誰でもできる!すっきり片付いて使いやすいキッチン収納のすすめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

毎日使う場所だからこそ、キッチンは使い勝手が良く、整理整頓していたいですよね。
でも実際は、「整理をしようと思っても、つい先延ばししてしまう。」「せっかく整理したのにあっという間に元のキッチンに戻ってしまった。」なんてことが多いのではないでしょうか?

まさに私がその1人。片付かないキッチンのせいで、料理へのストレスが倍増してしまいます。思いつきで買った収納グッズが使えず、ゴミとなることもしばしば。

それでも、整理整頓されたキッチンを諦めきれない私は、片づけやすいキッチン収納術を実践してみました。
ここでは片づけ苦手な私でも簡単にできるキッチン収納術をご紹介します。

1.まずは事前準備

整理整頓しやすいキッチンを実現するには「事前準備」が重要です。

事前準備では
  [1]収納位置を決める
  [2]収納の大きさを測る   の2つを行っていきます。

1-1どこに何を収納するのかを決める

料理の作業に合わせてツールが収納されているとストレスなく家事が進みますね。
キッチンの形はそれぞれ違いますが、収納場所を大きく

  •  シンク下
    作業台下
  • コンロ下
  • キッチンボード(上部)
  • キッチンボード(下部)  の5つに分けて考えてみます。

この5つの位置にどんなものを収納していくか、一か所ずつ考えてみましょう。

【シンク下】
排水管が通っているため、湿気が気になる場所。
汚れがちなシンク周りを掃除する洗剤や掃除グッズを置くと使いやすいですね。

シンク下にある収納
シンク下にある収納


【作業台の下】
シンクとコンロの間に位置するこの場所には、キッチンツールを収納するのがおすすめ。
キッチンツールといっても、種類が多く大きさもバラバラなので収納の大きさとグッズのサイズを見ながら収納場所を決めましょう。

カウンター下の引き出し

 

【コンロ下】
この位置は、大きくて高さがある収納が多いのでは大きくて場所を取る鍋やケトルを置くのにぴったり。
その他、高さがあるお醤油やオイルなどのビン類を置くのもおすすめです。

コンロ下の収納
コンロ下の収納


【キッチンボード(上部)】
ここにはもちろんお皿を置きたいですね。
手が届きにくい上の方は、取っ手がついた収納を使うと取り出しやすくなります。
あまり使わないお皿やコップを置く場合も箱やケースに入れた方が取り出しやすいですね。

kitchenboard1


【キッチンボード(下部)】
意外と量が多いストック食材はこの位置に。
一番下の位置には、重さがある土鍋やホットプレートを置くといいですね。

kitchenboard2

1-2収納のサイズを測る

大まかに何を収納するかと決めたら、ツールごとに置き場所を作ってあげると片付いた状態を維持しやすくなります。特に引き出しの中は、市販の収納ケースを使って細かく仕切ると収納がしやすくなり、また片づけもしやすくなります。

ただ、やみくもに収納ケースを買うと上手く入らなかったり、無駄なスペースができたりしまうことも。
事前に、キッチンの収納の大きさを測ってから収納ケースを準備しましょう。測る際には、横幅や奥行だけでなく、高さにも注意が必要。きちんと引き出しが収まる高さを測らないといけません。

2.すっきり片付いて使いやすい!簡単収納ワザ14選

ここでは、整理整頓されたキッチンが続く、使いやすく片づけやすい収納ワザをご紹介します。

2-1大活躍!A4ファイルボックス

セリアで購入したA4ファイルボックス

キッチンでも大活躍する収納ケースが【A4ファイルボックス】100円ショップでも売られています。
洗剤や掃除グッズ、ラップや保存用袋など用途に合わせて収納するのに便利!スペースをとるキッチンペーパーのストックもぴったり収まります。

【右写真はセリアで購入したA4ファイルボックス】
 縦33.0cm×横12.5cm×高さ23.5cm

 

 

