【マンション来客用駐車場を利用する前に】必ず確認して欲しい4つのポイント

マンションの来客用駐車場

マンションに用意されている「来客用駐車場」。来客用駐車場があると、お友達や家族など、来客の際にとても助かりますよね。
ですが、ルールを守らない人がいれば、当然他のマンション住人に迷惑がかかります。ルールをしっかり確認して、皆で便利に使えるようにしたいものです。

また、マンションには来客用駐車場がある場合とない場合があります。
マンション営業担当としてお客様に物件のご案内をしていると、「どうして来客用駐車場が無いの?」といった質問をいただくことがあります。
その答えは、マンションにおける駐車場計画は、自治体の条例にしたがって立てられるからです。入居者用の駐車施設の確保が優先されるため、土地の広さによっては残念ながら来客用駐車場を確保できないマンションもあるのです。

今回は、マンションの来客用駐車場について、どんな場合に作られるのかと、利用する際に必ず確認して欲しい4つのポイントを解説します。来客用駐車場付きのマンションを検討している方や、これから来客用駐車場を利用しようと考えている方の参考になれば幸いです。

動画で見るアルファジャーナル

1.【大前提】来客用駐車場はマンション入居者全員の共用物

最初に、マンションの来客用駐車場とはどんなものなのか、利用する上での意識を確認しておきましょう。

一般的に、分譲マンション1棟に対しての来客用駐車場の台数は多くはありません。1世帯に対して来客用駐車場が1台用意されているというマンションは、おそらくほぼ無いと思います。
つまり、来客用駐車場は限られた台数をマンションの入居者全員で使うことになり、大前提として、来客用駐車場はマンション入居者全員の共用物となります。それぞれのマンションごとにルール(規約)等はあるかとは思いますが、一般的にはそうなっています。利用するときは、トラブルを避けるため、他(次)に使う方の迷惑にならないよう考えて利用しなければなりません

来客用駐車場がたくさん確保されていれば、ほぼ専有できるのに……。と残念な思いをする方もいるかと思います。
なぜ来客用駐車場の台数は世帯に対して少ないのでしょうか。次章にて、詳しく説明します。


2.マンションの来客用駐車場は、敷地に余裕がある場合のみ設けられることが多い

マンション営業担当を続けていると、どうして来客用駐車場が無いのか、こんなに少ないのかという質問を、お客様からいただくことがよくあります。
結論から言うとそれは、マンションの世帯数や建物面積に対して必要な駐車場区画数が条例で決められており、その区画を確保した上で、敷地に余裕がある場合でないと来客用駐車場を用意できないからです。

マンションなど建築物の駐車場計画について、お住まいの自治体が「条例」を設けている場合があります。販売業者は、これらの条例をもとにどれくらいの駐車区画を設けていくのかを決定していきます。条例の条件を満たす駐車区画が用意でき、敷地にまだ余裕があるときに有効利用のために検討されるのが来客用駐車場などの共用施設です。

なお、自治体の条例で駐車場区画を定めているのは、「駐車場附置条例」「高齢者の移動に関する法律」などが挙げられます。
※お住まいの自治体等によって条例等は異なる場合があります。詳細は各自治体のHP等でご確認ください。

駐車場附置条例
「入居する世帯数に対して●区画の駐車場を用意する」もしくは、「マンションの建物面積に対して●%の駐車区画を設けること」といった、建物に対しての駐車区画数が規定されています。
 
高齢者、障害者の移動に関する法律
「車いすに対応した車が駐車可能な区画を●区画用意すること」といったことが規定されています。

来客用駐車場は、条例等の条件を満たし、かつ、敷地に余裕がある場合のみ設けるという判断がされることが多いのです。そのため、敷地に余裕がないマンションでは、来客用駐車場を設けられないこともあります。

では、数少ない来客用駐車場をどのように使っていけば、入居者全員が気持ちよく使えるのでしょうか。
次章では、利用前に確認して欲しい4つのポイントを紹介します。


3.来客用駐車場を利用する前に確認すべき4つのポイント

来客用駐車場を利用したいときは、事前にルールなどを確認しておきましょう。利用者全員がルールを守れば、トラブルなくスムーズに使うことができます。
こちらのポイントを管理人(管理員)さんや管理会社に直接問い合わせたり、管理規約集・使用細則などで確認してみたりするといいでしょう。

[1]ルール(規約)の確認をしよう

ポイント1.ルールの確認をしよう

まずは、来客用駐車場の利用ルールを確認しましょう。
一般的に、マンションにはそれぞれルールが設けられています。来客用駐車場のルールでいえば、「利用する●日前までに予約が必要」「利用時間の延長をする場合は●時までに連絡が必要」「予約方法」「ルールに違反した場合の罰則」といったものが挙げられます。来客用駐車場を利用する前に必ず確認するようにしましょう。

また、年末年始やお盆期間などの時期は、来客用駐車場が混み合うことが多いです。
混雑時期限定のルールや、上手な利用方法もあれば管理人さんや管理会社に聞いておきたいですね。

[2]利用料金・精算方法の確認をしよう

ポイント2.利用料金・精算方法の確認をしよう

お住まいのマンションによっては、一日●円と来客用駐車場の利用料金が設定されている場合があります。利用した後でお金がかかることを知ったなどということがないように、利用料金が設定されているかどうかは確認しておきましょう。

また、精算方法も、都度支払い・管理費と一緒に引き落としなど、マンションによって様々です。併せて確認しておきましょう。

[3]駐車スペースの大きさ(駐車区画)の確認をしよう

ポイント3.駐車スペースの大きさを確認しよう

来客用駐車場の区画の大きさも事前に確認しておきましょう。
駐車する車の大きさによっては、区画に収まらない場合があります。無理やり駐車してしまうと、他の入居者や来客に迷惑をかけてしまい、大きな問題となることも。駐車する予定の車が区画内に収まるかどうかは事前に確認し、難しそうなら近隣の駐車場を探しましょう。

[4]もしもの時の相談窓口の確認をしよう

ポイント4.もしものときの相談窓口を確認しよう

利用時間・日数を延長したい場合の空き時間の確認や、トラブルが発生したときの相談窓口も確認しておきましょう。
特に、相談しないまま利用時間を超えて駐車するとトラブルの元になります。時間を超える前に連絡を入れられるよう、事前に窓口は確認するようにしておきましょう。


4.まとめ

マンションの来客用駐車場について、来客用駐車場の区画は一般的になぜ少ないのか、少ない来客用駐車場を入居者全員で気持ちよく利用するために、事前に確認しておきたいポイントを解説しました。

  • 大前提として、来客用駐車場は入居者みんなの共用物である
  • 事前にルール等を必ず確認するようにする

この2つの意識をもって利用すれば、トラブルなく来客を迎えることができると思います。
入居者全員でルールを守り、気持ちよく来客用駐車場を利用しましょう。

マンションのモデルルームを
体験しよう!

モデルルームはお部屋の広さや使い勝手を体感できる場所。 新しい暮らしへの期待も膨らみます。「ちょっと見てみたい…」でも大丈夫!オンライン見学なども活用して、気軽に体験してみましょう。

モデルルーム
これから住まい探しをはじめる方へ
モデルルームの活用方法を解説