子育て中の主婦たちの声を反映したマンションの間取り

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

子育てしやすい間取りとは、どんなものでしょうか?
親の家事が軽減されるような利便性を求めた設計や、親が子どもの様子を把握しやすい安全性を考えた設計などが子育て中の家庭には適していますね。
この記事では、そんな子育てがしやすいマンションの間取りの例と、子育て中の主婦の意見を取り入れた企画マンションの間取りの例をご紹介します。

子育てしやすい間取りの例

まずは<親が効率良く家事をこなすことを考えた間取り>、<子供の学習環境について考えた間取り>、<子育て世帯には便利な和室のある間取り>の3つについてご紹介します。

1.親の家事を軽減するために、効率を考えた間取り

子育てするにあたり親の負担が極力軽減された家事動線、例えば水廻りが1ヶ所にまとまっているような動線の良い間取りです。

整理整頓されている部屋だと家での生活が気持ちよくなりますよね。
ウォークインクロゼットや広い収納があると整理しやすくなるし、家族ごとの収納場所を決めておくとことで、子供が一人で片付けできる環境を整えることにもなります。
また、子供の洋服やおもちゃは思った以上に数が多くかさばりますが、広い収納があると片付けやすくなりますね。
自湯自在
この間取りのように、キッチンに隣接するママ専用の家事室があると、そこで料理の合間に裁縫ができるなど家事の効率化にもつながります。主寝室に隣接するパパ専用の書斎は、自宅で仕事をする時や、子供に触られたくない趣味の道具を保管する際などに便利ですね。
パパママルーム間取り

2.子供の学習環境を考えた間取り

子供がどこで勉強するのが良いか悩んでいる方は多いではないでしょうか。
昔は自分の部屋の静かな環境の中で勉強することが良いといわれていました。しかし最近ではリビングで勉強をする子供が増えています。
その理由として

  1. 自分の部屋だとおもちゃやTVなど勉強以外の遊ぶものがあるため、勉強をせず遊んでしまう
  2. 親がいるリビングやキッチンだと親から見える環境なので、見られているという意識がはたらくため勉強をする
  3. 親が近くにいるので、分からないことがあると親に聞いて問題を解くことができる
  4. リビングはある程度雑音があるため、そのような環境で勉強をすると集中力が身につく

子供リビング勉強という点が挙げられ、さらにリビングで勉強するほうが成績が上がるといわれています。
そう考えると子供が小学生くらいまでは子供部屋はあまり必要がなく、もともと子供部屋として想定していた部屋を別の用途(パパの書斎やママの家事室など)にした間取りにしてもいいかもしれませんね。

3.和室は子育て世帯には便利な間取り

住戸内に和室が1室あると子供部屋として使えて便利です。
たたみの上でおもちゃを広げて遊ぶことができるし、遊んでいて転んだ場合でもたたみはフローリングに比べてクッション性が高いため安全です。
リビングに隣接する和室があれば、子供が小さいうちはそこに子供を寝かせておきながらキッチンで作業ができ安心もできますし、2でもご紹介したような勉強スペースとしても使えますね。
和室の使い方については、こちらの記事も参考にしてみてください。

今こそ見直されるマンションの和室、その魅力と使い方
http://journal.anabuki-style.com/japanese-room-2

【コラム】 子育て中の主婦たちの声を反映したアルファウィズの間取り

あなぶき興産は、子育て中の主婦たちの声を反映し、子育てに最適な間取を備えた「アルファウィズ」という分譲マンションを過去に販売しました。
間取りや設備・立地にママの声を取り入れ、住空間には成長に合わせて変更可能な設計を採用。家族みんなの毎日を安心感と楽しさで満たせるような間取りになっています。
また子供の通学の負担を軽くするため近くに学校がある立地を選んだり、敷地内に遊び場や多目的ルームを設けるなど、子供がのびのびと安心して過ごせる環境を整えた、子供にも子育て世代にもやさしいマンションです。
ウィズ間取り

このマンションの間取りや仕様には7つの特徴があります。

1.玄関と廊下が広く造られている
ゆったりとしたスペースを確保。子供が並んで靴を履いたり、ママが子供を抱えながらリビングに入るときも安心です。
2.シューズクロークを設置
ベビーカーやパパのゴルフセットなど、大きい荷物を部屋の中まで持っていく必要がなく便利です。
3.広いバスルームと三角形のバスタブを採用
親子で一緒に入ることのできる広いスペースが確保されているので、楽しいバスタイムを過ごせます。
4.ツインボール洗面台を採用
朝の忙しい時間でも親子が並んで歯を磨いたりできるので時短になるし、目も行き届いて安心です。
5.広々としたファミリークロゼット
愛用しているタンスなどの収納家具も置けるクロゼットなので、片付けもスムーズにできます。
6.広々としたスペースとオール電化のキッチン
収納スペースをしっかり確保。さらにIHクッキングヒーターなので火も使わず子供のお手伝いも安心です。
7.リビングダイニングと隣接する部屋の連動を考えたファミリースペース
リビングに隣接しているスペースなので、子供が小さいうちはパパの書斎やママの家事室として使え、子供が成長すれば子供部屋として仕切ることもできます。フレキシブルに間取りを変えることができ、子供の年齢に合わせた間取りを作れるように設計されています。

AW老松間取り変更

まとめ

このように子育てをしやすい間取りは、それぞれの空間においてある程度スペースがある必要があります。
また子供部屋に関しても、子供の年齢や人数によって今ある間取りを有効に活用したり、家族みんなで楽しい生活ができるように間取りを自分たちで作っていくことが重要です。
なお子供部屋の考え方については、こちらの記事も参考にしてみてください。

何歳からでもOK?子供部屋が本当に必要な年齢
http://journal.anabuki-style.com/kodomoroom

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

日々の暮らしをもっと楽しむアイデアを公開中!
「インテリア研究所」

掃除や料理などの家事をもっと簡単に楽しくする方法はないかな 」「毎日使うリビングやキッチンを、行事に合わせていつもと違う使い方にできないかな 」など、日々の暮らしをもっと楽しむ方法をお探しでしょうか?

そんなあなたのために、分譲マンションを手がける会社が、いつもの暮らしをより楽しくするアイデアや、家事をスムーズに進めるひと工夫を集めた「インテリア研究所」をオープンしました。

「インテリア研究所」では、

  • 暮らしの研究家によるライフスタイルに合わせた暮らしのヒントや収納術
  • 掃除のプロ直伝!いつまでも住まいをキレイに保つためのメンテナンス方法
  • インテリアの専門家による100件を超えるコーディネートテクニック
  • 日本各地の素敵なインテリアショップの紹介

を学ぶことができます。

「インテリア研究所」を参考に、あなたのライフスタイルにあわせた素敵な生活を送りましょう。


詳しく見てみる

SNSで最新情報をチェック