くらしの歳時記【2022年2月・如月】

2月の和名は「如月」。

厳しい寒さに耐えるため、更に衣を重ねることから「衣更着(きさらぎ)」
草木の芽が張り出す時期であるから「草木張月(くさきはりづき)」
陽気が更に来る時期であるから「気更来(きさらぎ)」

など、由来は諸説ありますが、いずれも寒さの中にも春に向けての息吹を感じるような、晩冬から初春に移ろう2月らしい謂われです。

陽の光の明るさや、ほのかに緑を帯びた青い海の色に、春の気配を感じることが増えてきました。そんな春待ちの2月の歳時記をお届けします。


今月の注目イベント


2月のこよみ

2月3日「節分」(雑節)

元は各季節の始まりの日の前日のことでした。今のように立春(旧暦で1年の始まり)の前日のことを指すようになったのは、江戸時代のことです。

豆まき

節分といえば豆まき。これは、季節の変わり目には鬼(=「邪気」の象徴)が出やすいと考えられていたことに由来します。鬼に豆をぶつけて鬼を追い払い、かわりに福を呼び込もうというわけですね。
追い払うのに豆を用いるのは、穀霊(穀物の精霊のこと)が宿るとされ、魔除けの呪力が備わっていると信じられてきたからです。

とはいえ、豆まきはあとの掃除が大変で……という方には、「散らばらない豆まき」がおすすめ。変わり種恵方巻きレシピとあわせて、節分の楽しみ方を紹介します。

もうすぐ節分!親子で恵方巻と豆まきを楽しもう

魔除け

また節分では、鬼を追いやると同時に、魔除けも行います。
有名なものでは「柊鰯」。これは鬼は臭いものと尖って痛いものを嫌うとされているため、焼いた鰯の頭を柊の小枝に刺して門口に飾り、鬼が入ってこないようにするものです。

柊鰯

恵方巻き

そして忘れてはならない恵方巻き。元は関西のごく一部のエリアの風習でしたが、今では節分といえば、恵方に向かって恵方巻きを食べる日、というほどに定着しましたね。

なお、気になる今年の恵方は「北北西」です。

みんなの暮らしのこだわりを聞いちゃうアンケート「こんなとき、どうしてる?」でも、恵方巻き・節分行事について聞きました。意外な風習・行事を覗いてみませんか?

2月3日「冬土用明け」(雑節)

雑節のひとつ「土用」は、土公神(どくじん)という土を司る神様が支配する期間のこと。立春・立夏・立秋・立冬の前の約18日間を指し、期間中は土を動かす作業(土いじり、地鎮祭、井戸掘りなど)を忌むことになっています。
2022年の冬土用は2月4日の立春の前日、2月3日に明けを迎えます。

2月4日「立春」(二十四節気)

二十四節気の第1番目。旧暦ではこの日が1年の始まりであり、雑節の八十八夜・二百十日・二百二十日の起算日(第1日目)です。

立春

そして暦の上では今日から春。「寒中見舞い」は昨日までで、今日からは「余寒見舞い」に変わることに注意です。

春とはいえまだまだ寒い日が続く時期ですが、じきに梅の花もほころんで、春の気配も感じられるようになりますよ。
ちなみに、この日から春分(2022年は3月21日)の間に、今年初めて吹く南寄りの強い風が「春一番」です。

2月19日「雨水」(二十四節気)

空から降るものが雪から雨に変わり、氷が溶け始めるという意。
春一番が吹いたり、鶯の声が聴こえる地域もあります。
ただし本格的な春の訪れにはまだ早く、大雪が降ることも。三寒四温を繰り返しながら、少しずつ春に向かっていきます。

三寒四温(さんかんしおん)
冬に3日間ほど寒い日が続き、次の4日間は暖かい日が続き、また寒くなる…というように、7日周期で寒暖が繰り返される現象のこと。シベリア高気圧の影響を受ける中国北東部などで見られる、典型的な冬の気候です。
太平洋高気圧の影響も受ける日本の冬では、元来の意味での三寒四温がハッキリ現れることはほぼありません。そのため本来の意味を外れて、2月の終わりから3月にかけての、低気圧と高気圧が交互にやってきたときの気温の周期的な変化を指すようになってきています。

