マンションの西向きも安心、マンションの向きはどこでも魅力はある

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ご検討中のマンションが「西向き」なのを悩んでいるのではないですか?

日本ではマンションを含め住宅の向き(バルコニーの向き)は南向きが人気です。その為それ以外の向きだと南向きと比べてしまい「暗い部屋になったらどうしよう」と不安になる方が多いのではないでしょうか。

私は現在マンションの営業担当をしていますが、西向きマンション購入者でもあります。
実は私も購入前までは西向きの住宅に住んだことがなかったので少し不安でした。

安心してください。
住んで実感した西向きマンションの良さもありますし、人気な南向きにもデメリットは当然あります。
「人気があること」と「快適に生活できること」は必ずしも一緒ではないのです。
南向き人気の理由に「日当たり」がよく挙げられますが、「日当たり」は西向きでも十分期待できますし、「日照時間」という点では北向き以外ではほとんど変わらないのです。

そこで今回は南向き人気の理由や、西向きマンションの安心できる理由をご説明しながら「マンションの向き」と「住み易さ」の関係についてもご紹介します。

1.「南向き」が人気のワケとは?

南向き人気の理由は「日当たりの良さ」です。日当たりが良いので日中も日がさして「明るく・暖かく」過ごし易いということが多くの方に好まれています。

この「日当たりの良さ」を好む傾向は日本の気候に大きく影響しています。
日本は一部の地域を除けばそのほとんどが温帯気候に属しています。季節の変化がはっきりしているのが特徴で、年間を通じて気温と降水量も大きく変化します。その影響で日本の夏は高温多湿な環境となるため木造住宅が一般的だった頃はカビ等の発生リスクも高く、日光がよく入り風通しの良い南向き住宅が好まれました。

アットホームが行なった「子育てを考えて住まい選びをする際、重要だと思う条件」のアンケート結果でも、「日当たり・風通しが良い」が他の項目を抜きダントツの1位となり「日当たり」人気が伺えます。

日本の「高温多湿な環境」を快適に過ごすため「日当たりの良さ」は住宅選びの条件となり、それが「南向き」人気の理由となっています。

しかしながら、日当たりが良すぎることはデメリットにもなります。

特に夏は日中を通して日光が差し込むため室内の温度は高くなりがちです。タワーマンションではその日差しの強さから「南向き」以外を希望する方も多いのだとか。

また同じマンション内で、「南向き」と他の方角に向いた部屋があった場合、同じ広さでも「南向き」の部屋のほうが価格は数十万円から時には数百万円も高く設定されていることが多くあります。住宅ローンを組む場合は月々の支払いが高くなることがありますので注意が必要です。

2.「西向き」マンションでも安心なワケとは?

まず始めにお伝えしたいのですが「日当たりが良くない」=「明るくない」ではありません。

空

部屋の明るさに関しては、直接日を当てて明るくする「直接光」と間接的に日を取り込み明るくする「間接光」の2種類の光があります。
「西向き」の場合だと、午前中は「間接光」を部屋内に取り込むことで明るさを確保できますし、午後からは西日が「直接光」として部屋内に入るため明るくなります。

また、バルコニー側の向きに目が行きがちですが、居室の向きにもメリットがあります。西向きのマンションでは居室が東側にくる設計が比較的に多いため「日が当たらない部屋がない」ということも魅力です。そのため居室で朝日を浴びて起床することができるのも「西向き」マンションではお勧めのポイントです。

さらに、どの部屋も「明るく」なることが魅力の「西向き」ですが、実は価格が抑えられることも安心な理由です。

 

3.「西向き」マンションは様々な費用を抑えることができる

電卓+お金

他の向きと比べ一番長く日照の恩恵を受けられることもメリットの「西向き」ですが、価格について南向きに比べて5%~10%程度低い価格に設定されていることがあります。
3,000万円の南向き物件だとすると西向き物件では150万円~300万円も費用が少なくなることになります。あなたが住宅を選ぶ優先順位に「向き」が1番ではないのならこの安くなった予算を家具や最新設備など別のことに使うこともできます。

