20×高さ47(cm)
手軽度 ★★★★☆
設置したときの安定性 置き型のため安定性あり。必要なものは収納できる。

3.省スペースで一括収納できる置き型収納

さらに扉付きの収納を利用すれば、生活感が出にくくすっきり片付きます。

上から消臭スプレー
予備のトイレットペーパー3個
トイレクリーナーシート
ゴミ袋の替えとトイレ用洗剤(扉の中)を収納しています。

用意するもの トイレ収納棚、ドライバー
制作時間 30分(組み立て時間)
費用 2,700円(ホームセンターで購入/参考価格)
サイズ 幅15.5×奥行き20.5×高さ80(cm)
手軽度 ★★☆☆☆
設置したときの安定性 置き型のため安定性あり。必要なものは収納できる。

4.たった500円!つっぱり棒と専用棚で作る収納スペース

トイレ内が狭く小さな収納棚すら置きづらい場合は、つっぱり棒と専用の棚を使って収納棚を作ってしまいましょう。棚には床や壁の色に合わせたリメイクシートを貼って、全体の雰囲気に馴染ませるとスッキリ見えます。

左のかごには予備分のトイレットペーパー、右のかごには掃除用品を収納、右端の蓋つきの箱には女性用品を収納しています。棚・つっぱり棒の耐荷重性に注意して、置くものは必要最低限にしましょう。

用意するもの つっぱり棒×2本、つっぱり棒用の棚×2個、リメイクシート
制作時間 15分
費用 500円(100円ショップで購入)
サイズ 幅79×奥行き25(cm)※幅はトイレ内の広さにより変わります
手軽度 ★★★☆☆
設置したときの安定性 必要最低限のものを置く分には問題なし。重さを均等になるように置くことがコツ。

5.狭い場所でも設置可能!つっぱり棒と専用トレーで収納作り

小さな収納棚を置くスペースがなく、さらに、つっぱり棒で棚を設置するだけのスペースもない場合には、ポールに引っかけるだけのトレーを使って収納スペースを作りましょう。
この方法なら、つっぱり棒を1本かけるだけのスペースがあれば設置できます。

(設置例)左から、トイレットペーパー、芳香剤、トイレ用洗剤

用意するもの つっぱり棒×1本、つっぱり棒のトレー×1個
制作時間 2分(設置する時間)
費用 2,500円(ホームセンターで購入/参考価格)
サイズ 幅36×奥行き12.5×高さ26.5(cm)
手軽度 ★★★★☆
設置したときの安定性 今回使用したつっぱり棒は耐荷重12kgなので安定性あり。重さを均等になるように置くことがコツ。

6.つっぱり棒を利用する壁面がない場合でも安心!床と天井の間を利用した収納作り

室内に柱を作れる「ディアウォール®」を使って、棚を作りましょう。

壁や天井に穴を開けることなく設置できるので、賃貸住宅でもしっかりした収納スペースを確保できます。

左上段:トイレクリーナーシート、トイレ用洗剤、芳香剤、消臭スプレー/下段:予備のトイレットペーパー、女性用品(2箱)
右上段:トイレ用洗剤、消臭スプレー、女性用品を入れたボックス(2箱)/下段:予備のトイレットペーパー、芳香剤
用意するもの 2×4材(8F)×2本、2×4材(3F)×1本
ディアウォール®棚受け×2セット
ディアウォール®、ドライバー
制作時間 45分
費用 4,200円(ホームセンターで購入)
※棚の段数の増減により費用は変わります
サイズ 幅52.5×奥行き10×高さ220(cm)
※幅は好みやスペースのサイズで、高さは天井高によって変わります
手軽度 ★★☆☆☆
設置したときの安定性 トイレの天井高に合わせて設置するので安定性抜群。

