福山市でマンションに住むなら、どのエリアがおすすめ?

広島県の東に位置する福山市は、瀬戸内海沿岸に面した穏やかな気候と豊かな自然に恵まれた人口47万人の中核都市です。筆者自身、転勤でこれまでに2度ほど福山市に住んだことがありますが、人も優しく、食べ物も美味しいので、好きな街の一つです。
今回は、転勤で福山市に移り住んでこられる方や、福山市内でマンション購入を検討されている方のために、マンション供給会社の立場から、福山市のマンション供給エリアとエリア特性についてご紹介したいと思います。

福山市のマンション供給エリアは大きく4つあります!

  1. 福山駅南口~ばら公園・緑町公園エリア
  2. 福山駅北口~福山城周辺エリア
  3. 新蔵王・春日町エリア
  4. 神辺町新道上エリア

福山市は、どちらかといえば一戸建てにお住まいの方が多いのが実情です。しかし、便利の良い立地だと一戸建ての購入価格も高くなります。そのため人気エリアでは、手軽に検討できるマンションが、継続的に供給されています。
また、近年では、築30年前後の一戸建てが立ち並ぶ高台の団地から、自動車に乗らなくても生活がし易い福山市中心部のマンションへ住替えるシニア層が増えてきており、中心部の分譲マンションの供給数も増加傾向となっています。

では、地図に沿って、マンション供給エリアを見ていきましょう。

1.利便施設が集約!JR「福山」駅南口~ばら公園・緑町公園エリア

福山駅

・どのようなエリア?

福山市は、東西に山陽新幹線、JR山陽本線が通っており、南北にエリアが分かれています。福山駅の南口は最も分譲マンションが供給されているエリアです。
JR福山駅は新幹線の「のぞみ」や「さくら」が停車する他、都市間高速バスの始発場所となっており、広島市内や広島空港、四国の松山・今治、大阪や関東方面への路線もあり、交通の要としての機能が充実しています。もちろん、一般路線バスで福山市内の主要エリアへアクセスが可能となっており、通勤・通学にも便利です。

南口エリアも国道2号線を境に、更に特色が違います。
国道2号線より北側は、その交通利便性からビジネス街としての特性があり、大手企業の支店が数多くあります。
駅の東から東南方面に向けては、飲食店が軒を連ねており、美味しいお店もたくさんあります。その反面、スーパーなどの買い物施設が少ないことから、日常生活で少し不便さを感じる場合もあると思います。

国道2号線より南側では、中央公園や中央図書館、大型ショッピング施設「ポートプラザ日化」など、駅前に比べるとデイリーユーズの施設が多く存在し、自動車がないと生活が難しい郊外から中心部への回帰層も多く移り住んでくるエリアとなっています。

“主な施設”

  • JR福山駅・・・福山市の主要駅。新幹線も停車
  • 福山市役所・・・JR福山駅から南下してすぐの位置
  • 中央公園、まなびの館ローズコム・・・図書館と芝生公園が並列されており、福山市民の憩いの場
  • ポートプラザ日化・・・天満屋とイトーヨーカドー(2019年を目処に「ゆめタウン」に変更予定)で構成された大型ショッピング施設
  • 緑町公園、ローズアリーナ・・ピラミッド型のばら花壇、アリーナホールが並列されている公園

・分譲マンションの供給は最も多いが、価格帯もかなり高め

JR福山駅の南口エリアの分譲マンションは、交通の利便性やビジネス街という特性上、価格はかなり高めに設定されることが多いです。間取りは2LDK~4LDKまでバリエーションも様々。お部屋の平米数については、小さめにして少しでも価格を抑える場合と、価格は度外視し広めにする場合があります。

土地の広さやコンセプト、マンション販売業者の方針によっても違いますので一概には言えませんが、資産性が高いエリアであることから、どのような企画でも比較的、早期完売となる物件が多いようです。

・南口エリアは資産性・利便性を重視する単身者・DINKs(ディンクス)・シニア層・転勤族におススメ!