さらに、日照時間が一番長いことは節電効果にもつながります。エアコンでは冷房より暖房による消費電力のほうが一般的に高くなります。エアコンの設定温度は消費電力に影響するため、設定温度を1度下げると約10%も節電になるとされています。そのため、西日のおかげで通期を通して暖かな環境にすることが出来る「西向き」は電気代も安くしてくれます。

このように「西向き」のマンションは様々な費用を抑えることができるので、なるべく出費を抑えたい方にはお勧めといえます。

 

4.「西向き」の注意点と対応策

「西向き」のデメリット、それは「夏の暑さが長く続くこと」です。
「西日が差し込み室内の温度が上昇すること」は暑さが続く理由ではありません。

実際に各方角(東西南北)と屋根に対して、日照の受熱量を調べた実験で実証されています。意外にも西面よりも東面・南面のほうが受熱量は多い結果となりました。

日差しから受ける「暑さ」もありますが、夏時期の暑さは日中の熱が建物などの地表へ蓄積された結果でもあります。特にマンションは気密性が高いため日中上がっていく温度と共に部屋内の温度も上昇していきます。西日が差し込みだす14時ごろから、これまでの熱が残っている部屋内へと日が差し込むため「西日が暑さの原因」だと感じさせるのです。

部屋内への熱を入れにくくすること、もしくはその熱を効率的に逃がす対策が必要になってきます。マンションの場合だと「窓への工夫」が「西向き」における夏の暑さ対策になります。

窓

窓は、夏の場合「太陽光を50%も室内に侵入させる」、冬の場合「室内の熱を30%も逃してしまう」ため室内の温度調整をする上で重要な設備です。

マンションの場合ほとんどは鉄筋コンクリート造で、窓の面積は一戸建てに比べると少ない傾向にあるため「窓への工夫」が外からの熱を防ぎ、さらに冷房効率を高めることにも繋がります。

具体的に3つの方法があります。

 

<複層ガラスにする>

複層ガラスとは、複数枚のガラスを重ねその間を真空状態にした中間層を設ける構造で、断熱性能を高めることが出来ます。ガラス自体を交換する場合は多額の費用が発生するため標準設備として施工されていると費用を抑えることが出来ます。
マンションの場合は入居後に変更することが出来ない場合もありますので事前確認が必要です。

<遮光カーテン・遮熱カーテンにする>

遮熱カーテンについてはレースタイプにすることで熱を抑えながら部屋の明るさを確保できます。以前に比べ商品の種類も増えていますのでデザイン等選びながら購入し易くなりましたが、基本的には通常のカーテンと比べると少し割高な価格設定になります。

<ガラスフィルムを利用する>

紫外線を抑えることで冷暖房効率を高めることが期待できます。ガラス自体を交換する場合に比べて費用を抑えることが出来るため手軽にできる方法ですが、業者に依頼する場合はほとんどの場合別途作業費もかかりますので注意してください。

5.他の向きも考えてみる

ここまでは「南向き」と「西向き」についてご紹介してきましたが、マンションにはそれ以外の向きもあります。「向き」と「住み易さ」を考えるうえでは特に「東向き」「北向き」の特徴も知る必要がありますのでご紹介します。

タワーマンション

5-1.「東向き」について

「朝日が入る向き」というイメージをお持ちの方が多いのではないでしょうか。

南向きに次いで人気といわれる「東向き」は、午前中に日が当りますので朝の通勤・通学前は朝日の入った部屋で過ごすことも出来ます。午後からは日は直接入らなくなりますが「西向き」と同様「間接光」の影響でお部屋内の明るさを保つことも出来ます。

「東向き」のデメリット、それは「夏の朝日」です。東からの日は、南からの日よりも日射角度が低いため室内への日差しがより強く、室内温度が「南向き」以上に上昇する傾向にあるからです。
「西向き」でご紹介した「窓への工夫」でこの温度上昇は抑えることが出来ますが、朝から出掛けて日中は部屋に誰も居ないライフスタイルの方なら必要がないとも言えます。

 