木材を運ぶのが大変な方や作ることが苦手な人は、完成済みの商品を設置するのも良いでしょう。

7.1分で完成!画びょうで棚を付ける収納作り

必要最低限のものさえ収納できれば良い、という方にはこちらをオススメ。画びょう2つで小さな棚を作る方法です。

(設置例)左から、予備のトイレットペーパー、芳香剤、トイレ用洗剤

このサイズの棚ですと、トイレットペーパー・トイレ用洗剤・トイレクリーナーシートという組み合わせも載せられます。

用意するもの 棚、画びょう×2つ
制作時間 1分
費用 300円(300円ショップで購入)
サイズ 幅36×奥行き7(cm)
手軽度 ★★★★★
設置したときの安定性 必要最低限のものを置く分には問題なし。重さを均等になるように置くことがコツ。

8.壁の傷が目立たずに本格的な棚を設置できる!ホッチキスで収納作り

棚をつくることが面倒だったり、より手軽に棚を作りたい時には、ホッチキス針で固定できる棚がおすすめです。賃貸住宅でもホッチキス針の穴程度であれば傷も目立ちません。専用の錆びにくい針を使いましょう。

(設置例)左から予備のトイレットペーパーとトイレクリーナーシート、芳香剤、消臭スプレー、洗剤

用意するもの 石膏ボード用固定金具、棚、ホッチキス針
制作時間 15分
費用 3,200円(ホームセンターで購入/参考価格)
所要スペース 幅44×奥行き12(cm)
手軽度 ★★★☆☆
設置したときの安定性 今回使用した固定金具は耐荷重12kgだったので安定性あり
※固定金具や棚の種類によって耐荷重が変わります。目的に合ったものを選びましょう

棚を付ける際の注意点

市販されている棚の取付け器具は石膏ボード用の商品がほとんどです。棚を取り付ける際は壁の下地が石膏ボードであるか確認しましょう。
確認するには、壁に画びょうを刺してみます。画びょうの先に白い粉が付いていれば、石膏ボード用の商品を取り付けることができます。

【トイレに既に棚など収納スペースがある人向け】トイレ収納アイデア2選

1.ボックスを使った収納

収納するものを項目別に箱を分けて収納しましょう。掃除用品、予備のトイレットペーパー、女性用品など項目ごと分けて入れることで、取り出しやすくなります。また収納できる量が限られるのでストックも管理しやすくなります。

(収納例)左から、芳香剤、予備のトイレットペーパーを収納したボックス、女性用品を収納したボックス(2箱)、掃除用品をまとめて収納したボックス

キレイに見せるためのポイント

ボックスは同じ色のものに揃えましょう。スッキリ見えます。

2.ショップバッグを使った収納

ショップバッグを利用した収納方法もおすすめです。家にあるもので手軽に収納が出来ます。また、万が一汚れた場合でも新しいものに変えやすいため便利です。柄や袋の大きさなど自分のお好みのものを使って収納しましょう。

(収納例)左から、予備のトイレットペーパー6個を収納した紙袋、女性用品を収納したボックス(2箱)、掃除用品をまとめて収納したボックス

キレイに見せるためのポイント

トイレ小物や壁紙の色と同じ色の紙袋を使いましょう。スッキリ見えます。

使い勝手良くするためのポイント

手前に頻繁に使うものを置きましょう。特に棚が2段になっていたり奥行きがある場合は、手の届きやすいところに優先して収納します。

(上段)ストック分のトイレットペーパー、ストック分の掃除用品
(下段)女性用品を収納したボックス(2箱)、掃除用品をまとめて収納したボックス、予備のトイレットペーパー

まとめ

収納スペースが限られていても、収納するものを最小限におさえることで生活感の少ない空間を作ることができます。また賃貸住宅などで壁に傷を付けられない場合でも、収納を増やす方法はいくつかあります。
ぜひ、ご自身のお好みの方法を試してみてください。トイレ収納上手になって、自慢のトイレを作りましょう。

アルファジャーナルの「今読みたい記事」がメールで届く!

アルファジャーナルの今読みたい記事がメールで届く

会員登録で特典いろいろ

「アルファあなぶきStyle」に登録すると、見逃せない最新記事や、暮らしや住まいに関する記事がメルマガで届きます。また素敵なインテリアや雑貨が当たるプレゼント企画も。

今すぐ会員登録して、アルファジャーナルをもっと楽しもう!