このエリアは福山市の中心部に位置することから、資産性を重視した方には最適なエリアだと思います。

単身者・DINKsにとっては、お酒を飲みに行っても歩いて帰ることができたり、仕事帰りにショッピングを楽しんだりと、アーバンライフを謳歌できる立地です。ご自身のために、自由に住宅費を捻出できる点からも、少し背伸びした物件選びも可能と言えます。

シニア層にとっては、自動車に乗れなくなっても徒歩圏内にスーパーや医療施設、公共施設が集約されているため、老後の不安を軽減することが可能です。また、福山市の巡回バス「まわローズ」などを利用すれば、中心部の主要施設へのアクセスが容易になるため、生活に不便を感じるシーンも少ないと思います。

転勤族が重視するポイントは、いざ転勤になった場合の流用性。JR福山駅に近い立地だと、大手企業の法人相手に社宅として貸し出すことも可能ですし、中古物件として売却する際も買い手が見つかるスピードも早いかもしれません。そのため、思い切って購入に踏み切れる立地だと思います。

しかし、自動車を2台以上所有しているファミリー層にとっては、駐車場代も高く負担が大きくなるため、所有台数を減らすなど対策が必要と言えるでしょう。

※DINKs・・・結婚後、子供を持たずに夫婦とも職業活動に従事するライフスタイル。狭義には、意識的に子供を持たない共働き夫婦のこと。

2.お城の歴史を感じる!JR「福山」駅北口・福山城周辺エリア

・どのようなエリア?

JR福山駅は、新幹線のホームから福山城の天守閣を望むことができる全国でも珍しい駅です。線路を挟んで北側には福山城をはじめ、お寺や神社などの仏閣、ふくやま美術館や広島県立歴史博物館など、文化や歴史に触れることができる施設がたくさんあります。
広島県立福山誠之館高等学校や広島県立福山葦陽高等学校など、教育機関が充実している点からも、文教地区として知られているのが北口・福山城周辺エリアです。
また主要道路である国道2号線から離れている点や、南口に比べオフィスや店舗も少ない点から、交通量も少なく閑静な住宅街です。

“主要な施設”

  • 福山城・・・1622年に築城されたお城。日本100名城にも選出されている
  • ふくやま美術館・・・福山市広域圏・瀬戸内圏にゆかりのある作家の美術品を展示
  • 広島県立歴史博物館・・・瀬戸内地方の交通・交易や民衆生活に関する資料を展示

・分譲マンションは供給数が少なく、価格帯も高め

古くからの住宅が多く、大きな道路から一本中に入ると狭い道も多く、新築分譲マンションを建築できるような大きな土地が少ないエリアとなっています。そのため、大きな土地が売りに出る場合は、高値で取引されることも少なくないため、マンション相場は高めの水準となっています。

・北口エリアは教育環境や静かさを重視する子育てファミリー層におススメ!

このエリアは静かな環境で子育てをしているファミリー層にはおススメです。教育機関が周辺にたくさんあることや、JR福山駅まで行けば電車・バスを使って、広島大学附属福山中・高等学校や近畿大学附属広島高等学校・中学校福山校などへのアクセスも良好です。
前述の通り、分譲マンションの価格帯は高めに設定されることが多いですが、少し落ち着いた雰囲気で子育てをしたいファミリー層は、検討してみても良いかもしれません。

3.福山東IC近く!南蔵王・春日町エリア

・どのようなエリア?

転勤族やファミリーに人気があるのが「南蔵王・春日町」エリアです。近年では、「ゆめタウン」をはじめとしてスーパーや商業施設の出店が急速に増え、利便性が高まっているのもファミリーに人気がある理由だと思います。

高速道路の福山東ICに近いことから、広島市や岡山市といった近隣都市へのアクセスが良いというメリットがある反面、JR山陽本線など駅からは決して近くないうえ、南北が山に囲まれ坂が多いため、自動車の必要性が高いエリアとなっています。「車は一人1台所有」というのも珍しくないのです。そのため、通勤時間には渋滞が発生しがちです。

“主な施設”

  • 福山東IC・・・高速道路のIC。県外へのアクセスも良好
  • ゆめタウンイズミ蔵王店・・・大型ショッピング施設
  • 春日池公園・・・ばら園とショウブ園等を整備された公園。遊具もあり子連れでゆっくり遊ぶことも可能

・分譲マンションは継続的に供給されており、価格は福山市内では標準的

賃貸住宅もファミリー向けの物件が多く、3LDK~4LDKがメインのエリアです。分譲マンションもファミリー層を意識した3LDK~4LDKで少し広めの間取りが主流です。

価格帯は、JR福山駅周辺に比べると低めに設定されることが多く、標準的な価格と言えるでしょう。
少し高台を登ると戸建てが数多く立ち並んでおり、戸建て思考が比較的強いエリアなので、分譲マンションの価格も戸建てを意識して、同額もしくは戸建てより少し安く販売できるような土地を選んで販売しているように思います。あまりにも高額な土地案件だと、マンション販売業者も事業化を躊躇するエリアとも言えます。

また、前述の通り、自動車の保有台数も2台以上の家庭が多いため、敷地内の駐車場が確保できていないと敬遠されてしまうかもしれません。

・南蔵王・春日町エリアは買い物重視のファミリー層におススメ!

