共働き主婦必見!家事が苦手な夫に家事を分担してもらう7つのポイント

男性に家事を担当してもらうポイント

2015年度の総務省の統計によると、2,909万世帯のうち約50%が共働き。そのため夫婦で家事を分担している家庭も増えてきました。しかし就業時間が男性:平均236分、女性:143分と大きな違いがない一方で、週全体で男性が家事に費やしている時間は平均18分、女性は152分という実態も(出典:「平成23年社会生活基本調査結果」総務省統計局)

このことから分かるのは、おおむね妻側に家事負担が偏っているという構図。同時によく聞かれるのは、家事分担の具合も充分だと思えないという声。例えば「ゴミを出すだけでは家事(の分担)に含まれない」というもの。
その一方で夫側からは「こなした家事に対して後から文句を言われたりするとやる気がなくなる」という声が上がりがちのようです。例えば「食器を洗ったが、汚れが落ちていないから洗い直しになった」とか「洗濯物の干し方が不十分だから、干し直しになった」というもの。だから中には「次から家事をしたくない」と思ってしまう人も。

こんな風に、家事の分担は、お互いの認識のズレもありなかなか円満に決まりません。それを回避するために「家事が苦手な夫」である筆者が実際にやってみた「不満なく家事を分担するためのポイント」をこの記事で紹介いたします。 

夫に家事を分担してもらうための7つのポイント

我が家では次の7つのポイントを踏まえて、家事分担について話し合いました。

1.現在の家事分担を洗いだす

まず、現在の家事の分担を洗い出すことから始めました。つまり、具体的にどんなことを、それぞれがどんな風に担当しているのかを可視化したのです。この作業をすることによって、現在妻が担当している家事を、夫でも担当できるという発見があるかもしれません。
余談ですが、全ての洗い出しができれば、妻側がどのくらいの割合で家事をしているのかも分かるので、夫に納得して家事を分担するように説得する材料にもなると思います。

2.「家事の負担」ではなく「家事の分担」と意識を変える

家事は家庭を運営するために必要なことであり、その家で生活する全員が当事者となるものです。したがって「家事の負担」ではなく「家事を分担」するという意識に変えました。これによって夫が「家事をやらされている」感は少なくなります。
またお互いがお互いに対して、家事をしていることに感謝するという意識でいることも、とても重要です。

3.自分のことは自分でしてもらう

夫が自分のことは自分でするだけでも、妻の家事負担は軽減されます。
また夫だけでなく、子供にも自分のことは自分でできるように習慣付けすることも大切です。着替えた洋服やおもちゃ、食べ終わったお皿の片付けなどは、子供の躾にもなるのでぜひ取り入れてみてください。

4.ルーティンや限定された空間で、できる家事を分担する

突発的に発生する家事(庭仕事や衣替え等)は、家事に慣れていない人にとって非常にストレスです。しかし、作業が比較的簡単なルーティン家事ならストレスが少なくとりかかれるので、家事分担の初期段階にはオススメです。
例えば、ゴミ出しや子供の習い事の送迎が挙げられます。これらは決まった日時に行うことが多いので、予定も立てやすく、いつ何をやれば良いのか分かるので家事初心者向きです。また、お風呂掃除やトイレ掃除といった「限定された空間での作業」もこなしやすい家事です。

5.時間の余裕のあるときに苦手な家事を一緒にやってみる

お互いに時間の余裕があるときに、妻に苦手な家事を教えてもらいながら、こなせる家事を少しずつ増やしていきました。
このときに妻側の方にお願いしたいのが、できたこと褒めて欲しいということです。筆者も実際に褒めてもらうようにしましたが、モチベーションアップとともに、自分も家事を分担しているという意識が強くなりました。
また、子供にも手伝いをお願いしながらにすると、お互いが話しながら家事をするので、家族のコミュニケーションの時間にもなります。

