実際に住んでいるからいえる!東向きのマンションをすすめる3つの理由

実際に住んでいるからいえる!東向きのマンションをすすめる3つの理由

マンション販売の営業マンをして数年。モデルルーム見学に来られる方と話をしていると、住まいの向きとして人気な方角は「南」だと思っている方が一般的に多いように感じます。しかし、世の中には北向き・西向き・東向きの住まいもたくさん存在するように、必ずしも南向きがベストとは限りません。

では、マンションを選ぶ際にベストな方角とはどれなのでしょうか。
答えは、ご自身の生活スタイルに合っていればどの方角でも大丈夫だということです。
筆者は東向きのマンションで暮らしていますが、一般的な東向きの住まいで言われるデメリットを感じることは特になく、快適に生活できています。

今回は、新築分譲マンション販売の営業マンであり東向きのマンションで暮らす筆者の視点から、東向きマンションの魅力と、東向きの住まいが適した生活スタイルの実例をご紹介します。

1 「東向き」マンションの特徴とは

1-1 メリット

朝が明るく気持ちが良い

朝が明るく気持ちが良い
東向きの最も大きなメリットは、午前中は日当たりがとても良く、明るい朝を迎えられることです。朝日は高度が低く、東向きマンションでは部屋の奥まで光が届きます。夏場は、早い時間から光が部屋に入り、まぶしい程ですが、冬場には暗くなりがちな部屋を明るく照らしてくれます。

一日のスタートである朝。早起きが苦手な方も、東向きマンションなら窓から入る光で目覚めやすくなります。朝日を浴びると気分が明るくなり、前向きな気持ちで一日を始めることができます。
筆者自身、毎朝眠さを感じつつ寝室からリビングに向かいますが、そこには朝日が差し込む明るい空間が広がっており、とてもすっきりした気持ちになれます。朝、起きるのが苦手な筆者でも、眠かった気持ちを忘れて目が覚めた状態で朝食をとり、朝の支度を進めることができました。

夏場は比較的涼しく過ごしやすい

夏場、東向きマンションでは、午後から部屋に直射日光が当たらなくなり暑さが少し和らぎます。もちろん、午前中に光を取り込むことで室温は上がっているため、温度が下がるわけではありませんが、直射日光が当たらないことで比較的暑さがしのぎやすいともいえます。
一日を通して部屋に直射日光が当たる南向きと異なり、午前と午後で過ごしやすさに変化があるのも東向きの特徴のひとつです。筆者もマンションに入居した時期がちょうど夏でしたが、朝は確かに室温が上がるものの、気温が最もあがる午後は屋外のような暑さを感じることがありませんでした。朝つけたエアコンも午後には設定温度を下げることができ、驚いたのを今でも覚えています。真夏の暑い一日が快適に過ごしやすいと感じました。

予算が抑えられて家計も安心

予算が抑えられて家計も安心
日本では気候の兼ね合いもあり、日当たりを求めて一般的には「南向きが良い」といわれます。もちろん立地や広さにもよりますが、分譲物件も賃貸物件も、南向きの部屋は比較的価格が高い設定にされている場合が多いです。実際、筆者の実家は、東向きと南向きの2棟建て分譲マンションでしたが、同じ階数・ほぼ同じ広さの住戸で、向きの違いだけで当時200~400万円の価格差がありました。同じ立地・広さでも、方角で価格差があるのだと実感したのを覚えています。

つまり、東向きマンションでは、南向きに比べて抑えられた価格で住めるかもしれないのです。もちろん、これは一概には言えず物件によって様々なので、周辺相場で比較してみるのも良いかもしれませんね。

1-2 デメリットと注意点

朝日がまぶしい

朝日が差し込み明るい朝は迎えられますが、まぶしい程の光が差し込むため、薄い生地のカーテンでは朝日が部屋に入ることで明け方に早く目覚めてしまうこともあります。寝室が東側に面している場合には日差しへの対策も必要です。

<解決策[1]>
遮光等級の高いカーテンを使用しましょう!
遮光等級の高いカーテンを使用しましょう!
遮光カーテンには1~3級まで等級がありますが、我が家ではリビングカーテンは遮光1級のものを使用しています。
これにより朝のまぶしさを抑えられますし、さらに遮熱効果もあるカーテンのため室温の過度な上昇をも防いでくれます。部屋の状況に応じて、遮光や遮熱などの性能もチェックしてみると良いですね。
<解決策[2]>
寝室を東側以外の部屋にしましょう!
朝が明るいということで、筆者も初めは寝室を東側にしていましたが、いくらカーテンで対策をしても隙間から入る朝日で目が覚めてしまうこともあったので、寝室を東向き以外の部屋にしました。
カーテンの遮光性を上げることで、朝日で目が覚めなくなるなら問題ないですが、目が覚めてしまう場合には、朝でも暗い部屋を寝室にして睡眠を優先し、起床後に東に面したリビングで明るい太陽光を浴びるという過ごし方も良いですね。