そこまで分譲マンション価格も高くないことから、日常の買い物を重視したファミリー層におススメのエリアです。周辺のスーパーやディスカウントストアなどを賢く利用すれば、毎月の生活費を抑えることができ、その分を住宅費に充てることも可能だと言えます。

4.福山市北部のショッピングスポット!神辺町エリア

・どのようなエリア?

神辺町(かんなべちょう)や駅家町(えきやちょう)、御幸町(みゆきちょう)などの福山市北部エリアは、もともと深安郡に属していましたが、昭和50年代に福山市に編入された地域です。
福山東IC付近の蔵王山を境に、南エリアから北部エリアへ移住する方は少なく、府中市や岡山県井原市など近隣都市から移住する方が多いようです。
映画館や商業施設が集まる「フジグラン神辺」が2005年にオープンして以降、田んぼなどの農地が次々と宅地開発され、一戸建てや賃貸が増加傾向にあります。

福山市中心部に比べると土地の価格や賃貸相場も安く、近隣都市からの移住も比較的容易なのも人気の理由だと思います。ただ、神辺エリアも公共交通機関がJR福塩線のみで30分に1本程度。そのため、南蔵王・春日町エリアと同じく自動車が必要不可欠です。

“主な施設”

  • フジグラン神辺・・・食品館、福山エーガル8シネマズ、GU、フィッタ神辺(スポーツクラブ)、神辺天然温泉 ぐらんの湯など、多くの商業施設が集まります
  • ビッグローズ(広島県立ふくやま産業交流館)・・・イベントホールとして様々な催事が開催されます
  • 福山平成大学・・・福山市の私立大学で1994年に開校した比較的、新しい大学
  • 中国中央病院・・・福山北部エリアの総合病院

・分譲マンションの供給はかなり少ないが、価格は中心部に比べて安価

分譲マンションが供給されているのは、フジグラン神辺周辺の新道上エリア。供給自体は、2~3年に1度程度で、比較的広めの間取りが多い傾向にあります。また前述の通り、自動車が必要不可欠のエリアのため、平面駐車場を100%以上確保しているケースが多いようです。福山市内中心部に比べると価格も安価に設定されており、戸建てとの価格差をなくした価格になることが多いエリアです。

・神辺エリアは住宅費を抑えたい近隣都市移住者や若年ファミリー層におススメ!

マンション需要としてはそれほど多くないエリアですが、歩いてフジグラン神辺に行けることや、価格面から近隣都市からの移住者や若年ファミリー層にはおススメのエリアです。

ばら公園の近傍に新築分譲マンションが登場!

福山市の花として有名な「バラ」が280種、5,500本も植えられている「ばら公園」。毎年5月には「福山ばら祭」が開催され、県内外から80万人もの観光客が訪れます。1-1でご紹介したエリアに、新築分譲マンション「アルファライフばら公園」が誕生します。
駅に近い、街に近い、ショッピングや学校に近い、真の都心ライフを謳歌できる「アルファライフばら公園」は、2019年6月下旬入居予定です。ぜひチェックしてみてください。

物件公式サイトはこちら・・・

【アルファライフばら公園 公式サイト】

まとめ

ここまで福山市内の分譲マンションが供給さているエリアについて、ご紹介してきました。福山市は「平成の大合併」により面積がとても広いため、他にも住宅が供給されているエリアがたくさんあります。ご自身にあったエリアを、ぜひ探してみてください。

広島エリアでお住まいをお探しの方へ

広島県で住まいを探しているけど、たくさんある不動産会社の中で何を基準に選べば良いのかが分からない、どのエリアで探せば良いの、などのお悩みを抱えていませんか?

住まい探しを考え始めたら、まずはあなたが住みたいエリアにある不動産の情報収集を行いましょう。
情報収集の1つの手段として、マンションのモデルルームへ行くことは非常に効果的です。

モデルルームに行くことによって、

  • あなたが本当に住むべきエリアが明確になります
  • そのエリア独自の特例や税制を知ることができます
  • あなたにとって最適な住宅の種類、住まいの購入時期を見極めることができます
  • 間取りや欲しい機能など、あなたの希望条件を固めることができます
  • あなたが新築分譲マンションに住んだ場合の具体的なイメージが湧きます
  • 住宅購入までの流れや購入金額など、その場で営業マンに確認することできます

また、最新の不動産情報も確認することができます。

 

島根県でお住まいをお探しの方は、ぜひこの機会にモデルルームを活用してみましょう!