シンク下での収納例
シンク下での収納例
鍋の収納例
鍋の収納例

ファイルホルダーは鍋の収納にも使えます。
鍋を重ねて収納すると取り出しにくくて、ストレスになりますね。
使う頻度の高い鍋は、A4のファイルボックスにいれるとすっきり片付きます。

2-2ファスナー付ケース

コンビニでもらった割り箸や宅配ピザのチラシなど、取っておきたいけど邪魔になるものを片づけるのに役立つのが、【ファスナー付ケース】 です。

pizzapaper

デリバリーのチラシ類はまとめて。

 

paperdish1

大人数のホームパーティー時にあったら便利な紙皿などもケースに入れると衛生的にも安心。
ピクニックに行くときには、ケースごと持っていけます。

 

paperdish2
封を開けてしまうと散らばりがちなストローなども、ケースに入れてしまうと片付きます。

sink4

ケースに入れたものは、ファイルボックスに並べるとすっきり片付きます。

2-3お掃除グッズはプラスティックのキャニスターに入れて

sponge2
セリアのプラスティック容器

買い置きしている食器洗い用のスポンジやメラミンスポンジ、重曹・クエン酸などのお掃除用品は統一したキャニスターに入れると片付きます。
透明なキャニスターにカラフルなものを入れると華やかになりますね。

 

sponge

 

  

 

 

 

 

2-4お弁当グッズは整理ボックスに入れると取り出しやすい!

整理ボックス(ダイソーで購入)
整理ボックス(ダイソーで購入)

最近は安くてかわいいお弁当グッズがたくさんありますね。
あっという間に増えてしまうお弁当グッズも、『引き出し用整理ボックス』を使うと片付きます。
お弁当を作る際も、ボックスごと取り出して使えます。

 

取り出しにくいピック類は、メラミンスポンジに刺すと使いやすくなります。

DSC_0073

 

 

 

 

 

 

2-5ボトルの調味料はケースに入れると掃除しやすい!

oil
お醤油やオイルなどの調味料は使っていくとビンが汚れて、
気づいたときには「輪ジミができていた…」ということがあります。
こんなときはケースに入れておくと掃除がしやすいですね。
コンロ下に置くと調理中に使いやすいのでおすすめです。

 

 

 

 

2-6場所を取るキッチングッズは立ててから収納

イケアで購入したキッチン用品セット
イケアで購入したキッチン用品セット

味噌こしやマッシャ―、泡だて器は、引き出しに収納するとかさ張りますし、他のツールを取り出すときに邪魔になりますよね。

 

そんな場所を取るキッチングッズは立てて収納するとすっきり片付いて見えますし、取り出しやすくもなります。
使うときにはケースごと取り出しておくと、調理しやすいですね。

海外のキッチングッズはおしゃれですが、サイズが大きくて収納がしづらい面も。海外製はこのように立てて収納した方が良さそうです。

 

 

2-7タオルホルダーを使って鍋ふたを収納

doorback

収納の扉に市販のタオルホルダーを取り付けると、鍋ふたホルダーになります。
タオルホルダーは、ネジや吸盤ではなく「粘着テープ」で取り付けられるタイプを。
ホームセンターなどで600円前後で販売されています。長さが調節できるタイプもありますよ。

2-8毎日使うお茶碗類、意外と多い小鉢類はバスケットに入れて収納

毎食使うお茶碗やお椀は、1つのバスケットに入れて収納すると取り出しやすいし配膳がしやすくなります。お箸も一緒に入れるといいですね!
また、小鉢や湯飲み類は奥行のあるキッチンボードでは取り出しにくいものですが、これらもバスケットに入れると取り出しやすくなります。
バスケットに入れると、キッチンボードの見ためもすっきり片付いて見えますよ。

dailydish
ラタン素材のバスケット(ニトリで購入)

 

2-9ワイヤーネットで扉ウラを活用

セリアのワイヤーネットを組み合わせ
セリアのワイヤーネットを組み合わせ

キッチンボードの扉ウラにワイヤーネットを組み合わせて市販のフックで扉のウラに
取り付けると収納になります。
お料理本をお持ちの方にはおすすめです。
ランチョンマットなどのクロス類を丸めて収納もできますよ。

wirenet2

 

