男性が料理したくなるキッチン、キッチングッズ、収納

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

一昔前では男性がキッチンに立つことが少ない時代でした。
最近では「弁当男子」や「カジメン」と呼ばれる男性のようにキッチンに立って料理をしたり、家事をする男性が増えてきています。
ちなみに「弁当男子」と言われ始めたのは2008年の冬ごろのことで、それくらいの時期からキッチンに立つ男性が増えてきています。

そんな中で、ご主人や彼氏がなかなかキッチンに立ってくれない(家事を分担してくれない)と思っている女性もいらっしゃると思います。特にお互いに仕事をしていると、限られた時間の中で家事を分担して効率的に進めたいですよね。

男性が料理をしたくなるには、キッチンやキッチングッズの「使いやすさ」「見た目の格好よさ」「片づけをしやすい収納」の3つが重要なポイントとなってきます。

この記事ではこの3点をおさえ、あまり家事に協力的ではないご主人や彼氏でも料理をしたくなるようなキッチンやキッチングッズや、片づけしやすい収納方法をご紹介します。
ぜひ試せそうなことから始めてみてください。

1.キッチン

なかなかキッチンに立ってくれないご主人や彼氏には、使いやすいキッチン格好いいキッチンを用意することで料理をしてもらえるようになります。
すこし工夫することで今使っているキッチンを使いやすくしたり、新しい住居への引越しや住居の購入を検討されている方は男性にも好まれるタイプのキッチンを選択したりしてみましょう。

1-1.高さや幅を作業しやすいサイズにしよう 

今あるキッチンを使いやすくすることで、男性に料理をしてもらいやすくしましょう。

料理をしてもらいたい男性の背が高い場合は、キッチンの天板の位置が低いと中腰で作業することとなり、それによりストレスを感じることがあります。
使いやすいキッチンというのは、実際に作業をする際にこのようなストレスを感じないサイズとすることが重要なのです。
身長÷2+5センチ一般的にキッチンの天板の高さは「身長÷2+5センチ」が理想的と言われます。
 キッチンの天板の高さを男性の背の高さにあわせ、女性は底の厚いスリッパや踏み台を使って料理をしてみましょう。最初は面倒に感じるかもしれませんが、男性が料理をしてくれることにより自身の負担は軽減されます。

また、男性が料理をすることになり2人で料理をすることになったときには、キッチンのスペースがある程度必要になりますが、2人同時に作業するとスペース上、作業しづらいことがあります。
1人で作業する場合の作業スペースは90センチ程度の幅 があれば問題ないでしょうが、2人で並んで作業するとなると幅が120センチ はあったほうがいいでしょう。
それでも、お互いの動作がぶつかることもあるのではないでしょうか。

横並びでも、1人ずつの作業スペースが分かれていればぶつかることもなくなります。
スペースが狭く1人分の作業スペースしかない場合は、少し背の高いテーブルをキッチンの端に置いて作業スペースにしましょう。作業スペースを別に作るということも解決策のひとつになります。

キッチン(シンク横スペースあり)

1-2.飲食店の厨房やカフェ風の格好いいキッチンを選ぼう

男性が好む格好いいキッチンは、無機質な感じが表面に出ているものが多くないでしょうか。
例えてイメージするならば、飲食店の厨房のようなイメージです。
全体的にステンレスが使われていることが多い厨房のようなキッチンは、男性が好むタイプかと思います。

一方で天板や壁面に木材が多く使われているような、カフェ風のキッチンも好まれます。これは男性も女性もどちらにも好まれるタイプのキッチンです。
またカウンターキッチンなら作った料理をカウンターにおいて手早く提供でき、対面で話をしながら料理を作ることができます。

photo by Amish Patel  Kitchen
photo by Amish Patel  Kitchen

色に関しても、黒っぽい系統の色が多いキッチンが男性に好かれます。
もちろん掃除も大切ですが、濃い色を使うことで汚れも目立ちにくいので、お掃除の苦手な男性に向いています。

Photo by jribadeneyra  2008Kitchenremodel_0943
photo by jribadeneyra – 2008Kitchenremodel_0943

キッチングッズ

最近では、男性に好まれる使いやすく格好いいキッチングッズがいっぱい出てきています。
そのようなグッズを使ってもらうことで料理に興味を持ってもらいませんか。
また現在の住居が賃貸で、男性が好むような使いやすさや格好いいキッチンを選ぶことができない方でも、キッチングッズなら今あるキッチンを便利で格好よくして料理することができるので問題ないでしょう。

2-1. 使いやすいキッチングッズ

ホームセンターのニトリではスキレットグリルパンと呼ばれるフライパンが低価格で販売されています。
私も持っているのですが、面倒くさがりなご主人でも、魚焼きグリルにそのスキレットやグリルパンを入れてそのまま調理したり、調理した料理を皿に移すことなくそのまま提供できるので非常に便利です。

アウトドアをはじめとする様々な場面で使用することができる、コストパフォーマンスも高めのアイテムです。

ニトリ スキレット
ニトリ スキレット
ニトリ グリルパン
ニトリ グリルパン

また、男性は洗いものに関してそのまま放置しているという方が多いのではないでしょうか。
使った後の食器などをきれいに片づけし終わったところまでが料理です。
そんな洗いものが苦手な方には、食器洗い乾燥機は大変便利です。
最近の食器洗い乾燥機は、節水や除菌の効果が高いものや、洗いものを並べやすく入れやすい形状になっているため、片付けが苦手な男性でも使いやすいアイテムのひとつです。