5-2.「北向き」について

「北向き=暗い」というイメージをお持ちの方が多いのではないでしょうか。

日本では「南向き」が人気なため、日が入ることがほとんどない「北向き」は敬遠されがちな向きです。ただ、直接日が入ってこない向きではありますが「間接光」の影響で一定の明るさを時間帯に影響されることなく保てることと、日差しによる部屋内の温度上昇を心配することがない唯一の向きです。温度に関するメリットはタワーマンションでは評価が高く、特に高層階に住む場合は、周囲に遮られる物もなく生活するのに十分な明るさと温度が保てることが人気の理由です。

また、日当たり人気もあって、他の向きと比べて価格が10%程度も低くなっていることもメリットになります。

「北向き」のデメリット、それは「冬の寒さ」です。日光が直接入ることがないため気温が低下する冬は他の向きと比べて温度が低くなってしまいます。そこで最近の「北向き」マンションでは断熱効率を高める「複層ガラス」や「床暖房」といった設備を標準にすることでカバーしている場合もあります。

 

6.向きの人気=住み易さではない

それぞれの向きにはメリット・デメリットがありますし、季節要因による温度変化で住み易さが変わる場合もあることを踏まえると「南向き」以外は「住み難い」というわけではありません。

また、日当たりが良くないと言われる向きでも「明るさ」は確保できますし、地域によってはその方角だから見える景色があるといったメリットもあります。

住み易さを考える上で大事なこと、それはあなたが「住まいを探す理由・目的が何か」ということです。

see-you-again-1013687_1280

✓子供の進学を見据えて「通学距離・道のり」を改善したいこと

✓転勤や職場の部署異動などで「通勤のルート」を見直すこと

✓出産や両親の介護を機に「実家との距離が」今より近いところに移ることなど

 

あなたが住宅を探すきっかけとなった「事情」が叶う「住まい」が「本当の住み易さ」を実現できます。向きの人気に捉われてご自身にとって本当に必要な『住まい選びの条件』を見失わないことが大事です。

日本には四季があります、だからどの向きにもメリット・デメリットはあるのですから。

まとめ

日本の気候条件から「日当たりが良い」住宅を好む傾向にあり、その結果「南向き」が人気となっていますが、日当たりが良いことはメリットだけでなく季節によっては温度上昇の原因にもなるなどデメリットもあります。

また「南向き」以外の向きにもデメリットはありますが、日が入らなくても明るさを確保できることや、「南向き」に比べて価格が低く抑えられているなどのメリットもあります。

大事なことは「その向きだから得られるメリット・デメリット」を理解したうえで、住まい探しを検討した「きっかけ」を再認識することです。

私の場合は「妻の実家に近いこと」が第一条件でした。
転勤の多い部署なので子供たちの世話をしてくれる妻の負担を減らすことが私にとっての「住み易さ」に繋がると思ったからです。暑い日もありますが洗濯物がよく乾く「西向き」もお勧めです。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

満足度の高いマンション購入をしたいなら
「アルファあなぶきStyle」に登録しよう

これからマンションを購入しようと思っているけれど、何から始めれば良いのか分からないという方は多いのではないでしょうか?

マンションを購入するには、まずは情報収集をして、立地条件や広さ、間取り、設備仕様などの、住まいに対する自分なりの希望条件を固めておくことが重要です。

「アルファあなぶきStyle」 では、最新の物件情報はもちろん、はじめての方でもマンション購入までの流れや、購入する際に確認しておくべきチェックポイントなどを分かりやすく解説しています。また、あなたのライフスタイルに合わせた住まいのご提案をいたします。

「アルファあなぶきStyle」会員になると、

  • マンション契約時に購入資金として使えるポイントが貯められる
    (入会で10,000ポイントをプレゼント中!)
  • 最新の新築マンション情報やおトクな情報を随時メール配信
  • おしゃれな家具や雑貨が当たるチャンス!
     会員限定のプレゼントキャンペーンに毎月応募出来る

など、素敵なサービスが受けられます。

年会費・登録料はかかりません。この機会にぜひ活用してみましょう。


アルファあなぶきStyle会員サービスはこちら

SNSで最新情報をチェック

これから住まい探しをはじめる方へ
モデルルームの活用方法を解説