くらしの歳時記【2019年4月・卯月】

今年もまた春がめぐってきました。
長く厳しい冬を越え、生命の萌え出づる4月は、進学や引っ越し、異動などで、人間もまた新たなスタートを切る季節です。
そんな4月を楽しく過ごすための「くらしのエッセンス」、そして暦と行事を紹介します。


4月の和名「卯月」の由来

卯木

卯の花が咲く月「卯の花月(うのはなづき)」を略したもの。卯の花とは空木(うつぎ)の別名。白くて小さな、可愛らしいお花です。


2019年4月の暦と行事

春分1日 エイプリルフール清明16日
2日17日 春土用入り
3日18日 春土曜の間日
4日19日
清明5日 清明穀雨20日 穀雨
6日21日 イースター(復活祭)
7日22日 アースデイ
8日 花祭り23日
9日24日
10日25日
11日26日 春土曜の間日
12日27日 春土用の間日
13日 十三参り28日
14日29日 昭和の日(祝日)
15日30日 春土曜の間日

「土用」は雑節のひとつ。土公神(どくじん)という土を司る神様が支配する期間とされ、土を動かす作業(土いじり、地鎮祭、井戸掘りなど)を忌む習慣です。とはいえ、18日もの間それが続くのは、さすがに実生活に影響が出ますよね。そこで土公神が地上を離れる日=「間日」を設け、その日は作業をOKとしました。
ちなみに土用は年4回あり、立春・立夏・立秋・立冬の直前の約18日間がその期間です。


今月の味覚│桜を味わい尽くす

春爛漫の象徴といえば、やはり「桜」。フワフワと柔らかく淡いピンクの花は、「いつ咲くんだろう」「お花見はいつごろできる?」「まだ散ってしまわないかな」と毎年私たちをソワソワさせます。
毎年、たった10日間ほどの間に多くの人びとの気持ちを振り回し、そして散っていく。そんな儚くも愛らしい桜を、見て楽しむだけでなく味わうことでも楽しんでみましょう。

桜茶と、さくら・菜の花の和菓子

まずは桜をまるごと塩漬けにした「桜茶」から。
澄んだ薄紅色のお茶を口に含めば、ふわりと鼻に抜けていく桜の香りが春の訪れを実感させます。

桜茶

基本の淹れ方は、塩漬けの桜を1ー2輪、茶碗の中に入れてお湯を注ぐだけ。
そのままでは塩っぱすぎることがあるので、丁寧に淹れるのならば先に塩抜きを。小さめの器を別に用意してそこに桜を入れ、ぬるま湯を注いで余分な塩を流します。このときに長すぎる”がく”などは切っておくと、仕上がりも綺麗に。
塩抜きが終わったら、改めて茶碗に桜を入れてお湯を注ぎます。味見をして薄く感じたら、塩抜きに使ったお湯をひと匙ほど入れて味の調整を。

菜の花と桜のきんとん風

お茶のお供には、手作りの和菓子。桜と菜の花を模した「きんとん風」です。
本来、きんとんはヤマノイモを使う手のかかるお菓子ですが、白あんと白玉粉でつくる「練りきり生地」を目の粗い金ザルなどに押しつけるお手軽レシピなら、自宅でも簡単に作ることができますよ。
練りきりのレシピは「【動画レシピ付き】お花見気分を盛り上げる簡単「桜の和菓子」の作り方」を参考にどうぞ。

春を感じるテーブルコーディネート
モダンな色使いの萩焼の茶碗に、アンティークのプレスガラス製のプレートを組み合わせて、和モダンなスタイリングに。クロスには春の空のような柔らかいブルーを選べば、部屋の中でもお花見の気分が味わえます。
桜茶と和菓子

桜と苺のベスト春コンビ

続いてはホテルのパティシエが作る、4月限定のドルチェ「春風薫る桜のムースに苺のソースを添えて」。
桜風味のムースには、桜リキュールで作ったジュレと塩漬けの桜をのせて。横に添えたバニラアイスクリームには、香川県産の苺「さぬき姫」をふんだんにあしらい、同じ苺で作ったソースがたっぷりかけられています。

春風薫る桜のムースに苺のソースを添えて

柔らかでジューシーな果肉と、香りの豊かさが特徴の「さぬき姫」。それを活かした苺のソースは果肉感がしっかり残っていて、苺の甘さと酸味を堪能できる逸品。生の苺の食感との差も楽しく、「春が来た!」と心から思わせてくれる味わいです。

