気軽に手軽に!お家でできるカーテンのお洗濯!

カーテンのお洗濯、皆様はどのくらいの頻度でされていますか?「カーテンを買ってから一度もお洗濯していないかも!!」という方もいるかもしれません。洋服やタオルなどは毎日お洗濯するけれど、カーテンのような大物系はついつい後回しになっていませんか?でもカーテンをよーく見てみると、日常のホコリや窓の汚れ、湿気が原因でカーテンが汚れてしまったり、黒っぽいカビが生えていることも。またレースのカーテンが汚れているとお部屋の明るさが違ってくることもあるんです。カーテンをクリーニング店に出してもお値段が張ってしまうし、できる事なら自宅でお洗濯したい!そんな方に自宅でできるお洗濯方法をお伝えしていきますので、ぜひ参考にして頂けると幸いです。

1.カーテンの洗濯方法

単にカーテンを洗濯機に入れて洗濯をしてしまう。これではカーテンの素材によっては縮んでしまったり生地を傷めてしまう可能性もあり洗濯できないものもあります。化学繊維である「ポリエステル」や「アクリル」「綿」などの素材は自宅で洗濯できますが、麻やシルクなどの自然素材は伸縮が多いのでクリーニング店に出した方が安心だったり。まずはカーテンに縫い付けてあるタグの洗濯表示を確認してその表示にしたがってお手入れしましょう。

1-1.洗濯表示の確認をする

洗濯表示と言っても色々な表示がありますよね。普段あまり気に留めない表示も多いと思います。ここで紹介する洗濯表示はカーテンのタグに多くある表示のみを紹介しています。

自宅で洗濯される場合は、洗濯表示をしっかりと確認して、洗濯OKであれば自宅でお洗濯を。自宅で洗濯できない場合はクリーニング店に相談して下さいね。

1-2.ほこりをはらう

カーテンは意外と日常のホコリが溜まっています。洗濯をする前に掃除機などでキレイにホコリを取り除く事が大切です。

1-3.カーテンフックをはずす

表示の確認ができて、ほこりをはらって、さっそくカーテンをお洗濯。その前に、忘れてはいけません、カーテンフックをつけたまま洗濯してしまうと洗濯中に生地が引っかかって傷みや破れの原因になりますのでカーテンフックをはずして、またカーテンフックもカーテン同様、汚れていますので水で薄めた洗剤につけて汚れを落とすようにして下さい。

1-4.カビをチェック

湿度の高い夏や、屋内と屋外の温度差によって窓に生じる結露が原因でカビが生えている場合もあります。特に深く根を張ったカビは普通に洗濯しただけでは落ちません。洗濯をする前に部分的に落としておく必要があります。ここで重要なのが、まずはカーテンの湿気を取る事。カビがついているカーテンを陰干しして十分に乾燥させて、十分に乾燥をさせたらブラシでカビをはらい、熱湯を含ませたタオル等でカビを拭き取ったり、黒カビには塩素系漂白剤を綿棒や歯ブラシにつけてカビの部分を軽くたたくようにすると落としやすくなります。この時こすらないようにすることが大切です。

1-5.洗濯機で洗う

カビを落として洗濯槽にカーテンをいれて、洗濯表示に特に指定がない場合は普段使っている一般の洗濯洗剤でOK!洗濯表示に「中性」と表示されているものは、おしゃれ着用中性洗剤を使用します。カーテンはデリケートな素材が多いので優しい洗い方が良いです。洗濯機のメーカーや機種によって名称が異なりますが、弱水流で脱水時間が短いなど優しく洗うコース「手洗いコース」や「ドライコース」、「おしゃれぎ洗いコース」などを選びます。

<洗濯するときに抑えておきたいポイント>

(1)洗濯ネットを使う・・・洗濯ネットの大きさに合わせて、カーテンをヒダに合わせてびょうぶ畳に折りたたんで入れる事で、洗剤液がカーテン全体に行き渡り汚れが落ちやすくなります。

※「びょうぶ畳」とは・・・同じ幅で折り返しながら重ねていくたたみ方の事を言います。

(2)脱水時間は短めに・・・脱水時間が長ければ長いほどシワや生地の傷みの原因となりますので注意が必要です。脱水時間の目安としてドレープは1分、レースのカーテンは30秒程が良いでしょう。