洗濯物が乾きやすい時間が限られる

東向きマンションの日当たりは、太陽が昇ってから午前中が一番良く、正午から午後にかけてだんだん暗くなっていくのが通常です。もちろん、午後から夕方にかけて直射日光が当たらず、洗濯物が全く乾かないということはありませんが、乾きにくくはなります。

<解決策>
太陽の光で洗濯物を乾かすためには朝早い時間に干しましょう!
朝早い時間に干しましょう!
我が家では朝一番に洗濯をする習慣があるので、洗濯後すぐ外に干すことで午前中にすぐ乾くこともあります。
家族の人数が多い方やこまめに洗濯をする方は、朝方の時間を利用するのはもちろんですが、東向きではどのくらいの光があたるのかも確認してみましょう。

植物が育てにくい

植物の生育にとって必要な光合成。もちろん太陽光が必要となりますが、東向きマンションでは、植物の種類によっては日照時間が不足し、育てにくい場合もあります。

<解決策>
園芸店などでバルコニーの日当たりや状態などを相談してみましょう!
園芸店などでバルコニーの日当たりや状態などを相談してみましょう!
時期的に夏がメインの植物では、東向きの方が合っている場合もありますし、プロ目線で育てやすい植物を教えてくれます。筆者も夏にはゴーヤやアサガオなど、朝に太陽がよく当たるのを活かしたガーデニングを楽しんでいます。
東向きのバルコニーでガーデニングを楽しもうと思っている方は、どの植物が育てやすいか、バルコニーにどのように設置するのが良いのか、などを考えて東向きならではのガーデニングを楽しむと良いですね。

2 実録!東向きマンションに住んで良かった事例をご紹介

2-1 日中は仕事で留守の多いAさんの場合

日中は仕事で留守の多いAさんの場合
30代の半ば、単身でマンション購入に踏み切ったAさんは、通勤がしやすく休日も充実した生活を送れるエリアでマンションを探していました。そんな時、見つけたマンションが東向きの物件でした。

これまで住んでいた実家ではリビングや洗濯物干し場は南側に面しており、東向きの日当たりや生活イメージができませんでしたが、ふと考えるとAさんは平日の朝から晩まで仕事に出ていて不在、休日も趣味や友人との約束で出かけることが多く、家にいるのは朝と夜だけ。一人暮らしのため他の家族に配慮する必要もありませんでした。
生活の中で日中家にいることがないので午後の日当たりも関係ありませんし、朝に洗濯をするのが習慣なので、夏場は1時間ほどで洗濯物も乾き、家事が早く片付くので東向きマンションにして良かったと満足されていました。

2-2 子育て中で朝から活動のあるBさんの場合

4歳の長女と1歳の長男の子育て中であるBさん家族。東向きマンションに住みだしたのは1年前、長男が生まれた頃でした。
あまりマンションの向きは気にせずに住み始めましたが、主人は毎日仕事に出かけ、奥様は専業主婦として子どもたちをみる毎日。主人の帰りは深夜になることが多いため、平日に家族が揃うのは朝の時間帯のみ。毎朝、家族全員で囲う食卓は子どもたちの声と家族の笑顔があふれる空間です。

横長リビングといわれる、ダイニングとリビングがバルコニーに面した間取りに住むBさん家族は、家族全員が揃う朝の空間に、たっぷりの光が差し込み、とても気持ちの良い朝の時間を過ごすことができているそうです。また、午後にはリビングで子どもたちが昼寝することがありますが、直射日光がきつくないので、東向きのマンションに住んでいて良かったとのことでした。

2-3 朝起きるのが苦手なCさんの場合

朝起きるのが苦手なCさんの場合
これまで実家暮らしをしていたCさんは、毎朝起きるのが苦手で、朝は必ず家族に起こしてもらっていました。仕事の都合で入居した社宅が東向きのマンションで、リビングの他、洋室もバルコニー側に面していました。何気なくバルコニー側の部屋を寝室にしたCさんですが、家族の力を借りずに朝起きられるか、不安がありました。しかし引越翌日の朝、寝室に差し込む朝日を受け、Cさんは目覚まし時計ひとつで目覚めることができたそうです。

これまでの実家は北側に寝室があり、朝は光があまり入らない位置でしたが、朝日をあびることで朝の気分が明るくなることがわかったCさんは、その後も寝坊することなく朝の時間にゆとりが持てているとのことです。

