自分の趣味のための小部屋がある間取り

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

熱中できる趣味があると、趣味のグッズが増えてきてしまい、置く場所や整理整頓で困ってしまうことが多々あると思います。そんな時に、自分の趣味の部屋があればいいなと考えることもありますよね。

この記事では、1部屋をまるまる趣味の部屋にしないまでも部屋の一部を趣味のスペースとして使う場合や、部屋の1つとして趣味の部屋を確保できる間取りをご紹介します。

1.【趣味用に使える小部屋がある場合】あなぶき興産のパパママルーム

あなぶき興産では、プライベート空間として利用できる独立した部屋をパパママルームと呼び「あなぶき興産オリジナルプラン」として採用している物件があります。
パパママルームは採光や換気も確保した快適な環境の中で、思い思いの時間を過ごすことができます。また、バルコニー部分を利用して設けられているので、家族の居住スペースはそのままで専用の部屋を確保でき、スムーズな家事動線や遮音性が高いというメリットもあります。
こんな部屋があると趣味のためや書斎として1部屋確保することができ、なかなかリビングで居場所のないパパのための場所を作ることができます。
今回は3つのパターン をご紹介します。

パパルームがクローゼットの奥に配置されている、子供のころに作った秘密基地のような間取りです。完全なプライベート空間を作ることができるので秘密基地で趣味に没頭することができ、男心をくすぐるはずです。パパママルーム1
次に、パパルームとママルームがそれぞれ1部屋ずつのプライベートな空間として使えますが、その2部屋が隣接しているという間取りをご紹介します。
子供が独立した場合や環境が変わった場合で1室に変更することも可能です。将来、趣味のグッズが多くなってきて整理に困った場合でも安心できるスペースが確保できます。asagf_pamph_11_14p_1022_out.ai
3つめは、パパルームが玄関の近くに配置されているおり、上記2つよりプライベート性が高くなった間取りです。より趣味味の部屋に独立性を持たせたい方にはうってつけの間取りでしょう。春日Ⅱパパママルーム

パパママルームについて、もっと詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

2.【趣味用の部屋が作れない場合】現状ある部屋で趣味のスペースを作る

1章のように、趣味のために1部屋をまるまる使うことができない場合でも、部屋の一部を利用して自分だけの趣味のスペースを確保することもできます。
趣味のスペースは自分だけの空間にしたいと思う方もいると思います。そんな区切られたスペースを作るには、周りと空間を隔てることができるような背の高い棚やおしゃれなパーテーションで区切るといいでしょう。
また、趣味のスペースを確保するにあたり、趣味のグッズが多い方はグッズの大切さを家族に知ってもらい、場所を取ってもらえるよう説得しましょう。先に説得をしておかないと、スペースを作る前に家族にグッズを捨てられてしまうなどということがあるかもしれません。

2-1.数が多くなってしまうマンガの場合

マンガが趣味の方も多いですよね。いろいろな種類を持っていると何百冊という数になってしまうこともあります。そんな場合は、複数の棚を並べて整理してみましょう。種類と1巻~順番に並べているときれいに見えますよね。
そして、なかなか見ないマンガや棚に収納できないマンガは100円ショップなどで売っている収納袋に入れておくと重ねることもできるので整理整頓しやすくなりますマンガ

2-2.並べて見せたいプラモデルやフィギュアの場合

コレクションが増えていく趣味を持っていると整理するのも大変ですし、そのコレクションを収納してしまうと、いざ使う場合に取り出す手間がかかってしまい面倒です。
例えばプラモデルやフィギュアなどを多く持っている方は、ガラスケースに入れてショップのように見せることができるように並べてみましょう。自分のグッズをいつでも見ることができるような環境にしていると、テンションも上がります。
スペース的にガラスケースが置けない場合は、棚などに飾ってオープンな感じで見せることができればいいでしょう。プラモデル

2-3.大きくかさばってしまうアウトドアグッズの場合

アウトドアを趣味にしているといろいろなグッズを購入してしまい、そのグッズが大きいので置く場所がかさばってしまうことがあります。インテリアとして飾ることで収納を考える必要がなくなることもありますが、飾ることができない大きいグッズの場合は、収納スペースに入るようなケースをDIYで作ることによってきれいに収まります
また、どこに何を収納するか考えながら作ることになるので、機能性も備えた収納になることでしょう。アウトドア

2-4.ガレージも趣味スペースとして使う

車やバイク、自転車が好きな方はガレージを趣味のためのスペースとする方もいらっしゃいます。道具置き場として兼用もできる ので愛車をいろいろさわって楽しむことができます。
道具を効率的に収納することで、作業自体の効率化も図ることができます。車やバイクだけではなく、いろいろな趣味のグッズを1つのスペースにまとめることもできます。
そして、自分だけの趣味のスペースが確保することができたら、壁や置いてあるインテリアや雑貨にも自分の趣味に関連したものや統一した色合いのもので揃え、それを自分で作業することでより愛着のある趣味のスペースに仕上がるはずです。ガレージ2

まとめ

以上のように、趣味のためのスペースや部屋を確保するには、部屋に独立性を持たせた環境にしてあげることが重要です。どのようなコレクションがあるかによって整理の仕方が変わってきますが、DIYで収納スペースを作ることで収納しやすくなります。

また、せっかくのプライベートなスペースになりますので思いっきり自分の趣味に合わせた環境にしてあげましょう。きっと、あなたのテンションの上がる空間に仕上げることができますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

日々の暮らしをもっと楽しむアイデアを公開中!
「インテリア研究所」

掃除や料理などの家事をもっと簡単に楽しくする方法はないかな 」「毎日使うリビングやキッチンを、行事に合わせていつもと違う使い方にできないかな 」など、日々の暮らしをもっと楽しむ方法をお探しでしょうか?

そんなあなたのために、分譲マンションを手がける会社が、いつもの暮らしをより楽しくするアイデアや、家事をスムーズに進めるひと工夫を集めた「インテリア研究所」をオープンしました。

「インテリア研究所」では、

  • 暮らしの研究家によるライフスタイルに合わせた暮らしのヒントや収納術
  • 掃除のプロ直伝!いつまでも住まいをキレイに保つためのメンテナンス方法
  • インテリアの専門家による100件を超えるコーディネートテクニック
  • 日本各地の素敵なインテリアショップの紹介

を学ぶことができます。

「インテリア研究所」を参考に、あなたのライフスタイルにあわせた素敵な生活を実現しましょう。


詳しく見てみる

この記事に関するキーワード

SNSで最新情報をチェック

インテリアコーディネートでお悩みの方
コーディネート方法やショップ情報を多数掲載