桜のムース

ほんのりピンクの桜のムースはフワフワと柔らかく甘く、甘さ控えめのジュレとの相性は抜群。
口に含めばまずムースの甘さが。その後にジュレの桜リキュールの風味が追いかけてきます。桜味というと和風の味わいのものが多い中、「洋」を感じる風味はとても新鮮です。さらに塩漬けの桜が味を引き締めて、最後まで美味しくいただけました。

撮影協力:リーガホテルゼスト高松 ARGO

香川県高松市の中心市街地に位置し、地元の人にも愛されるシティホテル「リーガホテルゼスト高松」。
その1階にあるARGO(アルゴ)は、ゆったり落ち着いたインテリアの中で、豊かな香りが自慢のコーヒーを愉しむ空間です。


今月のイベント│イースター(4月21日)

今やすっかり定番化したハロウィンイベントの、その次に”くる”新たなイベントとして注目されているのが【イースター(復活祭)】です。
近年ではテーマパークなどでイベントが開催されるようになったこともあって、日本では楽しいイベント面だけが強調されますが、本来は、十字架にかけられたイエス・キリストが死後3日目に復活したことを祝う、キリスト教最古であり最大の祝日です。
復活の日が日曜日であったことから、「春分の後、最初の満月から数えて最初の日曜日」がイースターと定められています。ちなみに2019年は4月21日で、2020年は4月12日。毎年日付が変わるので、春が来たらチェックしてみてくださいね。

キリスト受難

Easter(英)の表記は、ゲルマン神話の春の女神「Ēostre(エオストレ)」、あるいはゲルマン人の用いた春の月名「Eostremonat(エオストレモナト)」が由来とされています。これはイエス・キリストの「復活」と、春の「再生」のイメージ(すべての生命が沈黙する「死」の象徴である冬が終わるため)が結びついたためと考えられています。
イースターはイエス・キリストの復活とともに、春の訪れを喜び、その年の豊穣を祝う日でもあるのです。

そんなイースターのシンボルといえば、カラフルにペイントされた「イースターエッグ」、そして「イースターバニー」。卵は殻を割って生まれ出る生命力の象徴、ウサギは多産であることから豊穣の象徴です。

イースターのモチーフ

春の到来を謳歌し、豊穣を祈るイースター。具体的に何をすれば良いのでしょう?
ヨーロッパでは祝日になる国が多く、イエス・キリストの受難日である「グッドフライデー」からイースター当日、さらにその翌日の「イースターマンデー」まで4日間ほど休暇になる国もあるのだとか。そのため、クリスマスのように家族で過ごすことが多いようです。
グッドフライデーには教会でミサが行われますが、この日からイースターまでの間は肉類や乳製品を食べない習慣があることから、イースター当日は「解禁日」として肉や乳製品、卵をふんだんに使ったご馳走を食べて祝います。自宅でパーティーを開催することも多いですね。

私たちは、そのエッセンスを取り入れて楽しんでみましょう。
もっとも手軽なところでは、テーブルのクロスやプレースマット、食器類を春らしいパステルイエローやグリーン(あるいは花柄でも◎)に変える

春らしい色のコーディネート

あるいは春の花をブーケにして飾る、あたりがチャレンジしやすいのではないでしょうか。
お花は、春に咲くものなら何でもOKですが、ヨーロッパではチューリップやスイセン、ネコヤナギが多く使われるようです。

チューリップのテーブルフラワー

もう少し凝るなら、イースターエッグやイースターバニーを飾ったり、子供がいる家庭ならイースターエッグを探す「エッグハント」を行っても楽しいでしょう。

最近は100円ショップでもイースターグッズが充実しているので、エッグハントに使える卵形のプラスティックケースが手軽に入手できます。中に小さなおもちゃやチョコレートなどを入れて庭や家の中に隠せば、大人も楽しいイベントに。ホームパーティーの余興にもピッタリです。

朝食のボイルドエッグをペイント&デコレーションするだけでも「らしく」なりますよ。
ただし卵を茹でてしまうと傷むのが早くなるので、ずっと飾っておくのはNGです。あくまでも盛り付けアイデアのひとつとして楽しんで、すぐに食べてしまってくださいね。

ゆで卵にデコレーション

次回の「くらしの歳時記」は5月皐月編。
お楽しみに!

アルファジャーナルの「今読みたい記事」がメールで届く!

アルファジャーナルの今読みたい記事がメールで届く

アルファジャーナルのメルマガが届く「アルファあなぶきStyle会員light」に登録すると、数ある記事の中から今読みたい厳選記事や、最新情報のメールが届きます。

今すぐ登録して、アルファジャーナルをもっと楽しもう!

     
アルファジャーナルの
厳選記事がメールで届く