マンションリフォーム特集!2019年各住設メーカー最新設備のご紹介!第二弾【キッチン・フローリング・建具編】

マンションの最新設備【キッチン・建具・フローリング編】

前回の【浴室・洗面化粧台・トイレ編】に引き続き、リフォーム特集第二弾!

今回はキッチン、フローリング、建具の最新設備や人気商品を皆様にご案内いたします。
ユニットバスやトイレに比べ、フローリングやキッチンは使用面積が広いため、リフォームすることにより、お部屋のイメージをガラッと変えることができます。

いつかはリフォームを!とお考えの方、ぜひともご参考にしていただければ幸いです。

1.キッチン編

1-1.LIXIL:レトロなデザインで機能アップ

LIXILキッチン01

LIXILのキッチンのうち最も気になったのが「セラミックトップキッチン」。

LIXILセラミックトップキッチン
セラミックトップキッチン

セラミックトップキッチンにはこのような特長があります。

  • 熱、汚れに強い
  • 焼き物ならではの奥深いカラー

シンク内に高さの違うプレートが設置されている商品や、従来のシンクのスペースを広げた商品など、シンクでも様々な仕様が用意されております。
LIXILシンク内プレート

LIXIL:従来のシンクスペースを広げた商品

LIXIL:従来より大きくなったシンク

収納スペースについては、まず注目したのがそのデザイン。
LIXIL:収納スペースのデザイン

私はどことなく懐かしい感じがするのですが、皆さまはいかがでしょうか。
昔風のデザインを新しく取り入れています。
LIXIL:収納スペースのデザイン

こちらは引き出しの中。
収納スペースを3段にすることで簡単、楽に引き出す、取り出すことができます。
LIXIL:3段引き出しの収納スペース

1-2.TOTO:機能を取捨選択。キッチンの新しい考え方

TOTO:キッチン01
TOTOのキッチンで最も目を引いたのが天板に使用されている「クリスタル素材」。

TOTO:クリスタル素材
この素材はキッチン天板以外にも、シンクにも採用されています。
TOTO:クリスタル素材
クリスタル素材のカラーバリエーションは豊富で、全8種類もあるそうです。
こちらのクリスタル天板のサンプル写真はその一部です。
TOTO:クリスタル天板のバリエーション

クリスタル素材はこのような特長があります。

  • 熱に強い
  • 衝撃に強い

擦り傷などはつかないのか気になって尋ねたところ、擦り傷が付いても補修対応ができるそうです。

TOTOのもうひとつの特徴が水栓です。
TOTO:水栓

TOTOでは下記の3つの水を用途に合わせて使い分けることができます。

  • 除菌水
  • 浄水
  • 水道水

また、私が注目したのはステンレス天板のキッチンです。
TOTO:ステンレス天板のキッチン

このキッチンでは、グリルがありませんでした。
TOTO:グリルなしのキッチン

尋ねてみたところ、ここ最近グリル無しのキッチンも数が増えてきているそうです。
お魚などはフライパンなどで焼くことができるため、グリルの必要性がないという方が増えてきているのがその理由だとのこと。
これからは、グリル無しキッチンの種類が増えてくるかもしれませんね。

1-3.Panasonic:家電と一体化、贅沢な時間を作るダイニングキッチン

Panasonic:キッチン01
Panasonicのキッチンで特に印象に残ったのが、スタイル。
ヴィンテージスタイルがどこか懐かしく、そしてお洒落なキッチン空間に。
また、CMなどでご存知の方も多いと思いますが、おそうじラクラクのレンジフードもついています。
Panasonic:おそうじラクラクのレンジフード
自動でレンジフード内のファンを掃除してくれるそうです。

最後に、もっとも印象に残ったのがこのキッチンです。
Panasonic:IHコンロテーブル
テーブルかと思えば、センター部分がIHコンロとなっており、料理をしながら食事ができます。

天井の照明からは、ユニットバス同様に音楽が流れます。
Panasonic:音楽が流れる照明
料理を目で楽しみ、食後は音楽が流れ、と贅沢な空間を演出しています。

1-4.キッチン編まとめ:機能だけでなく、見た目に拘った商品構成に

機能の進化はもちろんですが、見た目に拘った商品構成が特徴です。
バリエーション豊富な質感、デザイン、カラーの中からどれが自分に合うのかを探しながら作っていくのが楽しみの一つなんだと感じました。

2.フローリング・建具等編

2-1.Panasonic:レトロとモダンを融合させた上品なヴィンテージ感が特徴

Panasonic:ヴィンテージ床01

Panasonic:ヴィンテージ床02
今年のキーワードは「ヴィンテージ」。
私はパッと見た感じ、昔の小学校の床を思い出しました。
木目も美しく、デザイン性に富んでいます。

Panasonic:建具とフローリングサンプル

Panasonic:室内コーディネート

Panasonic:ドアサンプル
建具とフローリングの組み合わせ、室内のコーディネートの参考にもなりやすいショールームでした。
レトロとモダンの融合によって上品なヴィンテージ感が出ていると思います。