(3)香りのあるものを・・・好みに応じて、香りのある洗剤や柔軟剤を使うのもオススメで、風が吹いた時にカーテンからほんのりと香りを残す事もポイントです。

ドレープもレースのカーテンも洗濯方法は変わりませんが、レースのカーテンはドレープよりも紫外線を多く浴びていますので生地が弱くなっている可能性もあります。軽く生地を引っ張ってみて破れてしまいそうであれば洗濯しても生地がボロボロになってしまう可能性もあるので注意して下さい。

2.手洗いやつけ置き洗いをする場合

手洗いをする場合も洗濯機で洗濯する時と同様、カーテンをびょうぶ畳にして洗濯容器の大きさに合わせてたたんで、水温30℃以下で中性洗剤を使用してやさしく押し洗いをしていきます。もみ洗いはシワの原因になりますので注意が必要です。汚れがひどくつけ置き洗いをする場合は中性洗剤をお湯に溶かし30分~1時間程度つけて置きます。汚れが落ちたら、洗剤が残らないようによくすすぎ脱水機にはかけずに手で絞ります。

3.洗濯した後の干し方は

洗濯したカーテンはフックをつけてカーテンレールに戻して、全面を軽くたたいてシワをのばし形を整えて干すと、ドレープもきれいに仕上がります。カーテンレールに吊るすだけなので物干し竿にかける必要が無く、取り込む手間が省けてオススメですが、お部屋の中に干すとお部屋の湿度が高くなり湿気ることがあるので、できればカーテンを吊るした窓は開けておくと風通しが良く乾きやすくなります。また、開閉する事のできない窓など風通しの良くない所に吊るすカーテンは、濡れたままカーテンレールに戻してしまうとせっかく洗濯したカーテンにカビが繁殖しやすい環境を作ってしまうので、自宅のお庭やバルコニーなど屋外に、必ず陰干しで干します。完全に乾燥させてレールに戻すことが大切です。洗濯したカーテンを早く乾燥させたいからと乾燥機を使用してしまうと、破れや縮みが発生しやすくなるので乾燥機の使用は避けて下さいね。

<干す時に気をつけたいポイント> カーテンをキレイに洗濯しても、窓ガラスや網戸、カーテンレールが汚れているとまたすぐ汚れてしまうので、カーテンを洗濯している間に窓ガラス等も拭き取るなどして汚れを落としておきましょう!

4.アイロン掛け

アイロン掛けをする場合は必ず洗濯表示でアイロン掛けが可能かどうか、適切な温度で、あて布が必要かどうかの確認を忘れずに、アイロン掛けをして下さいね。

5.カーテンはどれくらいの頻度で洗えばいいの?

カーテンはカビが生えやすくホコリや雑菌などもついています。長く洗わないでいるとニオイや汚れも落ちにくくなってしまします。ドレープは年に1回、レースのカーテンは年に2回~3回洗濯を行い、日頃から洋服用のブラシでも大丈夫なのでホコリやチリ、臭いなどをためないよう心がけましょう!

まとめ

カーテンを一度自分で洗濯してみると思っていたより意外とラクかも!!と感じるかもしれません。カーテンはお部屋の印象を左右するインテリアです。カーテンのお洗濯も忘れずにキレイなカーテンで気持ちよく快適なお部屋を保ちましょう。

 

 

 

 

日々の暮らしをもっと楽しむアイデアを公開中!
「インテリア研究所」

掃除や料理などの家事をもっと簡単に楽しくする方法はないかな 」「毎日使うリビングやキッチンを、行事に合わせていつもと違う使い方にできないかな 」など、日々の暮らしをもっと楽しむ方法をお探しでしょうか?

そんなあなたのために、分譲マンションを手がける会社が、いつもの暮らしをより楽しくするアイデアや、家事をスムーズに進めるひと工夫を集めた「インテリア研究所」をオープンしました。

「インテリア研究所」では、

  • 暮らしの研究家によるライフスタイルに合わせた暮らしのヒントや収納術
  • 掃除のプロ直伝!いつまでも住まいをキレイに保つためのメンテナンス方法
  • インテリアの専門家による100件を超えるコーディネートテクニック
  • 日本各地の素敵なインテリアショップの紹介

を学ぶことができます。

「インテリア研究所」を参考に、あなたのライフスタイルにあわせた素敵な生活を実現しましょう。


詳しく見てみる

この記事に関するキーワード

SNSで最新情報をチェック

暮らしを充実させるアイデアをお探しの方
インテリアやライフスタイル情報を多数掲載