おしゃれな部屋作りのために知っておきたい4つの定番インテリアスタイル

おしゃれな部屋作りのために知っておきたい4つの定番インテリアスタイル

「おしゃれな部屋作りをしよう!」と意気込んだはよいものの、どこから手を付けてよいのか悩むこともあります。
「なんとなく」で家具やレイアウトを決めていくと、ぼんやりとした印象になったり、思っていたイメージと違う部屋になったりと、部屋作りに失敗するかもしれません。
おしゃれな部屋作りで大切なのは、部屋の方向性を統一すること。そこでおすすめなのが、インテリアスタイルを最初に決めるという方法です。

今回は、4つの定番インテリアスタイルとそれぞれの部屋作りのポイントをご紹介します。

自然に囲まれるおしゃれなインテリアスタイル「ナチュラル」

ナチュラルスタイルのインテリア
「素材そのままのよさを生かしたい」という方におすすめなのが、ナチュラルスタイルです。ナチュラルは木材やグリーンなど、自然のぬくもりが感じられる素材を多用したインテリアスタイルで、高い人気があります。飾り気のない自然な空間では、ゆったりと落ち着いた時間が過ごせます。

ナチュラルスタイルのおしゃれな部屋作りでは、次のようなポイントに注目しましょう。

天然素材で柔らかな雰囲気を演出

自然を感じられる素材は、ナチュラルスタイルの大きなポイントです。天然素材を活用することで、暖かく柔らかな雰囲気が作り出せます。

ナラ材のテーブル
例えばナラ材は黄褐色で明るい印象があり、独特の木目が魅力的です。経年変化によって、柔らかい黄金色に変色していきます。 

ウォールナット材のダイニングセット
ウォールナット材は濃い茶色でより落ち着いた印象があり、クラシカルな雰囲気にもなります。

自然を生かした淡いカラーリング

ナチュラルスタイルの部屋作りでは自然のイメージや素材感を生かすために、派手な色使いは避けましょう。ホワイトやベージュ、グリーンなど落ち着いた淡い色合いがおすすめです。

ナチュラルテイストのコーディネート
ホワイトは清潔感のある明るい印象に、ベージュやグリーンなどのアースカラーはより自然をイメージしやすい印象になります。

自然のシンプルさを反映させたスッキリとしたデザイン

飾り気のない自然な空間を演出するナチュラルスタイルでは、複雑なデザインやごてごてとした装飾などは避けましょう

シックな雰囲気がおしゃれなインテリアスタイル「モダン」

シックな雰囲気がおしゃれなインテリアスタイル「モダン」
生活感をあまり出したくないという方には、モダンスタイルがおすすめです。モダンスタイルはその名の通り、「現代的・近代的」なイメージでまとめられたインテリアスタイルです。シンプルで機能的なデザインを中心にしながら、大胆な造形のインテリアも採用されます。

モダンスタイルのおしゃれな部屋作りでは、次のようなポイントに注目しましょう。

スタイリッシュさを演出する、色味を抑えたコーディネート

モダンスタイルのカラーは、ブラックやホワイト、アッシュなどのモノトーンを中心としています。

ブラックをメインにすると引き締まった印象

ホワイトをメインにすると清潔感のある印象に
ブラックをメインにすると引き締まった印象に、ホワイトをメインにすると清潔感のある印象になり、どちらもスタイリッシュさが際立つ空間づくりに役立ちます。

直線的なデザインのインテリアで洗練された印象に

直線的なデザインのインテリアで洗練された印象に
直線的なデザインのインテリアでまとめることで、シンプルで洗練された印象になります。無駄な装飾がなく、シャープさが際立ったインテリアがおすすめです。

モダンのイメージを高めるガラス素材や金属素材

ガラス素材は1点のみをポイントで導入するのがオススメ
ガラスや金属などの素材は、モダンがもつ「現代的・近代的」なイメージを高めます。ガラスなどのクリア素材は、ワンポイントのアクセントとして採用するのがおすすめです。

西洋の歴史を感じるおしゃれなインテリアスタイル「クラシック」

西洋の歴史を感じるおしゃれなインテリアスタイル「クラシック」
古いヨーロピアンテイストなどの格調高い雰囲気が好きな方には、クラシックスタイルがおすすめです。クラシックスタイルはヨーロッパの古典様式を取り入れたインテリアスタイルなので、西洋の歴史が感じられる部屋作りができます。
クラシックスタイルのおしゃれな部屋作りでは、次のようなポイントに注目しましょう。

