いつも綺麗に保ちたい!フローリング掃除の基本と継続するためコツ☆

今やほとんどの住宅に取り入れられているフローリング。
フラットで木の材質が心地よく、様々な生活スタイルにあった床材です。
お子さんがいる家庭では、素足で歩いたり寝転んだり、といったこともあるかもしれませんね。

日々の掃除ですが、なんとなく掃除機をかけるだけ…なんてことはありませんか?
一見綺麗なように見えても意外と汚れていたり、実はカーペットよりもホコリが舞いやすかったりするんですよ。

ここでは基本的なフローリングの掃除方法と綺麗に保つためのコツをご紹介していきます☆

フローリングの基本的な掃除手順

フローリングを綺麗に保つには、こまめな掃除が基本です。
しかし、毎日フルコースの掃除をしていてはそれだけで手いっぱい、他のことが片付きませんよね。
掃除の正しい方法と適切な頻度を知って毎日快適な日々を過ごしましょう。

【毎朝】モップ・ワイパーで全体的にホコリを取り除く

毎日行うこと、まずは乾いたモップやワイパーでホコリを取り除きます。

最初に掃除機をかけてしまうと、排気でホコリを舞い上げてしまい余計に部屋を汚しかねませんし、いきなり水拭きをしてしまうと、汚れやゴミをフローリングに塗りこんでしまい、逆に取れにくい汚れにしてしまう恐れがあります。

時間帯は朝がおすすめ。 日中に舞い上がっているホコリが夜中には床に落ちつくので、活動する前の朝一番に取り除くのが効果的です。

モップやワイパーのかけ方は、左右に頭を振りながら奥から手前へ。自分のところにホコリを集めるようなつもりで後退していき、最終的に掃除機で吸い取ります。
家具を置いているところや狭い隙間など、掃除機が入りづらいところは家具を移動するなどして、この時に念入りにゴミを取り除いておきます。

☆筆者のおすすめ☆

cleaning-of-flooring02モップとワイパーどちらが良いか悩む人も多いと思いますが、細かい狭い所にはモップ、広い面にはワイパーが適しています。階段にはモップの方が掃除しやすいように思います。
平屋か2階建て以上か、部屋数が多いか少ないか、家具や物が多い家かどうか、等でどちらが適しているか変わってくるので、よく考えてから選びたいですね。

筆者は普段ワイパーを使っているのですが、以前は安価なシートを使っていたのですが、持ちが良くなく何枚も使ってしまい、結局コストがかかってしまっていた経験があります。今は少し値段が高めでも、クイックルワイパーなど正規品の厚手のものを使うようにしています。

【週2回】溝や隅に残ったゴミを掃除機で吸い取る

モップやワイパーでは取りきれないフローリングの溝にたまったゴミを吸い取るため、週に2回は掃除機をかけます。

必ずモップやワイパーをかけた後に掃除機をかけます。 排気でホコリを舞い上げるのを防ぐためと、あらかじめゴミを少なくしておくことで、掃除機を引きずる際にフローリングを傷つけずに済みます。

掃除機のかけ方は、モップやワイパーがけで残ったゴミを重点的に吸い取るつもりで 、溝の目地に沿ってかけます。壁際の隅にもゴミが残りやすいので細口ノズルなども活用して丁寧にかけます。

掃除機をかける速度は、速すぎるとゴミを取り逃してしまうので、ゆっくりかけます。目安は1往復5~6秒。1回で動かす幅は、掃除機の頭が浮き上がらないように、自分の身長の半分くらいの長さに留めます。掃除機が床面に吸い付いているのを感じながらかけるのがポイント です。

☆筆者のおすすめ☆

cleaning-of-flooring03モップやワイパーで取りきれなかったゴミを吸い取る、ということを考えるとやはり吸引力の強い「キャニスター型掃除機」をおすすめします。
スティック型に比べて重そう…という印象もありますが、吸引力がある分、掃除機を持っている時間は短くなります。
掃除機を選ぶ時は、ヘッドの動かしやすさや移動のスムーズさを必ず、家電店などで確認しましょう。自分に合っているかどうかで掃除にかかる時間や快適さが随分と違ってきます。

【月1回】水拭きでフローリングがさらさらに!香りにもこだわって♡

床面は汚れていないように見えても、いざ拭き取ってみると、クロスが真っ黒になってびっくりするものです。
ただ、水拭きもあまりやりすぎると床材を痛めてしまったり、逆に水跡が汚く見えてしまったりするので、月に1回程度、掃除機をかけた後に霧吹きで吹いた水を乾いたクロスで拭く のをおすすめします。

洗剤を使うのもいいですが、濃度が高いと粘度も高くなり、逆に汚れを引き寄せてしまうことも。洗剤はピンポイントの汚れに使うか、全体的に使いたい場合は水で希釈してから使うようにします。
エッセンシャルオイルを数滴たらした水で水拭き すると、部屋全体に良い香りが広がって気分も上がりますよ。

