くらしの歳時記【2018年6月・水無月】

6月の和名は「水無月」。
梅雨入りする月の名前が「水が無い月」なんて?と思うかもしれません。

実は「水無月」の ”無” の字は、”の” に該当する連体助詞。ですので、水が無い月どころか、「水の月」というドンピシャの意味なんです。田んぼに水を引く時期であることから、水の月=水無月と呼ばれるようになったと言われています。

紫陽花や梔子の花が咲き始め、雨がより緑を濃く引き立たせる季節のはじまり。そんな6月をより楽しむための、くらしの歳時記を紹介します。

6月の行事(前半)

6月は1日の衣替えを皮切りに、行事が盛りだくさん。
まずは月前半の行事をふたつ紹介します。

衣替え(6月1日)

近年は季節外れの陽気が続く日もあり、ゴールデンウィークごろから早々に半袖にチェンジする人がいるほどシーズンレスになりました。そのため「この日から夏装束に変わる」と言われてもピンとこないかもしれません。

でも衣替えは、平安時代の宮中行事に端を発する、歴史のあるイベント。当時の衣替えでは衣類だけでなく、手に持つ「扇」の素材も夏仕様にしていたんですよ。
時代が下って鎌倉時代ごろになると、お部屋の調度品の取替も含めるようになっています。
これを機にお洋服の整理をしてみてはいかがでしょうか。
何でもしまえそうな大空間だからこそ、計画的な収納が大切。「取り出しやすさ」にこだわったウォークインクロゼットの収納方法を紹介します。
➡ https://journal.anabuki-style.com/walking-closet

時の記念日(6月10日)

日本初の時計が鐘を打った日が6月10日であることから。
この日本初の時計は「漏刻(ろうこく)」という水時計。天智天皇が671年に大津宮の内裏に設置したものだと言われています。そのため天智天皇を祀る近江神宮(滋賀県大津市)では、この日に「漏刻祭」がとり行われます。

そんな時の日。改めて毎日の通勤”時間”の意味について考えてみませんか。
➡ https://journal.anabuki-style.com/commuting-time

6月6日からは「芒種」

二十四節気のひとつで、稲や麦など、芒(のぎ=穂の針のような突起)のあるような穀物の種をまく頃のこと。しだいに梅雨めいてきて、蒸し暑く感じる頃でもあります。

ジメジメしてくると気になるのがお部屋の換気のこと。マンションの24時間換気の仕組みについて解説します。
➡ https://journal.anabuki-style.com/ventilation-system

6月11日は「入梅」

暦の上での梅雨入り。
実際の梅雨入りと異なるとはいえ、湿度も高くなり、蒸し暑さを感じる頃合いですね。
突然の雨や洗濯物の乾きにくさも気になってくる頃です。
浴室乾燥機の上手な使い方をCHECK★
➡ https://journal.anabuki-style.com/method-used-for-bathroom-dryer

6月21日は「夏至」

北半球では、1年のうちでもっとも昼間が長くなる日。日本は梅雨のさなかで天気が悪いことが多く、「昼が長い」と言われてもあまり実感がわきませんが、冬の長い北欧では「夏至祭」が行われるなど盛大に祝う日です。
またこの日から二十四節気のひとつの「夏至」にも入ります。
暦の上での「夏の折返し」地点。この日をすぎると暑さがまして、本格的な夏がやってきます。

そんな夏至の日は、キャンドルナイトのイベントがある日としても知られています。今夜は午後8時からの2時間を、照明を消してキャンドルの灯りで過ごしてみませんか。

「でんきを消してスローな夜を」

キャンドルの揺らめく炎のもと、省エネについて考えたり、世界のあらゆる場所で生きる人びとの多様性に思いを馳せたり、あるいは大切なひととロマンティックに過ごしたり。過ごし方は自由です。

そして、明かりを消したら、夜空を見上げてみませんか。自宅のバルコニーから観察する星空の魅力を紹介します。
➡ https://journal.anabuki-style.com/stargaze-at-home

6月の行事(後半)

6月も後半になってくると、湿度も気温も上がって、体力が追いつかない日もあるかもしれませんね。「美味しい」行事をふたつ、紹介します。

和菓子の日(6月16日)

嘉祥元年(848年)6月16日に、16個の菓子や餅を神前に供えて疾病よけと健康招福を祈ったのが始まり。江戸時代には、宮中のみならず、幕府においても重要な行事になりました。

四季折々の自然を映した美しい和菓子。涼し気な水出しの緑茶とともに、和風のティーパーティーなどいかがでしょうか。夏を先取りして、ジメジメした時期を爽やかに乗り切りましょう。

話題のコールドブリュー(水出し)で楽しむコーヒーと緑茶のアレンジを紹介します。
➡ https://journal.anabuki-style.com/cold-brew

夏越の祓(6月30日)

毎年6月と12月の晦日に行われる神事のうち、6月に行われるものを指します。正月から6月までの半年間の病や罪穢を祓う「夏越の祓」で行われる神事は、茅の輪くぐりや形代流し。お近くの神社で行われることも多いので、無病息災を祈願しにお出かけしてみてはいかがでしょうか。

さらにこの日には、夏を元気に乗り越えるための縁起菓子「水無月」をいただく習慣があります。ういろうの上に邪気を祓う小豆をあしらった、三角形のこのお菓子は、暑気を払う氷を模しているといわれているんですよ。

じきに梅雨があけて夏がやってきます。
酷暑とうまく付き合う昔の知恵を、インテリアにも取り込んでみませんか。五感全てで夏を楽しむコツを紹介します。
➡ https://journal.anabuki-style.com/summer-interior-and-life


次回のくらしの歳時記は【7月・文月】編。
お楽しみに!

アルファジャーナルの
「今読みたい」厳選記事がメールで届く!

アルファジャーナルの記事をもっと読みたいという方のために、「アルファあなぶきStyle会員メルマガ」では

  • 季節ごとの暮らしの楽しみ方
  • 今実践したい住まいのお手入れ法
  • 模様替えの参考になるインテリア情報
  • 今住宅購入を検討するなら、知っておきたいお得な情報

など、暮らしと住まいのご検討に役立つ記事を、毎月選りすぐってお届けしています。

「アルファあなぶきStyle」に会員登録すると、メルマガの他にもこんな特典が!

  • 素敵なインテリアグッズが当たるプレゼントに応募できる
  • マンション購入資金として使えるポイントが貯まる
  • お住まいの地域に合わせた新築分譲マンション情報がメルマガで届く

年会費・登録料はかかりません。この機会に「アルファあなぶきStyle」にぜひご登録ください。


「アルファあなぶきStyle」会員サービスをチェック

SNSで最新情報をチェック