年中行事と2月のイベント

2月11日「建国記念の日」(国民の祝日)

建国を祝う日。日本では実際の建国日が明確ではないので、日本神話を基にこの日を定めています。戦前までは日本の紀元(歴史が始まる最初の日)として「紀元節」と呼んでいました。

建国の神話(日本書紀)
 2月11日が建国の日(紀元節)と定められたのは明治5年のことです。初代天皇とされる神武天皇が即位したのが、日本書紀に紀元前660年1月1日(旧暦)とありますが、その即位月日を新暦に換算したのが2月11日というわけです。

ちなみに神武天皇は、古事記によると137歳、日本書紀によると127歳まで生存されたそうです。このように古事記や日本書紀には神話的な内容が見られること、また神武天皇の存在そのものに関して考古学上の確証が現段階ではないことから、建国神話の筋書きが、ありのままの史実だとは考えられていません。

そのため「建国記念日」ではなく「建国記念 ”の” 日」、つまり建国された日とは関係なく、建国されたこと自体をお祝いする日という名称になりなした。

2月14日「バレンタインデー」

聖ウァレンティヌスに由来すると言われるバレンタインデー。その歴史はローマ帝国時代にまで遡ります。

時の皇帝クラウディウス2世は、兵士の結婚を禁じていました。家族という守るものができると、士気が下がると考えたのです。
その禁令に背いて恋人たちの結婚式を執り行ったのが、キリスト教の司祭だったウァレンティヌス。

しかし、それはやがて皇帝の知るところとなり、捕らえられ殉教者となってしまいます。
かくしてウァレンティヌス司祭は聖人となり、「聖ウァレンティヌス(英語読みでヴァレンタイン)」と呼ばれる愛の守護神としてまつられることになりました。2月14日の日付は、ウァレンティヌスが殉教した日です。

お家でのバレンタインディナーにぴったりなレシピ

今年も引き続きお家でゆっくりバレンタインディナーの予定、という人も少なくないと思います。

そこでアルファジャーナルからは、バレンタインらしい、チョコレートを使った本格ディナーレシピ「鶏もも肉のロースト オレンジ風味のチョコレートソース」をお送りします。教えてくださるのは、「現代の名工」にも選ばれた高松国際ホテル 洋食総料理長の松原勉シェフ。

本格ディナーレシピといっても、特別な材料を用意する必要はありません。すべて普通のスーパーで購入できるものばかりです。作り方も簡単なので、ぜひレパートリーのひとつに加えてみてくださいね。

メインメニューの材料

さっそく作っていきましょう。
作業は①鶏もも肉を焼く前半パートと ②焼いた肉を休ませている間にソースを作る後半パートに分かれています。

まず鶏もも肉を下処理をしたら、塩こしょうして…

すじ切りの様子1

ニンニクの香りを付けたオリーブオイルで皮目からローストします。

にんにくを熱し、鶏もも肉を入れた様子

蓋をして中火で約4分、裏に返して約4分、最後に蓋を外して1分程度皮目に焼き色を付けたら

鶏もも肉を焼いている様子

バットで少し寝かせておきましょう(このときに出てくる肉汁は、後からソースに使うから捨てないで!)。

バットに置いたロースト肉

ここからは後半パート。お肉を休ませている間に、ソースを作ります。
バターで玉葱を炒めてしんなりしてきたら→赤ワインを投入。

玉ねぎを炒めて。、赤ワインを入れる様子

赤ワインの水分がなくなるまで丁寧に煮詰めます。

ワインを煮詰めてた様子

オレンジジュースを入れて、アクを取り除きながら半分の量になるまで煮詰めます。
煮詰まったら、デミグラスソース・チョコレート・調味料、そして休ませている間に出てきたお肉の脂を大さじ1程度投入。

デミグラスソースを加えている様子

フルーティでありながら、カカオのコクを感じられるソースが完成しました。

ソースを混ぜている様子

休ませておいた鶏もも肉をカットして、別に用意しておいた付け合わせとともに盛り付け、ソースをかけたらできあがり!
ね、簡単でしょう?

