くらしの歳時記【2019年2月・如月】

2月の和名は「如月(きさらぎ)」。

厳しい寒さに耐えるため、更に衣を重ねることから「衣更着(きさらぎ)」
草木の芽が張り出す時期であるから「草木張月(くさきはりづき)」
陽気が更に来る時期であるから「気更来(きさらぎ)」など、由来は諸説あります。

一見バラバラな由来のように思えますが、寒さの中にも春に向けての息吹を感じるような、晩冬から初春に移ろう2月らしい謂われです。香り高く梅もほころび始める、そんな2月のくらしの歳時記を紹介します。

2月2日は「初午」(雑節)

2月最初の「午の日」。各地の稲荷神社で五穀豊穣や商売繁盛、開運の祈願が行われる日です。

伏見稲荷

稲荷社の本社である伏見稲荷大社の主祭神である宇迦御霊神(うかのみたまのかみ)が、伊奈利山の三箇峰に降臨された日が和銅4年(711年)2月11日の午の日であったことが由来。宇迦御霊神は五穀豊穣を司る神様であったことから豊年祈願、転じて商売繁盛や開運を祈願するようになったとされています。

また立春を迎える2月最初の午の日は、1年で最も運気の高まる日でもあるそうですよ。

2月3日は「節分」(雑節)

元は各季節の始まりの日の前日のことでした。今のように立春(旧暦で1年の始まり)の前日のことを指すようになったのは、江戸時代のことです。

節分

節分といえば豆まき。これは、季節の変わり目には鬼(=「邪気」の象徴)が出やすいと考えられていたことに由来します。鬼に豆をぶつけて鬼を追い払い、かわりに福を呼び込もうというわけですね。追い払うのに豆を用いるのは、穀霊(穀物の精霊のこと)が宿るとされ、魔除けの呪力が備わっていると信じられてきたからです。

また節分では、鬼を追いやると同時に、魔除けも行います。
有名なものでは「柊鰯」。これは鬼は臭いものと尖って痛いものを嫌うとされているため、焼いた鰯の頭を柊の小枝に刺して門口に飾り、鬼が入ってこないようにするものです。

柊鰯

そして忘れてはならない恵方巻き。元は関西のごく一部のエリアの風習でしたが、今では節分といえば、恵方に向かって恵方巻きを食べる日、というほどに定着しましたね。気になる今年の恵方は「東北東やや東」です。

2月4日は「立春」(二十四節気)

二十四節気の第1番目。旧暦ではこの日が1年の始まりです。そのため、雑節の八十八夜二百十日・二百二十日の起算日(第1日目)になっています。

立春

そして暦の上では今日から春。「寒中見舞い」は昨日までで、今日からは「余寒見舞い」に変わることに注意です。
春とはいえまだまだ寒い日が続く時期ですが、じきに梅の花もほころんで、春の気配も感じられるようになりますよ。ちなみに、この日から春分(2019年は3月21日)の間に、今年初めて吹く南寄りの強い風が「春一番」です。

2月11日は「建国記念の日」(国民の祝日)

建国を祝う日。日本では実際の建国日が明確ではないので、日本神話を基にこの日を定めています。戦前までは日本の紀元(歴史が始まる最初の日)として「紀元節」と呼んでいました。

橿原神宮

建国の神話(日本書紀)
2月11日が建国の日(紀元節)と定められたのは明治5年のこと。初代天皇とされる神武天皇が即位したのが、日本書紀に紀元前660年1月1日(旧暦)とありますが、その即位月日を新暦に換算したのが2月11日というわけです。
ちなみに神武天皇は、古事記によると137歳、日本書紀によると127歳まで生存されたそうです。このように古事記や日本書紀には神話的な内容が見られること、また神武天皇の存在そのものに関して考古学上の確証が現段階ではないことから、建国神話の筋書きが、ありのままの史実だとは考えられていません。そのため「建国記念日」ではなく「建国記念”の”日」、つまり建国された日とは関係なく、建国されたこと自体をお祝いする日という名称になりなした。

2月19日は「雨水」(二十四節気)

空から降るものが雪から雨に変わり、氷が溶け始める頃。春一番が吹いたり、鶯の声が聴こえる地域もありますよ。ただし本格的な春の訪れにはまだ早く、大雪が降ることも。三寒四温を繰り返しながら、少しずつ春に向かっていきます。

雨水

三寒四温(さんかんしおん)
冬に3日間ほど寒い日が続き、次の4日間は暖かい日が続き、また寒くなる…というように、7日周期で寒暖が繰り返される現象のこと。シベリア高気圧の影響を受ける中国北東部などで見られる、典型的な冬の気候です。
太平洋高気圧の影響も受ける日本の冬では、元来の意味での三寒四温がハッキリ現れることはほぼありません。そのため本来の意味を外れて、2月の終わりから3月にかけての、低気圧と高気圧が交互にやってきたときの気温の周期的な変化を指すようになってきています。

次回のくらしの歳時記は【3月・弥生】編。
お楽しみに!

アルファジャーナルの「今読みたい記事」がメールで届く!

アルファジャーナルの今読みたい記事がメールで届く

会員登録で特典いろいろ

「アルファあなぶきStyle」に登録すると、見逃せない最新記事や、暮らしや住まいに関する記事がメルマガで届きます。また素敵なインテリアや雑貨が当たるプレゼント企画も。

今すぐ会員登録して、アルファジャーナルをもっと楽しもう!