くらしの歳時記【2018年7月・文月】

7月の和名は「文月」。

梶の葉に和歌をしたためてお祀りした「七夕」の行事にちなんだ「文披月(ふみひらきづき)」が転じたものと言われています。また、稲穂が膨らむ時期であることから「穂含月(ほふみづき)」という意味である、という説もあります。

色鮮やかに朝顔や凌霄花(ノウゼンカズラ)の花が咲き始め、海開きが行われるなど、本格的な夏の到来を感じさせる時期。そんな7月をより楽しむための、くらしの歳時記を紹介します。

7月2日は「半夏生」(雑節)

夏至から数えて11日目ごろ。
例年なら梅雨明け間近の時期です(今年はすでに6月(!)に梅雨明けしたエリアもありますね)。
ドクダミ科の植物「ハンゲショウ」の葉が白くなり、農家では田植えや畑仕事が一段落する時期です。昔からこの時期は天から毒気が降るとされ、井戸に蓋をしたり農作業をお休みする風習がありました。つまり、農繁期後の休息の時期でもあったわけですね。

半夏生までに田植えを終えた農家は、この日の天気で農作物の出来を占ったそうですが、同時に豊作を願って神様に食べ物を捧げる日でもあったようです。そのため、関西地方では蛸を、福井県(一部)では鯖を食べる習慣もうまれました。

ちなみにアルファジャーナル編集部のある香川県では「うどん」を食べる風習があります。
小麦の収穫時期は6月。この小麦を使って打ったうどんで収穫を祝ったのが始まりだと言われています。そのため今日は「うどんの日」でもあります。

この半夏生の時期に降る雨は、大雨になりやすいとか。
そんな時に便利なのが「浴室乾燥機」。使い方のコツを紹介します。
https://journal.anabuki-style.com/method-used-for-bathroom-dryer

7月7日からは「小暑」(二十四節気)

二十四節気の11番目。「しょうしょ」と読みます。
暑さが本格的になる頃。蝉が鳴きはじめたり、蓮の花が咲きはじめたりと、いよいよ夏の気配が濃厚になります。

この時期は、気温の上昇に体力が追いつかずダレてしまいがち。
住まいを夏仕様に模様替えして、涼やかに夏を乗り切る準備を始めましょう。

七夕(7月7日)

七夕は、星祭りとも呼ばれる五節句のひとつ。
年に一度の逢瀬の伝説で知られる織姫星はこと座のベガ、牽牛星(彦星)はわし座のアルタイルです。これにはくちょう座のデネブを加えたものが「夏の大三角」。

天の川銀河に浮かぶ、一等星で結ぶ三角形はとても雄大かつ優美…ですが、街中で天の川を見ようとしてもほぼ叶うことはありません。
でも、せめて明かりを消して夜空を見上げてみませんか。都市部では都市部なりの夜空の楽しみ方があります。特にこの夏は金星・火星・木星・土星と4つもの惑星が見頃を迎え、夜空がとても賑やか。惑星なら明るい都市部の夜空でも簡単に見つかるので、気になる星があったらスマートフォンの星座盤アプリでチェックするのも楽しいですよ。

また、今年の七夕は土曜日。
家族や親しい人たちで集まってホームパーティーはいかがでしょう。
笹の葉や短冊など、七夕を想起させるアイテムをトーキング・グッズとしてテーブルコーディネートしたり、七夕の行事食「そうめん」を涼やかにデコレーションしたり。いつもの食事会にワンアイテムを追加して、イベント感を楽しむのも良いですね。

海の日(7月16日)

「海の恩恵に感謝するとともに、海洋国日本の繁栄を願う」ことを趣旨に、1995年に制定された比較的新しい国民の祝日です。
7月ももう半ば。水辺で過ごすのが気持ちの良い季節になりました。
安全に気をつけて楽しみたいですね!

7月23日からは「大暑」(二十四節気)

例年なら梅雨明けし、本格的な夏の到来を感じる時期です。
今日から8月7日(2018年)の立秋までが「暑中」。この間に暑中見舞いを出します。オンラインで手軽に繋がれるこの時代に、あえて素敵なハガキやカードに近況をしたためて出してみる、なんていうアナログな方法で連絡してみるのも楽しいかもしれません。

そして暑くなると恋しくなるのが、冷たい飲み物。
今年の夏は、見た目も味わいも涼やかなコールドブリュー(水出し)で淹れたコーヒーや緑茶がオススメ!フルーツやハーブでアレンジもできるから、自宅で簡単にカフェ気分が味わえます♡

この夏注目の天文イベント。火星が地球に大接近!(7月31日)

地球と同じく太陽の周りを回る火星は、約2年2ヶ月ごとに地球に近づきます。
地球の公転軌道は円に近く、火星のそれは楕円を描いているため、同じ「接近」でも距離がかなり異なります。どれくらい違うかというと、最も遠いときと近いときとでは約2倍もの開きがあるほど。

2018年は最接近の年にあたりますが、今回は2003年以来の大接近の年に当たるのだそう。
その距離は約5,760万km。数字で聞くとピンとこないかもしれませんが、これだけ近づくと肉眼でもかなり明るく見えます。最接近前後の明るさはマイナス2.8等級。夜も明るい街中であっても、視界を遮るものがなければバッチリ見える明るさです。

提供:国立天文台

ニュースなどでは最接近の日ばかりが話題になりがちですが、人間の目で見るのなら、最接近の日の前後数週間は見え方がほぼ変わりません。7月上旬から9月頃まではマイナス2等級ほどの明るさで輝くので、晴れた夜は夜空を見上げて探してみてはいかがでしょうか。
7月は19~20時ごろ(下旬にかけて時間が早くなります)に地表から現れ、深夜にかけて南の空に昇っていきますよ。

自宅から夜空楽しむためのコツを紹介します。
https://journal.anabuki-style.com/stargaze-at-home


次回のくらしの歳時記は【8月・葉月】編。
お楽しみに!

アルファジャーナルの
「今読みたい」厳選記事がメールで届く!

アルファジャーナルの記事をもっと読みたいという方のために、「アルファあなぶきStyle会員メルマガ」では

  • 季節ごとの暮らしの楽しみ方
  • 今実践したい住まいのお手入れ法
  • 模様替えの参考になるインテリア情報
  • 今住宅購入を検討するなら、知っておきたいお得な情報

など、暮らしと住まいのご検討に役立つ記事を、毎月選りすぐってお届けしています。

「アルファあなぶきStyle」に会員登録すると、メルマガの他にもこんな特典が!

  • 素敵なインテリアグッズが当たるプレゼントに応募できる
  • マンション購入資金として使えるポイントが貯まる
  • お住まいの地域に合わせた新築分譲マンション情報がメルマガで届く

年会費・登録料はかかりません。この機会に「アルファあなぶきStyle」にぜひご登録ください。