6.プラスアルファで分担外の家事をしてもらう

こなせる家事が増えてきたら、分担外の家事もお願いしてみましょう。そうやって少しずつできる家事を増やせば、妻側の負担が軽減します。
お互いがフォローし合えて、家事を効率よくこなせるようになるのが最終目的です。

7.「1週間ごとにやらなければいけない家事」を見えるところに書いておく

1週間単位でやる家事をホワイトボードに書いておきます。こうすることで、やるべきことを取りこぼしなく行えます。さらに曜日ごとに、どの家事を担当するかを決めて記入しておくとより分かりやすくなるはずです。
また一覧があれば、覚えるべき家事・妻がまだ着手していない家事が分かるので、苦手克服やフォローの手助けにもなります。

<オススメ4点>夫が担当しやすい家事

家事が苦手だった筆者。でも簡単なものからトライするうちに分担できるようになりました。その経験を踏まえて、とりかかりやすい家事をご紹介します。

ゴミだし
「ゴミを出すだけは家事ではない」とやり玉に上がりがちなゴミ出し。しかし、まったく家事をしていない夫にとっては大きな一歩なんです。ここからスタートしてみましょう。
子供の着替え
子供が小さいうちは毎朝の着替えを担当してもらいましょう。朝の忙しい時間帯なので、担当してもらえると非常に助かるはずです。
ただ、着る服を選ぶのはなかなか難しい仕事なので、妻側で前日に準備をしておいてあげると、さらにこなしやすい家事になります。
皿洗い
皿洗いなら、食事の準備と違って、食べるタイミングが合わなくても分担することができます。でも帰りが遅くなってしまう日は、暗いキッチンで皿をひとりで洗っていると悲しくなってしまいました。仕事で遅くなった日は免除してあげると喜ばれるかもしれません(笑)
お風呂やトイレ掃除
限定されている空間なので作業が分かりやすく、他のことと同時進行をする必要もないので、家事初心者の夫でもこなすことができるでしょう。

まとめ

我が家の事例から言えることは、最初は簡単なことから始めるとうまくいくということです。そしてモチベーションを上げるために、とにかく家事をしたことを褒めてもらうこと!(笑)お風呂掃除だったら「凄くきれい!入ってて気持ちがいいわ!!」だったり、子供の着替えだったら「着替えを手伝ってくれると朝の忙しい時間に準備がはかどる!!」などというように具体的に褒めてもらうのが効果的でした。
モチベーションが上がれば継続的に家事をこなす意欲もわくし、次回はもっと丁寧に、きれいにしようと思って頑張ることができます。

また、乾燥機付洗濯機や食器洗い機、おそうじロボットなどの「便利家電」を活用すすると双方の家事負担の軽減につながるので、導入を検討するのも手です。

最初は大変でしたが、結果的にお互いをフォローし合えるようになれるので、自分の負担も軽減できるようになりましたよ。お互いに完璧に家事をしなくても大丈夫という意識で、肩の力をはらずに家事をこなしていきましょう。

アルファジャーナルの
「今読みたい」厳選記事がメールで届く!

アルファジャーナルの記事をもっと読みたいという方のために、「アルファあなぶきStyle会員メルマガ」では

  • 季節ごとの暮らしの楽しみ方
  • 今実践したい住まいのお手入れ法
  • 模様替えの参考になるインテリア情報
  • 今住宅購入を検討するなら、知っておきたいお得な情報

など、暮らしと住まいのご検討に役立つ記事を、毎月選りすぐってお届けしています。

「アルファあなぶきStyle」に会員登録すると、メルマガの他にもこんな特典が!

  • 素敵なインテリアグッズが当たるプレゼントに応募できる
  • マンション購入資金として使えるポイントが貯まる
  • お住まいの地域に合わせた新築分譲マンション情報がメルマガで届く

年会費・登録料はかかりません。この機会に「アルファあなぶきStyle」にぜひご登録ください。


「アルファあなぶきStyle」会員サービスをチェック

この記事に関するキーワード

SNSで最新情報をチェック

暮らしを充実させるアイデアをお探しの方
インテリアやライフスタイル情報を多数掲載