 

 

 

 

 

2-10調味料は容器を入れ替えよう

 

面倒かもしれませんが、調味料は統一した容器に入れ替えるだけでも
すっきり片付いて見えます。
賞味期限が気になる方は、マスキングテープに書いて貼っておくといいですね。

 

 

 

 

2-11お気に入りのペーパーナプキンを活用

DSC_0068かわいいペーペーナプキン。おもわず買ってしまったけど意外と使い道がない…。
そんなことはありませんか?かわいいペーパーナプキンは、カトラリーに敷くと気分も上がります。
安いペーパーナプキンなので、気分転換で取り替えることもできますよ。

 

 

 

2-12ラベルをつける

DSC_0104
イケアのラベルシール

容器を入れ替えたら、中身が分かるようにラベルをつけましょう。
ラベルはネットやホームセンターでも売られています。
自分好みのラベルをつけると、それだけおしゃれに見えて嬉しくなっちゃいますよ!
「欲しいときに品切れ…」ってことがないように、ラベルを購入するときには、最初から多めに買っておきましょう。

「もっと自分好みのラベルにしたい!」という方はインターネットでラベルが作れます。
無料のダウンロードプレートもたくさんありますので、意外と簡単にできます。
『ラベルシール』で検索すると、たくさんのラベルが出てきますよ。
ぜひお好みのラベルを探してみてください。

 

2-13コルクシートでメモは見えない所へ

doorback(cork)
スーパーでもらったレシピや子供のお便りなど、ついメモをキッチン内に貼っている方も多いのでは。実用的ですが、一気に生活感が出てしまいますね。

キッチンボードの扉ウラにコルクシートを付ければ、メモを貼るボードになります。
普段は扉を閉じていますので、生活感も出ません。

ぶ厚いコルクシートを選べば、計量スプーンなどのツールをかけることもできますよ。

コルクシートは100円ショップのDIYコーナーなどに置かれています。

 

 

2-14キッチングッズは色を統一しよう

最近では、キッチングッズのカラーバリエーションも豊富になってきましたね。
カラフルなグッズを見ると目移りしてしまいますが、すっきりしたキッチンを目指すならカラーは統一しましょう。
特に「白」に統一するとキッチンの中が片付いて見えますし、収納グッズも揃えやすいですよ。

kitchenboard1

3.まとめ

ここでは、誰でも簡単にできる収納ワザをご紹介しました。
まずは、理想のキッチンの全体的なイメージをしっかり持つことが最初の一歩となります。
また、定期的に収納の中を点検して不要な物を処分していくことも重要です。
毎日使うキッチン。自分好みの空間にして、楽しんで料理ができるようにしたいですね!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

日々の暮らしをもっと楽しむアイデアを公開中!
「インテリア研究所」

掃除や料理などの家事をもっと簡単に楽しくする方法はないかな 」「毎日使うリビングやキッチンを、行事に合わせていつもと違う使い方にできないかな 」など、日々の暮らしをもっと楽しむ方法をお探しでしょうか?

そんなあなたのために、分譲マンションを手がける会社が、いつもの暮らしをより楽しくするアイデアや、家事をスムーズに進めるひと工夫を集めた「インテリア研究所」をオープンしました。

「インテリア研究所」では、

  • 暮らしの研究家によるライフスタイルに合わせた暮らしのヒントや収納術
  • 掃除のプロ直伝!いつまでも住まいをキレイに保つためのメンテナンス方法
  • インテリアの専門家による100件を超えるコーディネートテクニック
  • 日本各地の素敵なインテリアショップの紹介

を学ぶことができます。

「インテリア研究所」を参考に、あなたのライフスタイルにあわせた素敵な生活を実現しましょう。


詳しく見てみる

この記事に関するキーワード

SNSで最新情報をチェック

暮らしを充実させるアイデアをお探しの方
インテリアやライフスタイル情報を多数掲載