2-4 リビングからの景色を優先したDさんの場合

リビングからの景色を優先したDさんの場合
老後の住まいにとマンション購入をしたDさん夫妻。気にいったマンションは、2棟建てで1棟は南向き、もう一方は東向きでした。これまで南向きで生活をしていたDさんは、南向きを検討していましたが、南側に広がる景色は住宅街のみで眺望の良さを感じられませんでした。

そこで東側の眺望写真を見ると、そこには海と観光スポットにもなっている有名な山が見えました。毎日、リビングで朝日を浴びながら良い景色が眺められるなら…とDさん夫妻は東向きマンションに決めました。
夫婦ともに早起きなDさんは、山の上にのぞく日の出を夫婦で見るのが日課となり、朝日を浴びて一日をスタートし、毎日を有意義に過ごしているそうです。

3 東向き以外の選択肢

ここまで東向きマンションの特徴と、東向きマンションが適したライフスタイルの事例をご紹介しましたが、他の向きの住まいだとどんな生活になるでしょうか。東向きとの違い中心に簡単にご紹介します。

西向き

東向きとは逆に、午後から強い西日が差し込む西向きの部屋。家で過ごす時間帯が午後になるという方は、夏の日差しの対策は必要ですが、西向きもおすすめできると思います。
部屋が暑いのではないか、日当たりが悪いのではないか、と心配な方もいるかと思いますが、実は意外と安心できる向きなのです。「西向き」という選択肢についてはこちらの記事をご覧ください。

マンションの西向きも安心、マンションの向きはどこでも魅力はある

北向き

日当たりが悪くて暗そう、冬場は寒そうなどのイメージの北向き。眺望や敷地の形状などに合わせて、北向きに建てられるマンションもたくさんあります。北向きマンションにもメリット・デメリットがあり、必ずしも暮らしにくいというわけではありません
「北向き」という住まいはどうなのか。北向きマンションを選ぶ際のチェックポイントは、こちらの記事をご覧ください。

北向きマンション、買う?買わない?

南向き

日本では一般的に「南向きが良い」といわれています。これは、日本の気候が季節によって気温や湿度に大きな変化があることが関係しています。気候の特徴のひとつとして、夏は全国的に高温多湿であることがあげられます。カビの発生リスクなどを考えて、日光が午前中から午後の時間にかけて長時間よく入る南向きが日本では好まれたというわけですね。

南向きのメリットとして、夏は太陽が高い位置で光が入りにくいため暑くなりにくく、冬は太陽が低い位置で光が入りやすいため暖かくなりやすいといったことがありますが、これまで述べてきたように、光の入り方は南向き以外でもそれぞれのメリットがあります。また、気密性の高いマンションは比較的温度調整がしやすいので、このメリットだけのために南向きに拘る必要はないと筆者は考えます。

4 まとめ

東向きマンションについてご紹介しました。人それぞれ生活スタイルによって居心地の良い向きには違いがあり、また、マンションに住むにあたって、方角が一番重要であるとも限りません

あくまで個人的な意見ですが、私は実際に東向きマンションに住んでみてストレスを感じたことはありません。もともと、そこまで方角を重要視していないのもありますが、東に面したリビングは朝から明るいですし、寝室は西側にあるため快適に過ごすことができます。
東向きマンションに住んだことがなく、不安に感じている方もいらっしゃるかと思いますが、間取り構成や生活の時間帯、購入可能価格など、その時の状況に応じて選択してみるのもひとつではないでしょうか。

検討されるお部屋によって周辺環境や間取りも異なります。
自身にとって居心地が良いポイントがあるかどうかを確認することで、より自分に合った住まいを選ぶことができるかもしれませんね。

満足度の高いマンション購入をしたいなら
「アルファあなぶきStyle」に登録しよう

これからマンションを購入しようと思っているけれど、何から始めれば良いのか分からないという方は多いのではないでしょうか?

マンションを購入するには、まずは情報収集をして、立地条件や広さ、間取り、設備仕様などの、住まいに対する自分なりの希望条件を固めておくことが重要です。

「アルファあなぶきStyle」 では、最新の物件情報はもちろん、はじめての方でもマンション購入までの流れや、購入する際に確認しておくべきチェックポイントなどを分かりやすく解説しています。また、あなたのライフスタイルに合わせた住まいのご提案をいたします。

「アルファあなぶきStyle」会員になると、

  • マンション契約時に購入資金として使えるポイントが貯められる
    (入会で10,000ポイントをプレゼント中!)
  • 最新の新築マンション情報やおトクな情報を随時メール配信
  • おしゃれな家具や雑貨が当たるチャンス!
     会員限定のプレゼントキャンペーンに毎月応募出来る

など、素敵なサービスが受けられます。

年会費・登録料はかかりません。この機会にぜひ活用してみましょう。