鶏もも肉のローストの写真

詳細な分量や手順は、こちらの記事から。
ホワイトチョコレートを使った苺のムースのレシピも紹介してますよ。

【ホテルシェフ直伝】チョコを使った本格ディナーレシピとソムリエが教えるお手軽ワインの選びかた

見えると寿命が延びるかも?南天の星カノープスを見つけよう

カノープスは、りゅうこつ座のα星(その星座でもっとも明るい星)。
マイナス0.7等と全天中で2番目に明るい恒星であるにもかかわらず、見つけにくい星として知られます。それは日本の多くの地域において、南中高度(南の空でもっとも高くなる時の高度)が非常に低く、見つけにくいため。

計算上では福島県北部付近がカノープスが地平線上にのぼる北限で、それよりも北の地域では見ることすらできません。ただし地平線近くの星は大気の影響で実際よりも高く見えるので、実際の北限はもう少し北になるようです。
逆に南に行けば行くほど、南中高度は高くなるので見つけやすくなります。

2月はこのカノープスが夜更け前に南中するので、観察するチャンスです。低空に雲がかかっていない晴れた夜は、南の空がひらけた場所でチャレンジしてみてください。星座アプリを利用すると見つけやすいですよ。

画像出典:国立天文台│国立天文台「カノープスを見つけよう(2022年2月)」

南中時刻と高度は、国立天文台の暦計算室暦象年表>恒星の出入りと子午線通過」で調べることができます。ちなみにアルファジャーナル編集部のある香川県高松市の南中時刻は21時41分(2022年2月1日)、南中高度は3.1度です。

本来のカノープスは白く輝く恒星ですが、地平線近くに見える天体は大気の影響を受けて実際よりも暗く赤く見えます。
このことから、中国では寿老人(道教の神)の星「南極老人星」と呼ぶことがあるそうです。また寿老人は長寿をつかさどる神様なので、この星を見ると長生きできるという言い伝えもあるそうですよ。ぜひ見つけてみたいですね。

今月のアンケート


みんなの暮らし聞いてみました!
\こんなとき、どうしてる?/

わざわざ聞かない。聞けないけど、ずっと気になっている日常生活のアレコレ…「そういえば、みんなどうしてる?」をリサーチしてお届けします!

今月のお題は「定額制動画配信サービス」

今やすっかり定番の定額制動画配信サービス。毎月一定額を支払えばドラマや映画が見放題なので、おうち時間が充実しますよね。
皆さんはどこのサービスを利用していますか?おすすめのサービスや利用の頻度・時間帯など、「動画サービスの利用状況」について教えてください。

回答期限:2022年2月9日(水)
アルファあなぶきStyleのサイトに移動します

先月の「節分・恵方巻き」の集計結果をみる

節分といえば「豆まき」。ただ豆をまくだけと思いきや、実は地域によってやり方が違うことはSNSなどでも有名です。
そんな地域ごとの節分のお作法や、恵方巻きのこだわりを聞いてみました。456人の回答から見えてきた意外な結果をCHECK!

アルファあなぶきStyleのサイトに移動します

次回の「くらしの歳時記」は3月・弥生編。お楽しみに!

アルファジャーナルの「今読みたい記事」がメールで届く!

アルファジャーナルのメルマガが届く「アルファあなぶきStyle会員light」に登録すると、数ある記事の中から今読みたい厳選記事や、最新情報のメールが届きます。

今すぐ登録して、アルファジャーナルをもっと楽しもう!

アルファジャーナルの今読みたい記事がメールで届く
アルファジャーナルの
厳選記事がメールで届く