2-2.LIXIL:ヴィンテージスタイルがテーマ。機能性のある壁材でデザイン性もアップ

LIXIL:ヴィンテージスタイル01
LIXILもヴィンテージスタイルが今年の主体。

LIXIL:ヴィンテージスタイル02

LIXIL:ヴィンテージスタイル03

建具ではないのですがLIXILで人気なのがエコカラットです。
LIXIL:エコカラット
エコカラットを壁全面に貼るのではなく、部分的に使用することで壁にアクセントをつけることができます。
また、エコカラットは室内の湿度調整ができますので、これから湿度が高くなる時期にはうってつけの商品となっております。

2-3.朝日ウッドテック:様々なパターンのフローリングを用意

朝日ウッドテック:RUSTIC
今一番人気なのが、この無垢材挽き板フローリング「RUSTIC」のオーク材です。
木の節目がきれいに出ており、落ち着きのあるお洒落な空間を演出してくれます。

朝日ウッドテック:MOMENT
これから流行してくるのではないかと思われるのが「グレー色」の強い「MOMENT」という商品です。
朝日ウッドテック:MOMENT
この「MOMENT」も「RUSTIC」同様に無垢材挽き板のオーク材ですが、「RUSTIC」とは全く違った雰囲気になります。
更に「MOMENT」は色の濃さによって3種類のバリエーションがあり、3種類ともに女性からの人気が高いそうです。

朝日ウッドテック:ブラックウォルナット柄
一方、こちらが男性に人気のある「ブラックウォルナット」。
濃淡がはっきりと出ており、クラシックな高級感があり、どことなく落ち着くCAFÉのような雰囲気です。

朝日ウッドテック:様々な床材サンプル
ショールームでは様々パターンのフローリングを見比べながら選択することができます。
朝日ウッドテック:様々なフローリングサンプル

朝日ウッドテック:様々なフローリングサンプル

こちらはフローリングではありませんが、今、人気の銘木無垢壁の壁面パネル。
朝日ウッドテック:ウッドパネル

「COOL JAPAN」の「ボーダータイプ」という壁面に設置するパネルも人気だそうです。
朝日ウッドテック:COOL JAPANボーダータイプ
エコカラットとは違った演出ができます。

最後に朝日ウッドテックで推奨されている床のお手入れについてご説明いたします。

【メーカー推奨】床のお手入れ方法
<通常の清掃>
  1. 掃除機で表面のゴミやホコリを取る
  2. 乾いた雑巾、モップでカラ拭き
  3. それでも汚れが取れないなら、水で濡らし固く絞った雑巾でふき取り
    ※水気が残るようなら雑巾がけはNG
<皮脂汚れの清掃>
  1. 専用のクリーナーを用意
  2. 床のホコリ等を取る
  3. 専用のクリーナーを雑巾につけ、床全体を拭く
  4. 水拭きを2回以上繰り返し、クリーナー成分を完全に取り除く
  5. 床が完全に乾くまで放置
※ワックスや表面コートをしている場合は変色等を起こすことがありますので、目立たない場所で確認してください

2-4.フローリング・建具等編まとめ:カラーだけでなく質感にもこだわった、圧倒的なバリエーション

フローリング、建具も他の商品同様に、バリエーションの多さに圧倒されました。
カラーに加え、質感にもこだわった商品となっており、家具やカーテン、照明まで含めたトータルコーディネートが必要だと感じました。
選択することは非常に大変な作業になりますが、商品が本当にたくさんありますので、より理想とする商品を見つけることができると思います。

3.ショールームのご案内

今回取材にご協力いただいたショールームはこちら。

Panasonic
パナソニックリビングショウルーム東京 ショールーム情報はこちら
 
LIXIL
LIXILショールーム東京 ショールーム情報はこちら
 
TOTO
TOTO東京センターショールーム ショールーム情報はこちら
 
朝日ウッドテック
東京ショールーム ショールーム情報はこちら

4.まとめ

リフォームをする場合に重要なのは「どのようなテイストの空間を作るか?」ではないかと思います。テイストが決まれば、カラー選択や質感選択が容易にでき、本当に気に入ったお部屋作りが可能になると思います。

また、リフォームは頻繁におこなうことができないため、長く住むことを前提で検討する必要があります。飽きのこないコーディネート、居心地の良いコーディネート、本当に自分の好きなコーディネートを選択する必要があります。

今は本当に様々な商品がありますので、きっと希望に合うリフォーム素材があると思います。
もし、まだ具体的な自分の理想像が無いという方、一度ショールームに見学に行ってみてはいかがでしょうか。
「こんな感じ好きだな」とか「これは自分に合わないな」とか何となくではありますが、希望のスタイルを作っていくことができますよ。

マンションのモデルルームを見に行こう!

モデルルーム

モデルルームは、お部屋を広さを体感したり、キッチンやバスルームなどの設備を触ることができる場所。インテリアコーディネートも凝っているから見るだけでも楽しく、新しい暮らしへの期待も膨らみます。

またモデルルームでは、経験豊富なスタッフがあなたにぴったりな住まいの場所や種類、購入するタイミングを見つけるお手伝いをします。ちょっと不安な資金についても気軽に相談してみてくださいね!