ほかにもこのような使いやすいグッズがあります。

時短ができる圧力鍋

photo by  Ian Hughes Pressure cooker
photo by Ian Hughes Pressure cooker

味噌汁を作るときに使いやすい計量グッズ

計量みそマドラー
計量みそマドラー

 

2-2. 格好いいキッチングッズ

料理をする際に包丁は欠かすことのできない道具ですが、包丁をこだわることで料理が楽しくなります。
様々な種類がありますが、鎌倉時代の刀作りが起源とされている「関孫六」という包丁がお勧めです。これはカミソリ等を製造している貝印株式会社の商品で見た目も格好よく、とても使いやすいのです。こんな包丁ならば、男性も使って料理をしてみたくなるではないでしょうか。

貝印株式会社 関孫六
貝印株式会社 関孫六

同様に料理する際には欠かすことのできないグッズとして、フライパンもこだわると良いでしょう。
ちょっと変わったデザインの「柳宗理」の鉄フライパンがお勧めです。
これはフライパンの左右にある注ぎ口が独特な形状の、格好いい鉄のフライパンです。
鉄でできているので男性のように多少手荒に扱っても大丈夫なものなので安心もできますよね。

そのほかにもこのような格好いいグッズがあります。

指先トング
指先トング

ラック・ケースを使った収納

男性がキッチンで料理をする場合、使った調理器具や調味料、食器などが出しっぱなしで片付けられていなかったりすることがありますよね。
そこで狭いスペースでも収納でき、また収納内も片づけがしやすくなるように、ラックやケースを使って上手に整理すれば、片付けのストレスも少なくなり、出しっぱなしという状況を減らせます。

またラックやケースの活用なら、現在の住居のキッチンが狭いという方や賃貸に住んでいる方も取り入れやすいですね。

3-1. 見た目も良い「すきま」に収まるラック

冷蔵庫ヨコや食器棚と壁との間にわずかな「すきま」ができてしまうことがあります。そんな「すきま」があると見た目もあまりよくありませんよね。

そのような場合には、幅の狭い縦長のラックを置くことでデッドスペースの有効活用ができ、見た目も良くなります。
炊飯器やコーヒーメーカーなどの家電、フライパンやお玉などの調理器具、調味料などの小物の整理をするには使いやすい道具です。通販サイトではいろいろなサイズのラックが売られていますが、自宅のデッドスペースのサイズに合わない場合はDIYでぴったりサイズのラックを作ってみてはどうですか。

また、コンロの横や奥にあるわずかなスペースも活用できる「すきま」です。
大きな家電やグッズは置くことができませんが、油や調味料などの小物を置くくらいのスペースは十分取れます。油や調味料がきれいに片付けられるので見た目もよくなります。

すきまラックコンロデッドスペース

3-2. 収納内を整理し片付けやすくするケース

キッチンの上部やシンク下の収納内がきれいに整理されていなかったり、調理器具や調味料などを収納する場所が決まっていないものがある場合は、片づけがしにくいですよね。
収納内を小型のケースで区切ると、無駄なスペースがなくなり整理しやすくなると思います。ケースには何が入っているかが分かるように、見える箇所にシールなどの目印を貼っておけば、入れるものを間違うのを防ぐことができ、整理もしやすくなります。これなら、片づけが苦手なご主人や彼氏でもきれいに片づけができます。

また、吊戸棚には取っ手のついたケースを使うと取り出しやすくなります。これは冷蔵庫の中の高い段にも同じように使うことができます。
吊戸棚の下のデッドスペースももったいないですよね。棚にひっかけて使うフックを取り付ければそのスペースも有効活用できます。

ケース吊戸棚

まとめ

今までキッチンにあまり立ったことのない男性の方には、キッチン自体やキッチングッズの使いやすさや格好よさ、きれいに収納できるアイテムを使ったりして片付けしやすい環境を整えてあげることで料理をしてくれる男性になります。

この使いやすさ・格好よさ・片づけのしやすさの3つを提供してあげることが重要です。
今まで1人でこなしていた料理を男性がすることで、女性の家事の負担が軽減されます。キッチンでおつまみを作りながらお酒を飲んでいるご主人や彼氏は今までと違った表情をみせてくれることでしょう。

ぜひこの機会に料理をしていない男性にチャレンジしてもらってはいかがでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

日々の暮らしをもっと楽しむアイデアを公開中!
「インテリア研究所」

掃除や料理などの家事をもっと簡単に楽しくする方法はないかな 」「毎日使うリビングやキッチンを、行事に合わせていつもと違う使い方にできないかな 」など、日々の暮らしをもっと楽しむ方法をお探しでしょうか?

そんなあなたのために、分譲マンションを手がける会社が、いつもの暮らしをより楽しくするアイデアや、家事をスムーズに進めるひと工夫を集めた「インテリア研究所」をオープンしました。

「インテリア研究所」では、

  • 暮らしの研究家によるライフスタイルに合わせた暮らしのヒントや収納術
  • 掃除のプロ直伝!いつまでも住まいをキレイに保つためのメンテナンス方法
  • インテリアの専門家による100件を超えるコーディネートテクニック
  • 日本各地の素敵なインテリアショップの紹介

を学ぶことができます。

「インテリア研究所」を参考に、あなたのライフスタイルにあわせた素敵な生活を送りましょう。


詳しく見てみる

SNSで最新情報をチェック

インテリアコーディネートでお悩みの方
コーディネート方法やショップ情報を多数掲載