くらしの歳時記【2019年3月・弥生】

3月の和名は「弥生」。

「弥」はますます・いよいよという意味、「生」は生い茂る様子を指します。
つまり春が近付き、草木がいよいよ生い茂る様子・時期であることを表しているのです。

このほかにも、3月の異名は、桜月(さくらづき)・花見月(はなみづき)・花月(かげつ) ・夢見月(ゆめみつき)など、萌え出づる春の様子を表現したものばかり。年度替わりで何かと慌ただしい時期ではありますが、少し立ち止まって、自然の生命力に触れてみてはいかが。

3月3日「上巳の節句(桃の節句)」(節句)

3月最初の巳の日という意味。後に3日に定まりました。
桃の季節でもあることから桃の節句とも呼ばれます。

桃の節句

ところで、桃の節句といえばお雛様ですね。
この日にお雛様を飾るようになった起源は、古く、古代の中国にまで遡ります。

当時の中国ではこの日に川で身を清め、不浄を祓った後に宴を催す習慣がありました。つまり上巳の節句は、元来、春を寿ぎ、無病息災を願う厄払いの行事だったのです。これが日本に伝来して神事と結びつき、紙や草でできた人形(ひとがた)で自分の身体をなで、厄や病などの穢れを移して川に流す行事へと変化しました。現在でも一部地域に残る「流し雛」の風習はこの名残です。
さらに時代が下って、人形を厄災避けのための「守り雛」として飾る習慣へと変化していきます。現在のように男女一対の内裏雛を飾るようになったのは、江戸時代ごろからと言われています。

3月6日からは「啓蟄」(二十四節気)

「啓」は開く、「蟄」は土中で冬ごもりしている虫などのことを指します。
春の訪れ感じて、冬ごもりしていた虫が外に這い出てくる頃のこと。少しずつ気温も上がり、日差しも春めいてきます。

啓蟄

草木も芽吹き出すころ。店先に山菜が並び出して、味覚でも春を楽めるようになります。

3月18日「彼岸の入り」(雑節)

春分の前後3日を合わせた7日間が「春彼岸」です。
今年は3月18日に彼岸入りし、24日に彼岸明けします。

春彼岸

仏教では、三途の川を挟んで「彼岸(三途の川のあちら側)」と「此岸(私達の住む側)」に分かれると考えられています。また極楽浄土=彼岸は西の彼方にあるとされることから、太陽が真西に沈む春分(と秋分)は、その夕日が彼岸への道しるべになるとされてきました。お彼岸は、亡き人のいる西の彼方の浄土を思い、供養をする期間なのです(お盆のように、浄土から帰ってくるわけではないですよ)。

お彼岸のお供え物といえば「ぼたもち/おはぎ」。
諸説ありますが、牡丹が咲く時期であることから春のお彼岸にお供えするものは「ぼたもち(牡丹餅)」、同様に、秋は萩の花に見立てて「おはぎ(御萩)」と呼ばれているようです。

3月21日からは「春分」(二十四節気)

天文学上「昼と夜の長さがほぼ等しくなる」日(春分日)。
この日を境に昼が長く、夜が短くなっていきます。

春分の七十二候の2番目(次候)は「桜始開(さくらはじめてひらく)」。
そう。誰もが待ち望む、お花見シーズンの始まりです。いよいよ春本番。可愛らしい桜のお菓子を持って、外に出かけてみませんか。

春分

またこの日は、国民の祝日「春分の日」でもあります。「自然をたたえ、生物をいつくしむ日」ことを主旨として1948年に制定されました。

アルファジャーナルの「今読みたい記事」がメールで届く!

アルファジャーナルの今読みたい記事がメールで届く

会員登録で特典いろいろ

「アルファあなぶきStyle」に登録すると、見逃せない最新記事や、暮らしや住まいに関する記事がメルマガで届きます。また素敵なインテリアや雑貨が当たるプレゼント企画も。

今すぐ会員登録して、アルファジャーナルをもっと楽しもう!