深みのある落ち着いた色調が重厚感を演出

ダークブラウンを中心に、深みのあるグリーンやボルドーなど落ち着いた色合いがポイントです。深みのある色合いは、重厚でトラディショナルな雰囲気を演出します。

ベージュなどの明るめで落ち着きのある色を加えると、クラシックの印象を大きく崩さずに明るさをプラスできます
暗くなりすぎるという場合には、ベージュなどの明るめで落ち着きのある色を加えると、クラシックの印象を大きく崩さずに明るさをプラスできます。

曲線的なデザインのインテリアで昔の様式を再現

クラシックスタイルは昔の様式に合わせた曲線的なデザインが特徴的。
猫脚のインテリアもポイントです。

華やかな柄のファブリックや固く木目の美しい木材

当時の様式ならではの柄や固く木目の美しい木材は、クラシックスタイルに欠かせません。

マホガニー材の家具
特にマホガニー材は赤みがかった茶褐色の上品な色合いで、古くから宮殿などで使用されてきたこともあり、クラシックらしさを演出するのにぴったりの木材です。

家具は優美な細工が施されたものを選ぶと、よりクラシックスタイルのイメージを高められます。

クラシックスタイルは統一感が大切なので、カーテンの柄などにも要注意
また、クラシックスタイルは統一感が大切なので、カーテンの柄などにも要注意です。

身も心も落ち着けるおしゃれなインテリアスタイル「カジュアル」

身も心も落ち着けるおしゃれなインテリアスタイル「カジュアル」
気軽で落ち着いた部屋作りがしたいなら、カジュアルスタイルがおすすめです。カジュアルスタイルはシンプルで親しみやすい部屋をイメージしたインテリアスタイルで、「こうあるべき」という堅苦しさがあまりないので自由な組み合わせが楽しめます。

カジュアルスタイルのおしゃれな部屋作りでは、次のようなポイントに注目しましょう。

気軽に楽しむための比較的リーズナブルなインテリア

カジュアルスタイルは気軽に楽しめることが特徴なので、リーズナブルでシンプルなインテリアが好まれます。

明るく自由な印象を与える鮮やかな色調

明るく自由な印象を与える鮮やかな色調
鮮やかな色調は、カジュアルスタイルの気取らない自由なイメージにぴったりです。

全体的なカラーリングはホワイトやベージュなど主張しない色を中心にして、小さい家具やインテリア小物などポイントで何点か鮮やかな色を採用するとよいでしょう。レッドやオレンジ、イエローなどの暖色系のビビッドカラーを取り入れることで、明るくポップな印象になります。

ポップなデザインのインテリアで楽しさを演出

ポップなデザインのインテリアや小物などを配置すると、カジュアルスタイルらしさが演出できます。

まとめ

部屋作りを考える際には、最初にどのようなスタイルにするかを決めておくと、まとまりのあるおしゃれな部屋作りが可能です。

インテリアスタイルにはそれぞれ特徴があり、ポイントを押さえることで理想の部屋に近づけることができます。今回ご紹介したインテリアスタイルの他にもさまざまなスタイルがあるので、気に入ったスタイルを見つけて理想の部屋作りを実現しましょう。

アルファジャーナルの
「今読みたい」厳選記事がメールで届く!

アルファジャーナルの記事をもっと読みたいという方のために、「アルファあなぶきStyle会員メルマガ」では

  • 季節ごとの暮らしの楽しみ方
  • 今実践したい住まいのお手入れ法
  • 模様替えの参考になるインテリア情報
  • 今住宅購入を検討するなら、知っておきたいお得な情報

など、暮らしと住まいのご検討に役立つ記事を、毎月選りすぐってお届けしています。

「アルファあなぶきStyle」に会員登録すると、メルマガの他にもこんな特典が!

  • 素敵なインテリアグッズが当たるプレゼントに応募できる
  • マンション購入資金として使えるポイントが貯まる
  • お住まいの地域に合わせた新築分譲マンション情報がメルマガで届く

年会費・登録料はかかりません。この機会に「アルファあなぶきStyle」にぜひご登録ください。


「アルファあなぶきStyle」会員サービスをチェック

この記事に関するキーワード

SNSで最新情報をチェック

暮らしを充実させるアイデアをお探しの方
インテリアやライフスタイル情報を多数掲載