お部屋の換気は大丈夫っ!?「24時間換気システムの仕組み・効能」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

近年では鉄筋コンクリート造の分譲マンションをはじめとする「高断熱・高気密」の住宅が主流となっています。

外からの冷気や熱気を遮断して、居室内の気密性を高くすることで冷暖房を効きやすくするというものです。家計や地球温暖化に貢献し、現代のニーズに合った商品性と言えます。

ただ、デメリットもあります。
断熱・気密性が高すぎることで「シックハウス症候群※ 」の原因となる住宅部材に含まれた化学物質や、生活臭などの臭い、また湿気などが部屋にこもってしまいます。
※シックハウス症候群:建築部材に含まれる化学物質(ホルムアルデヒド、トルエンなど)の影響で、様々な病気や健康被害、アレルギーが発生する症状を指します。

これらを外に逃がして新鮮な空気を外から取り込む「換気」が大事になってきます。
ここで注目されたのが「換気」対策です。
私は現在分譲マンションの販売に携わっていますが、実際に鉄筋コンクリートに覆われた分譲マンションは「換気性能は大丈夫?」といったご意見を寄せられることがあります。

平成15年7月に法改正があり、これまであったキッチンやバスルーム、トイレ、洗面所などの強制換気に加え、賃貸住宅や一戸建てを含め新築住宅を建築する場合は【24時間換気システム】の導入が義務化されました。

そこで今回はその【24時間換気システム】について少し詳しくご紹介したいと思います。

 

1.24時間換気システムとは

24時間換気システムは、その名の通り、24時間機械制御で給気と排気を行うことで、室内の空気を常にきれいに保つことを目的としています。平成15年7月の法改正で、新築住宅を建築する場合はこの24時間換気システムの設置が義務化されています。

 

2.24時間換気システムの仕組み

24時間換気システムのしくみは、リビング、部屋などの壁に取り付けられた給気口から空気を取り込み、その取り込まれたきれいな空気は各部屋のドアの下の隙間から廊下に流れ、最後に洗面所やトイレ、バスルームに設けてある天井排気(吸気)口から外部に排気される仕組みとなっています。

img-quality-smart01-1otherimg06

 

2-1.各部屋の給気

給気口は「天井」取り付けタイプと「壁」とに分けられています。ここから新鮮な外の空気を取り入れています。

また写真のように開閉タイプもあり、このタイプは3段式に給気量を調整できるようになっています。

20170108_164807

20170108_164816

20170108_164820

20170108_164825

 

(実際の給気口の設置場所)
20170108_164552

20170108_164645

20170108_164720

2-3.給気口のお手入れ方法

給気口のフタは取り外せるようになっていて、中にはフィルターがあり、塵やほこりを除去してくれます。周辺環境にもよりますが、次第にフィルターが汚れて換気効率が落ちてきますので、定期的にお手入れをするようにしましょう。フィルターのお手入れは交換タイプもありますが、「水洗い」でOKなものも最近では数多く出ています。

フィルターカバーは回転式や上下取り外し式などがあります。写真のフィルターカバーは後者のタイプとなり、上に引っ張ると外せるようになっています。
20170108_180601
20170108_180620
20170108_182318
20170108_182344

 

(外部から見た給気口)
20170108_180807
20170108_180818

2-4.汚れた空気の通りみち

新鮮な空気が給気口を通して外から送り込まれる一方で、部屋の汚れた空気は扉の下を通って、廊下に排出されています。実は各部屋の扉の下には空気の通り道として多少のすき間が設けられているので、そこを通っているというわけです。

20170108_163346

 

2-5.汚れた空気の排気

いったん廊下に排出されたこの汚れた空気は、さらにトイレや洗面所の扉をくぐり、トイレや洗面所の天井に設置されてある「排気(吸気)口」を通して外に排出されていきます。

20170108_162947
20170108_162835

 

洗面所やトイレにある排気(吸気)口は、おおもとはバスルームの浴室暖房乾燥機(換気扇のみの場合もあります。)のファンを利用して排気(吸気)していく構造となっています。

20170108_162925

20170108_162932

3.24時間換気をずっと回しておくのは電気代がもったいない!?

24時間換気の電気代だけで月に数百円かかると言われています。この電気代がもったいないから給気口を閉められるご家庭もあるかもしれませんが、法律上は「常時開けておくこと」とされています。給気口を閉めてしまうと化学物質や湿気が追い出されず、シックハウス症候群や結露、カビの発生などの原因となります。健康のためにも、開けておくことを優先すべきでしょう。

 

〔まとめ〕

以上24時間換気システムについて説明してきましたが、24時間換気システムは1時間に部屋の半分ぐらいの空気が入れ替わると言われています。これはやはり自然換気にはかなわない為、家にいる時はたまには窓を開放して一気にクリーンな空気に入れ替えることをお勧めします。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

日々の暮らしをもっと楽しむアイデアを公開中!
「インテリア研究所」

掃除や料理などの家事をもっと簡単に楽しくする方法はないかな 」「毎日使うリビングやキッチンを、行事に合わせていつもと違う使い方にできないかな 」など、日々の暮らしをもっと楽しむ方法をお探しでしょうか?

そんなあなたのために、分譲マンションを手がける会社が、いつもの暮らしをより楽しくするアイデアや、家事をスムーズに進めるひと工夫を集めた「インテリア研究所」をオープンしました。

「インテリア研究所」では、

  • 暮らしの研究家によるライフスタイルに合わせた暮らしのヒントや収納術
  • 掃除のプロ直伝!いつまでも住まいをキレイに保つためのメンテナンス方法
  • インテリアの専門家による100件を超えるコーディネートテクニック
  • 日本各地の素敵なインテリアショップの紹介

を学ぶことができます。

「インテリア研究所」を参考に、あなたのライフスタイルにあわせた素敵な生活を送りましょう。


詳しく見てみる

SNSで最新情報をチェック