また、水拭きの後に乾拭きをすると床材の持ちも良く、フローリングが光って見た目も良くなります。

☆筆者のおすすめ☆

cleaning-of-flooring04水拭きに使うエッセンシャルオイルに、お気に入りの香りを使うのも良いですが、筆者の経験上、フローラルや甘めの香りよりも「レモン」のようなすっきりとした香りの方がお掃除向きと思います。また優れた殺菌効果を期待するなら「ユーカリ」もおすすめです。

また、床を拭く雑巾には、布を挟めるタイプのワイパーを使うと、立ったまま力も入りやすく手軽でおすすめです。

<種類別>汚れの落とし方

キッチンの油汚れ

油汚れには、油やたんぱく質を分解する性質をもつ「重曹」を使うのがおすすめです。
但し、アルカリ性の重曹はフローリングのワックス剤を剥がしてしまう恐れがあるので、必ず薄めて使い、重曹の後に酸性の「クエン酸」を使うことでpHを中和させます。クエン酸には汚れを付きにくくする効果もあります。

○重曹の濃度
3~5%(1Lのぬるま湯に大さじ2~3杯程度)
○クエン酸の濃度
20~30%

最初に重曹水に浸した布を固く絞って油汚れの箇所を拭き、汚れが落ちたら、重曹を使った箇所にクエン酸水をスプレーして拭き取ります。

黒ずみ

フローリングの黒ずみにはさまざまな原因が考えられますが、まず多いのは、足裏などの皮脂によるものです。
皮脂汚れには、実は「食器用洗剤」が有効です。ぬるま湯に数滴垂らした水で拭くととても取れやすくなります。

ワックスの劣化による黒ずみは、ワックスを重ね付けしても綺麗にはならないので、一度剥離してから塗り直す必要があります。

カビが原因の黒ずみについては次でご紹介します。

カビ

フローリングの上にカーペット等を敷いていると、知らない間にカビが出来ていた…ということがあります。
間違っても掃除機で吸ってはいけません。カビ胞子を部屋中にまき散らしてしまいます。アルコールを使ってそっと拭き取りましょう。

楽しく継続、時短のコツ

お掃除ロボットの手を借りてみる!

時にはお掃除ロボットの手も借りてみましょう。ルンバなどが有名ですね。
筆者の家もルンバを使いますが、自分でやるよりも断然綺麗にゴミが無くなっているので感動します。
よく謳い文句で “留守中にお掃除してくれる“ と言いますが、留守の間の代わりにというよりは、『家事の分担』という感覚で使ってみるのがおすすめ です。
「今日は水拭きまでやろう!」という時に、意気込みはあってもどうしても大きな労力を使ってしまいますよね。
そんな時、お掃除ロボットに掃除機をかけてもらっている間に、自分は洗濯物を干す、トイレを掃除する、といった時間の使い方をすると、効率よく家事をこなせるのではないかと思います。
他の家事が終わった頃には、掃除機を綺麗にかけ終わっているので、良いタイミングであとは水拭きだけ、という具合です。
ただ、お掃除ロボットは、掃除が完了するのに時間がかかるのと、ちょっとした段差につまずくので、時々助けに行かなければならないのが難点です。

まとめ

普段何気なく掃除しているフローリングですが、日々の正しいお手入れがフローリングを綺麗に保ち、またそれが生活環境を良くすることにもつながっていきます。
面倒になりがちなお掃除も正しく効率的な方法で、楽しく継続していきましょう!

日々の暮らしをもっと楽しむアイデアを公開中!
「インテリア研究所」

掃除や料理などの家事をもっと簡単に楽しくする方法はないかな 」「毎日使うリビングやキッチンを、行事に合わせていつもと違う使い方にできないかな 」など、日々の暮らしをもっと楽しむ方法をお探しでしょうか?

そんなあなたのために、分譲マンションを手がける会社が、いつもの暮らしをより楽しくするアイデアや、家事をスムーズに進めるひと工夫を集めた「インテリア研究所」をオープンしました。

「インテリア研究所」では、

  • 暮らしの研究家によるライフスタイルに合わせた暮らしのヒントや収納術
  • 掃除のプロ直伝!いつまでも住まいをキレイに保つためのメンテナンス方法
  • インテリアの専門家による100件を超えるコーディネートテクニック
  • 日本各地の素敵なインテリアショップの紹介

を学ぶことができます。

「インテリア研究所」を参考に、あなたのライフスタイルにあわせた素敵な生活を実現しましょう。


詳しく見てみる

SNSで最新情報をチェック

暮らしを充実させるアイデアをお探しの方
インテリアやライフスタイル情報を多数掲載