飲んでも食べても美味しい♪甘酒を使ったアレンジレシピ6選

栄養価が高く「飲む点滴」とも言われる甘酒。アミノ酸やビタミンB群・ミネラル・オリゴ糖・食物繊維といった栄養が豊富に含まれています。
甘酒には、酒麹を使ったものと米麹を使ったものの2種類がありますが、米麹で作られたの甘酒はアルコールが含まれないので、子供や妊娠中の人でも安心して飲むことができます。

そんな甘酒、実はそのまま飲むだけではなく、他のものと組み合わせても美味しくいただけるってご存知ですか?今回は飲むだけではなく、美味しく食べることもできる甘酒のアレンジレシピを6つ紹介します。


甘酒を使った料理のアレンジレシピ

甘酒を隠し味としてつかうと、コクが出て旨みが引き立ちます。子どもから大人まで食べやすいものを選びました。

甘酒味噌炒め

麹の効果でお肉が柔らかく仕上がり、旨味が引き出されます。

材料(4人分)

  • 豚肉こま切れ 200g
  • キャベツ 3~4枚
  • ごま油 大さじ2
味噌ダレ
  • 甘酒 大さじ6
  • みそ 大さじ2
  • 料理酒 大さじ2
  • しょうゆ 小さじ2

作り方

  1. ボウルに味噌ダレの材料を全て入れ、よく混ぜ合わせる
  2. フライパンにごま油を入れて中火で熱し、豚肉を入れて炒める
  3. 豚肉に火が通ったら、キャベツを入れる。キャベツがしんなりしたら、合わせておいた味噌ダレを加えて炒め合わせる(一度に入れずに、味をみながら入れること)
  4. 味噌ダレが全体に行き渡ったら、お皿に盛り付けて完成
アレンジポイント
豚肉以外に、牛肉やひき肉を使ってもOK。キャベツに加えて、れんこんなどの根菜や長ネギ・ピーマンを追加すると、違った風味や食感を味わえて美味しいですよ。

甘酒カレー

甘酒をプラスすると、1日寝かせたようなコクのある、まろやかな味わいになります。

材料(4人分)

  • 肉 200g(牛、豚、鶏肉などお好みのもの)
  • 玉ねぎ 1/2個
  • にんじん 1/2個
  • じゃがいも 1個
  • カレールー 半箱
  • 水 カレール-の箱に書いてある分量
  • おろしにんにく チューブ2~3㎝
  • おろししょうが チューブ2~3㎝
  • 甘酒 100ml~
  • サラダ油適量

作り方

  1. 野菜は皮を向いて、玉ねぎは薄切り、にんじん・じゃがいもは食べやすいように一口大に切る
  2. 鍋にサラダ油、おろしにんにく・おろししょうがを入れて熱し、香りが立ったらたまねぎが飴色になるまで弱火でよく炒める
  3. 肉を入れて色が変わったら、にんじん・じゃがいもを加える
  4. 油が回ったら、カレールーの箱に表示された分量より気持ち少なめの水を加え、沸騰させ、野菜に火が通るまでアクを取りながら煮込む
  5.  いったん火を止めて、カレールーを溶かし、さらに煮込む
  6. 様子をみながら甘酒を加え、器にご飯を盛ってルーをかけたら完成
アレンジポイント
カレーの辛さや水の量によって、甘酒の分量は調整してください。最後に加える甘酒の量で、全体量や仕上がりの味を調整するイメージです。
また甘酒を加えたら、長く煮込まなくてもOK。トッピングにオリーブオイルで揚げ焼きした野菜を添えると、彩りがきれいですよ。

スイーツのアレンジレシピ

ほんのり甘酒の風味ただよう、優しい甘さのスイーツレシピです。甘酒の甘さの分、お砂糖を使う量を減らせますよ。

優しい甘味の甘酒プリン

甘酒のおかげで、主張しすぎない甘さに仕上がるプリンです。

材料(4個分)

  • 卵 4個
  • 牛乳 300ml
  • 甘酒 400ml
  • 砂糖 30g

作り方

  1. 砂糖・卵をボウルにいれて、しっかりと混ぜあわせる
  2. 牛乳と甘酒を(1)に少しずつ流し入れ、泡立たないように静かにまぜる
  3. (2)を茶こしなどに通ししながら、カップに等分ずつ分ける
  4. 沸騰した蒸し器に入れ、弱火で15~20分ほど蒸す
  5. 粗熱をとって冷蔵庫で冷やしたら、できあがり
アレンジポイント
お好みで砂糖の量を減らすことができます。減らした分、より甘酒本来の味を感じることができますよ。
寒い季節は冷やさずに、温かいままホットプリンとして食べても美味しいです。

甘酒フレンチトースト

いつものフレンチトーストより使う砂糖の量は少なめです。甘酒の自然な甘みが口に広がります。

材料(2人分)

  • 甘酒 125~150ml
  • 卵 1個
  • 砂糖 大さじ1~1と1/2
  • バニラエッセンス 少々
  • 食パン  2枚
  • バター 適量
  • 粉糖 適量(あれば)
  • はちみつ 適量

作り方

  1. バットに甘酒・卵・砂糖・バニラエッセンスを入れ、よく混ぜあわせる
  2. ひとくち大に切った食パンを、バットの液に両面をひたす
  3. フライパンにバターを入れて熱し、②の両面を弱火で両面焼き色がつくまでじっくり焼く
  4. 器に盛ったら完成
アレンジポイント
お好みで粉糖やはちみつをかけて召し上がってください。ホイップクリームを添えると、見栄えも豪華です。

ドリンクと組み合わせるアレンジレシピ

そのまま飲んでも美味しい甘酒ですが、実は他の飲み物と組み合わせると更に飲みやすく、美味しくなります。

甘酒スムージー

ベリーの酸味に甘酒の柔らかい甘さが加わって、牛乳で作るのとは違った味わいのスムージーになります。

材料(4人前)

  • 甘酒 400ml
  • 冷凍のミックスベリー 200g
  • 無糖ヨーグルト 200g

作り方

  1. フードプロセッサーやミキサーに、甘酒・ミックスベリー・ヨーグルトを入れて撹拌する
  2. 全体がなめらかになったら、グラスに注いで完成
アレンジポイント
甘さが足りないときは、はちみつを入れて調整してください。ミックスベリー以外に、りんごやキウイも合います。お好みのフルーツで作ってみてください。

甘酒豆乳

ほんのり控えめな甘さが足され、豆乳が苦手な人でも飲みやすくなります。

材料(4杯分)

  • 甘酒 200ml
  • 調整豆乳  200ml

作り方

  1. 甘酒と豆乳を、グラスに同量ずつ注ぐ
  2. よく混ぜあわせて完成
アレンジポイント
甘さを控えめにしたい時は、無調整豆乳で作ってください。もしくは豆乳の分量を増やしてもOKです。お好みのバランスを見つけてください。
塩をひとつまみ入れると、味が濃厚になります。

まとめ

甘酒は飲むだけでなく、料理の調味料やお菓子の甘味としても使いやすいものです。これまであまり手に取ったことがないという方も、作りやすそうだと思うレシピから、ぜひ甘酒にチャレンジしてみてくださいね。

アルファジャーナルの「今読みたい記事」がメールで届く!

アルファジャーナルのメルマガが届く「アルファあなぶきStyle会員light」に登録すると、数ある記事の中から今読みたい厳選記事や、最新情報のメールが届きます。

今すぐ登録して、アルファジャーナルをもっと楽しもう!

アルファジャーナルの今読みたい記事がメールで届く
アルファジャーナルの
厳選記事がメールで届く